カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 レバー遊び調整  /2017年09月21日(木)
CockPitいじりが再燃し情熱が冷めないうち気になる箇所を次々と直していきましょう

WR風のサイドレバーの遊び調整で、長さがあるが故に根元ではクイックでも先端にいくに従って遊びが大きくなるのは仕方ないことですが、解決策としてFREXサイドブレーキ本体のアジャスター調整となります

それでも、やはり厳しい~~

レバーの長さを半分にカットした方がかなり激変すると思いますが、工作道具を出してまで~


そんなことで横着してスナップSWに付くゴムチューブにシリコンチューブを被せて遊びとタッチに変化を

レバー遊びは約100mm→約70mmへ、タッチもまろやか~

実際、ゲームの中で試してみると、やりづらくはないので、これで暫く様子見かな


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2017/09/21(Thu)16:06
ゲームトラックバック(0)コメント(0)
 WRカー風に  /2017年09月20日(水)
昨日、今日と早朝ポタの予定でしたが、朝方の気温が低く何を着ていこうか考えているうち、無理しないでユックリするか~

この間までの勢いがガクンと・・・・

その時間が空いた分、CockPitいじりへ

プレステ2の読み込み不具合が解決したところで、前々から直そうと思っていたサイドブレーキの見直しを~

現在までFREXオリジナルのまま使用

見た目は普通の乗用車風なのをWRカーに見られるフロアーからほぼ直角に長く伸びるレバーを再現

当初、アルミの削り出しで作製依頼を検討していた

しかし、ネジの径やピッチ、レバー形状をどうするかで悩んでいるうち延び延びになって、いつしか別の趣味に没頭

時が経って冷静に考えると、そんなに拘らなくても良いか~と

早速、実車シフトノブ・全ネジ・アルミパイプ等を揃えてそれなりに~


全ネジ(鉄)を少し短めにカットしたかったが切断道具を出すのが面倒だったので長めのまま使用

サイドブレーキ本体の角度や高さはフレーム側で調整することで、ほぼ直角に立ちステアリング上部より若干下にセットできました

レバーが長くなると、ストロークが約100mmと若干大きすぎる感もあるので、実際にプレーして狭めたいと思う

個人的には約50mm位が良いのかな~


iPhone から投稿


2017/09/20(Wed)14:09
ゲームトラックバック(0)コメント(0)
 不具合解決  /2017年09月19日(火)
プレステ2を未だ使っていて、先日よりWRC4の読み込みが出来ない状態で何が悪いのか調べていた

先ず疑ったのが本体の故障、次にコントローラー等の差込が抜けていないか確認


でも、これらは問題なさそう

読込なのでメモリーカードはどうだろうか?

そこでソニー純正8MBのカード中古品を購入し、既存のプロファイルデータをコピーして起動するが何回やってもダメ

試しに新たにプロファイルを作成したところ問題なく起動~(^0^)

この辺は全く分かりませんが、既存のデータが壊れてしまったようです

これで完全復活!


iPhone から投稿


2017/09/19(Tue)14:08
ゲームトラックバック(0)コメント(0)
 次々と不具合が  /2017年09月16日(土)
再燃したCockPit、タイムもそこそこ出るようになって良い感じになってきました

しかし、長い間放置してたことで目の行き届かないブレーキペダルのHall Mag POT(可変抵抗)の取付に緩みが出てガタを確認!

当然、軸がブレれば綺麗なカーブを描くことが出来ないのでスピードもギクシャクし、筐体の破損にも繋がる

実は過去に同じような不具合がありました

ブレーキが掛けていないのにトップスピードがでないので気が付いたことだが定期的に確認が必要です

調整はかなり狭いところなので整備性は最悪

あまりいじる所ではなかったので一番注意すべき箇所を忘れていて、直していくうちに思い出す始末~


不具合はそれだけでなく、モンテカルロSS1で久々に納得のいく走りでゴール~

その瞬間、音声そのままに画面が真っ暗になり、コントローラーのボタンも受け付けなくなった

再起動しても画面が進まなくなり、事実上プレーする事が出来なくなってしまったのだ

ステアリングを新調したばかりなのに、それはないだろ~

本腰入れて直すか~~


iPhone から投稿


2017/09/16(Sat)15:02
ゲームトラックバック(0)コメント(0)
 困った~  /2017年09月15日(金)
会社の駐輪場にバイクを駐車していますが、シートに猫がのっかって困っている

猫は大好きなので歓迎したいところだけど、汚し方が尋常じゃない

はじめの頃は足跡がうっすらと残るのみだったのが、沢山の抜け毛が付着し、泥だらけの脚でのっかるものだからシートに座れたものじゃない

バイクに乗るまで濡れぞうきんで綺麗に拭き取るなど手間が掛かるのだ

過去にはシートで爪研ぎをされひっかき傷と小さな穴を開けられたこともあったな~ (^^ゞ

猫にとって駐輪場は屋根付きで雨風をしのげ、柔らかく温かいシートは最高の寝床なのだろう


気持ちは分かるのだが心を鬼にして猫よけの剣山を設置

会社に着いてから、この設置作業で5分は掛かるんだよね~


iPhone から投稿


2017/09/15(Fri)07:41
雑記トラックバック(0)コメント(0)
 台風前に  /2017年09月14日(木)
気温21.1℃ 湿度82% 風速1.6m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:23:12/17:50:45

積算距離:1294.08Km 走行距離:53.07Km
走行時間:02h34m 平均速度:20.5Km/h
所用時間:03h00m ケイデンス:60~90rpm
04:20~07:20

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→武蔵村山市歴史民俗資料館→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→多摩湖周遊道路(時計回り)→東大和市立狭山緑地(細い下りで厳島神社に至る)→空堀川(中砂の川橋)→黒目川→自宅

ここんとこ連続ポタで少し筋肉痛~


少し間をおきたいところですが、週末が荒れ模様になりそうなので昨日に続けて強行ポタへ

最近、コースがマンネリ化でタイムも走行距離も似通ってて つまらなく感じる・・・・


そろそろタイヤもブロックタイヤに替えてダートを走ってみたいが、路面が乾いた条件の良い状態が中々休みと合わないのが辛い~

新しいルートを開拓しなくては


iPhone から投稿


2017/09/14(Thu)08:40
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 VOLT800のみ  /2017年09月13日(水)
気温22.5℃ 湿度75% 風速1.1m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:22:26/17:52:13

積算距離:1241.00Km 走行距離:56.14Km
走行時間:02h44m 平均速度:20.5Km/h
所用時間:03h15m ケイデンス:60~90rpm
04:25~07:40

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→武蔵村山市歴史民俗資料館→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→多摩湖周遊道路(時計回り)→鹿島休憩場→村山下ダム→東大和市立狭山緑地(細い下りで厳島神社に至る)→空堀川(中砂の川橋)→黒目川→自宅

強い台風18号が進路を変え、週末は関東も天気が愚図つきそうなので健康ポタを~

前回より出発してから1時間くらいで明け方になるよう日の出時間を確認して出発!


日に日に数分間隔で日の出時間が短くなり、その分、帰宅する時間が遅くなるのが一寸・・・・

今回よりライトはVOLT800の1台体制!


明け方前の緑道でライトも付けず散歩されている高齢の方が多く突然現れて双方驚くことが多々ありましたが、今の所、不安なく走れるようになりましたよ~

少し走行距離を延ばすため、都立狭山公園より多摩湖周遊道路を時計回りに村山下ダム手前まで行ってきました


この先は階段を降りていくか、路側帯のない車道を走るのみなのでパス

同じ時間帯を走行していると、すれ違う顔ぶれが同じだったりして~


iPhone から投稿


2017/09/13(Wed)08:38
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 VOLT800は  /2017年09月10日(日)
気温21.3℃ 湿度89% 風速1.3m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:20:10/17:56:35

積算距離:1184.86Km 走行距離:54.72Km
走行時間:02h40m 平均速度:19.9Km/h
所用時間:03h15m ケイデンス:60~90rpm
04:15~07:30

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→武蔵村山市歴史民俗資料館→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→多摩湖周遊道路(時計回り)→東大和市立狭山緑地(細い下りで厳島神社に至る)→空堀川(中砂の川橋)→黒目川→自宅

昨日のお昼出発では気温も上昇し、やっぱり早朝が良いなあと~

終始真っ暗闇の中を走るのもつまらないが、1時間くらいで明け方となる時間帯がベストだと

日の出時間を調整し、いつもより遅く出発!


今回は夜間用ライトをVOLT400と800の2台体制~

VOLT400でも明るいと思いますが、真っ暗闇の中に突入するともう少し明るければなと思うことがある

上を見ればきりがないのでコンパクト性や予備バッテリーの互換性を考えると僕の場合であればVOLT800がベストとなった


明るさ比較のため、取り敢えずハンドル右側に800、左側に400上側に取付!

外灯のある町中では400ミドルモード、外灯がポツポツしかない暗闇に近い緑道で800・400ハイモードの同時点灯

これは最強の部類かも~~

車や歩行者に対して眩しくない角度調整で路面状態を見落とすことなく照らしだし安全に走れますね

特に配光では極端に言って400はスポットに近かったが、800では400より明るくワイドに照らし出すので広い視野で見ることができるため疲れず安心感が増した






上記写真比較でVOLT800ハイモードとVOLT400・800ハイモード同時点灯ではあまり変化がないように見えますが、実際はVOLT800ハイモード単体より明るくなっています

双方、1時間以上ハイモードの連続使用で本体に熱を持ったのは400で、800は特に変化なく放熱が良さそうだ

800の明るさは確認できたので次回から、これ1本でいこうと思う

出発時の気温は20℃前後でしたが、これくらいが気持ち良いかな・・・・


iPhone から投稿


2017/09/10(Sun)08:35
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 もうすぐ彼岸花  /2017年09月09日(土)
気温28.8℃ 湿度62% 風速2.8m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:19:25/17:58:03

積算距離:1131.49Km 走行距離:54.72Km
走行時間:02h42m 平均速度:20.1Km/h
所用時間:03h25m ケイデンス:60~90rpm
11:30~14:55

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→武蔵村山市歴史民俗資料館→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→多摩湖周遊道路(時計回り)→鹿島台遺跡(細い下り坂)→空堀川(中砂橋手前の迂回路に至る)→黒目川→自宅

天気予報では週末、秋晴れが続くでしょう とのこと

  秋晴れ=カラッとしている 

という図式が僕の中では出来ていて、さぞかし気持ちの良いポタが出来そうだと

そんなことを思ったら居ても立っても居られなくなってお昼前に出発!


折り返しの多摩湖周遊道路(時計回り)では前回より少し先へ進み、細い小道に入って鹿島台遺跡方面から下り空堀川に合流

多摩湖周遊道路と空堀川はだいたい平行しているので、高台から下っていけばだいたい空堀川に出られるので色々なコースを試し、その時の気分で使い分けを考えている

今回は気温も上昇、湿度も上がり湿った重たい空気みたいなものを感じ、足腰も疲れ気味


気持ちの良いポタとは行きませんでしたね

帰り道 気がついたのですが至る所で彼岸花の芽が出ていました~


iPhone から投稿


2017/09/09(Sat)16:15
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 VOLT800  /2017年09月05日(火)
早朝のポタリングでは暗闇なので現在使用中のVOLT400blog)より明るいVOLT800を検討し、予備のバッテリーと注文!

Amazonに注文したのが9日、お盆を挟んだため少しくらい遅れるのは仕方ないと~

しかし、遅れて下旬になり、それでも我慢して待ってたら9月上旬に~

仕舞いにはAmazonより キャンセルすることも可能です のメールまで届く始末・・・・


この時点で3週間は過ぎてたので、今更キャンセルするのも悔しい~~

我慢して待ってたら約1ヶ月後の今日、ようやく届きました~ (^0^)

その間、さらに明るいVOLT1700が新発売、早くキャンセルしてこちらを選べば良かったかな~

人気ある機種なのかも知れません・・・・


VOLT400と800ではバッテリーの容量が違っても互換性はあるが、1700は全くの別物

互換性のある予備バッテリーも3個あるので取り敢えず800で納得!

見た目は、本体部分とレンズ径が400より少し大きく迫力あります


メモ書き
・VOLT800(HL-EL471RC)
 サイズ:116×31.2×43.2mm
 重量:140g(実測値134gバッテリー含む)

 カートリッジバッテリー(BA-3.4)
 Li-iON 3.6V 3400mAh
 重量:73g(実測値キャップ含まず)

・VOLT400(HL-EL461RC)
111.3×30.6×41.3mm
 重量:120g(実測値109gバッテリー含む)

 カートリッジバッテリー(BA-2.2)
 Li-iON 3.6V 2200mAh
 重量:69g(実測値キャップ含まず)


iPhone から投稿


2017/09/05(Tue)16:01
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │  過去記事へ