カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 16 梅雨明け  /2016年07月28日(木)
関東甲信地方が28日の11頃、梅雨明けしたとみられる?と発表!

平年より7日遅く、昨年より18日遅かったようです


夏休みがあった学生の頃は、さんさんと輝く太陽に夏がようやく来た~ て感じでしたが・・・・・

現在では  明けちゃたの~

ぐずついた天気が続くのもイヤですが、真夏の暑さは行動力が失せてしまい、その中間である心地よい気候が欲しいところ

やはり早朝の時間帯しか活動できないかな~

今年の夏はMTB やオートバイで野山を駆け巡ろうと計画中!

また、初めて自分で買ったXL125Sblog)でツーリングへ行った茨城県のルートを忠実に再現する そんなのも面白いかな

色々と計画だけは沸いてくるけど、実行できるかは・・・・


iPhone から投稿



スポンサーサイト
2016/07/28(Thu)11:50
未分類トラックバック(0)コメント(0)
 廃墟みたい  /2012年11月01日(木)
会社の屋上でやたらデカイ物音がするので、気分転換に覗いてみると古い冷却塔の更新工事のようで解体作業中でありました。

上部の大きなファンを除けば、骨組以外はFRPやプラスチックを多用しバラすこと自体は簡単で早いらしい、簡単に言えばプレハブの建物見たいです。


給水・冷却水配管の繋ぎ目(フランジ)に使われるボルトやナットは雨ざらしでもあるため錆びだらけで原型を留めず、枯れた木片のようにも見えますね。

冷却塔の中身はほとんどがエリミネーター(樹脂成形された薄いジグザグ状の板)が何十にも重なり、その隙間に冷凍機の中を循環して温まった冷却水が上部からその中に流れ込み 外気にさらされ冷やされる仕組み。

 材質は違いますが、車・バイクのラジエターみたいなもの。

冷却塔のピット(底部)には水位を保つためのボールタップとオーバーブロー管が寂しげ~

 何処かの廃墟にもありそうな光景です・・・・

子供の頃、大きなデパート横の通りを上を向いて歩いていると上から細かい水滴が顔に当たり涼しいな何て思ってた時がありましたが、今考えれば冷却塔内で敵下している冷却水が強風で飛散したものかもしれません。

冷却水には藻の繁殖を防止する薬やスケール除去剤など含まれ、管理が悪いとレジオネラ菌が増殖し飛散沫から吸入し感染する場合もあるので注意。


iPod touchから投稿


2012/11/01(Thu)13:14
未分類トラックバック(0)コメント(0)
 MUKA STOVE  /2012年03月12日(月)
災害対策用にと自動車用のレギュラーガソリンで使えるストーブは良いなと思いました。

この手の商品ではMSRのウィスパーライト等がホワイトガソリン専用で定番モデルで有名ですがレギュラーガソリン対応モデルもあるようです。

4000kcal/h

ガスストーブに関しては、初めてのツーリングで友人が持ってきたEPIのガスストーブがコンパクトで使い勝手が良かったので、今でもそのメーカーを使っていますが、災害などでガス缶(ガスの入ったカートリッジ)が売り切れとなった場合、一般には流通が少なくスーパーなどで売っているカセットボンベの方が役立つのではと思いました。
それと車やバイクに残っているレギュラーガソリンが使えるストーブも今まで危険だと敬遠してましたが、1つぐらいあっても悪くないなとSOTO MUKA STOVE(SOD-371)を揃えてみました。

MUKA STOVE セット内容

セット内容はバーナー本体・スマートポンプ・風防・遮熱板・メンテナンスキット・収納袋、専用広口フューエルボトルは別売で700・1000mlのどちらかを購入。

本体の特徴
予熱不要、レギュラーガソリン・ホワイトガソリン対応、フレキシブルホースで柔軟な取り回し、重量327g(本体+フレキシブルホース+スマートポンプ)、黒煙を上げることなく点火後約10秒で4000kcal/hの高火力(外気温25℃で無風の状態)、スマートポンプにあるコントロールダイヤルで点火→燃焼→火力調整→消火と一連の操作が可能。

専用広口フューエルボトルの特徴
SOTO従来品は口が26mmだったがMUKA STOVE専用ボトルは34mmとなり、燃料が注入しやすくボトル内部の洗浄がしやすいように広口になった。

登山用品など無駄な作りがなく、小さくて軽量でどちらかというとソロ的な使い勝手があっていますが、極限状態な時、頼りになりますね。

収納袋に入れた状態

収納ケースに全部入れるとそれなりにコンパクト、色々なストーブを持っているけど、何かこういうのをそろえたり使うのが好きなのかな・・・・・

今度、これで飯盒してみます。



2012/03/12(Mon)16:27
未分類トラックバック(0)コメント(0)
 糞対策 その4  /2012年02月09日(木)
以前、ヒヨドリの糞公害blog)に遭い、止まるであろう枝付近を中心にテグスを張り巡らしたスパイダー作戦blog)を行ったことで、それ以後、鳥が来ることもなく平穏無事に過ごせてたのに今月に入ってから、餌となる実が熟し食べ頃なのか、行動が活発になりベランダや庭先に種入りの糞を落としていくようになりました。

このまま放置状態だと悪臭も漂い、その臭いを嗅ぎつけ同じ場所に何回もやって来るなどマーキングを兼ねる話しもあるので、エスカレートしないうちに、テグスを新たに張り巡らして強化。

テグス強化

テグスを張っていて気が付いたことは、鳥がよく止まる枝は皮がハゲてツルツルになってることです。

私達からみれば適当に飛来し、枝に止まっているのだと思いがちですが、脚立を立てて上から眺めると、その枝の違いがよく分かり、いつも決まった場所に止まっているのではないかと素人ながら思いました。

  確かに糞は同じ場所に集中することが多い!

これで2・3日間様子を見て、まだ続くようであれば防鳥網blog)を張ることも検討中。


2012/02/09(Thu)10:39
未分類トラックバック(0)コメント(1)
 回路配線見直し  /2009年09月06日(日)
PU交換した際、コイルタップ用の配線にシールド線を使用し
ていないことが解り手直しでもしてみようかと・・・・

過去、バイサウンドシステム用TONEポット(OHV-TⅡ)を
2個購入し、普通の線を2本引っ張って配線していたのが
その証拠。
タップ切替の配線が気になるが・・・・
特にノイズが入るわけでもなく、シングルPUにも切替わる
ので問題ありませんでしたが、配線取り回し等、綺麗に
ならないものかと線を切ったり付けたりしているうち短くなり
厳しい状況になってしまいました。

シールド線は全てがアースされポット類に半田されて
いますが最短距離で無駄のない配線の取り回しと半田は
熟練工の成せる技、素人には予想以上に厄介。

長さに余裕があったので、何とか元通りに戻すことが出来
ましたが、あの狭い空間の中、ヘタにいじらない方が
良いと実感。
配線を少し見栄え良くしました
中の配線を他の種類に全部入れ替えてしまおうかとも
考えていましたが、ネットの情報で線やコンデンサーを
他種に変えることでそのギター独特の音が変わってしまう
こともあるそうです。

メーカーが選んだ配線を使い、ノイズ対策等確り考えられた
無駄のない回路が、SG独特のサウンドを生むのだと!


2009/09/06(Sun)11:30
未分類トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │