FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 ガタつき修正  /2019年11月19日(火)
18 PAS CITY-X Odometer(積算距離):4864.6km

元気よく走ってくれるPAS CITY-Xですが、最近になって走行中のガタつき音が気になりだした

前からあったのか、最近になってからで出したのかがハッキリしない


一寸した段差に乗り上げたり、路面がほんの少し歪であったりする路面で、サドル下方からガタガタ音がする

当初、リア側にリクセンカウルのアタッチメントのエクステンダー(CK810)にヴァリオ ラック(KF873)を付けたので、そのアルミ枠がエクステンダーとの僅かな隙間があって音がしているのかと疑っていた

しかし、そうではなかった(^^ゞ


フレームにバッテリーがロックされてる状態で本体を揺らしてみると3mm程前後に動き、段差等の衝撃で受け側のガイドに当たることが判明~

その証拠にバッテリー側とフレーム側のガイド付近の当たっている黒色樹脂の箇所は何回と干渉した為に白くなっている


ヤマハお客様センターにこの件を訪ねると
販売店で見て頂きたいと・・・

それで、地元の販売店で確認して貰うとバッテリーが新品の時はさほどでもないが、長年使っていくうち僅かな遊びが度重なる振動でバッテリー側のガイド付近に擦れ、摩耗して遊びが徐々に大きくなりガタつきがを感じてくるらしい

自転車屋さんによれば、僕の車両は年数や走行距離の割にガタつきが出るのが早いと~


気になるお客さんはバッテリーとシートチューブをゴムバンド等で固定しガタつき音を軽減する方も多いらしい

  でも そんな人みたことないけどな~

ゴムバンドは見た目も悪いので最終手段とし、バッテリー側の干渉する箇所に厚さ1mm程の樹脂テープを貼り付けてみました


取付取外しはスムーズで引っかかりなく、前後のガタつきは収まったみたいです

しばらく様子見です

空気圧は高めで、低い段差や石畳路面を激しく走るのでバッテリーとフレームの接触箇所の摩耗を早め、ガタつきが出たものと思われます

よくよく見ると構造はフレーム側のバッテリー受けに本体の端子に差して置かれているだけ、盗難防止のシートチューブ側に鍵でロックしているだけの単純構造でキッチリとした精度はなく、ある程度遊びを持たし柔軟に取付取外しができるようになっているのかもしれません



iPhoneから投稿



スポンサーサイト



2019/11/19(Tue)17:49
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 雨の日も何のその  /2019年10月25日(金)
先日、台風の中通勤で走ったのでヤマハPAS CITY-Xのメンテナンスを~

フレームやホイールの清掃とチェーン洗浄後とグリスアップ、スプロケットの歯も奇麗に清掃


何となくペダルが軽~く感じる

リア側にリクセンカウルのアタッチメントのエクステンダー(CK810)が装着済で、そこにヴァリオ ラック(KF873)をツけっぱの状態です

何気に枠をつかんで見たら前後左右のガタつきが気になった

取付ネジ穴にドライバーを突っ込んでみたらグラグラに弛んでる~(^^ゞ

一見丈夫そうに見えるけど一体型ではなく分割したパーツの組合わせなので定期的に増締めが必要です


気がつかなかったら、枠ごと脱落してたかも(ToT)

でもサドルと枠には脱落防止ではないが盗難防止でワイヤーを取り付けてあったので・・・・

夕方、明日の天気予報を見てガッカリ~

朝から午後まで雨とのこと


雨の中を走るのは全然問題なくて、ピカピカにしたばかりの自転車が汚れることのみ残念でならないのだ



iPhone から投稿



2019/10/25(Fri)11:52
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 19号台風時の通勤  /2019年10月12日(土)
18 PAS CITY-X Odometer(積算距離):4501.8km

台風19号の猛威からTVニュースでは重大な災害発生の可能性ありで周囲の状況確認し少しでも命が助かる可能性が高い行動をとり、不要不急の外出を避けるなど呼びかけている最中、強風で自宅がどうなるかも分からないというのに、よりによってこんな日に会社へ出勤しなくてはならなくなり、極めつけは休むことも遅れることも許されないと~

  こんな会社あるのか・・・・

電車通勤も考えたけど午前中までは運行して通勤可能でも明日の運行時間は状況を見てからなので昼過ぎからは確実、家がどうなっているのか直ぐにでも駆けつけたい貴重な時間を会社でダラダラ待つなんて考えられない

そんなことを考えてたら、やっぱり電車通勤は絶対いやだなと、早朝5:30の雨の中をアシスト自転車で出発したのでした~


この時間帯は雨脚は普通で時々強風と大雨がやってくる

基本はサイクリングウェアーですが、上にフード付レインウェア+七分丈レインパンツ+ソックス無しのウォーターシューズといった内容なので、雨は膝下からバシバシ濡れて靴底へ抜ける感じ、外気温が20℃近くあったこともあり寒さや冷たさはなく快適な走行で全く苦ではありませんでした

外灯の少ない住宅街で、普段なら除ける凹みに水が溜まって面一に見えた箇所へフロントタイヤが入り大きな衝撃音が~


数百メートル進んだ外灯の下で車体廻りを確認すると500mlのペットボトルがホルダーからなくなっているのに気がつく!

あの衝撃音はペットボトルが路面に叩きつけられた音か~ と

再び暗闇の中を戻って無事回収!

途中、コンビニで会社に居残りになった場合の食材仕入れのために寄ってみるとカップラーメンのコーナーには激辛ラーメンしか残ってなーい

一部通勤区間の河川の側道を通ったらいつもより水位が上がって、台風が接近したときには氾濫して通れなくなるかもと色々不安ばかりよぎる・・・・


  21:00過ぎ 台風通過 ーーーーーーー (^^ゞ

最悪停電も考えられましたが、会社のシステム自体は問題なく、翌日は直ぐ帰宅することができました

恐る恐る自宅に戻り全体を確認するが、事前に補強や修理を施したこともあって無事~


  これが一番ホッとしたかな~~

通勤スタイルで電車・バス・自動車・オートバイ・自転車と沢山ありますが、自然災害がなければ電車・バスなど安定してますが、何か起きれば長蛇の列になり先が読めないのが現実

道路が冠水、又倒木や電柱が倒れていれば通行不可になり、自動車やオートバイ等交通ルールが厳しいものだと融通が利かない

そんな中、自転車であれば完全ではありませんが、まあまあいけそうですね

こんなことは人生の中、数える程しかないと思うけど、住宅の補強等の見直し、勤務先の距離(できることなら10km圏内)、非常電源、非常食等考えさせられる一日でしたよ・・・・・


iPhone から投稿



2019/10/12(Sat)10:20
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 ヴァリオラック  /2019年07月13日(土)
先日、雨天時の自転車通勤で防水トートバッグを購入しましたが、どうやって積むか…

通勤自転車には既に前後のアタッチメントをリクセンカウルで統一しており、リア側にはエクステンダー(CK810)が装着済

  なので


今回は、形にとらわれない荷物やバッグ類を運べるヴァリオ ラック(KF873)を使ってみました

前から気になってた商品で写真で見る限りは大きく重たいイメージでしたが、現物はその逆でした


シートポスト用アタッチメントのエクステンダー(CK810)にヴァリオラックを取り付ける際、前方に倒しながら引っ掛けるので高さがあるバリオラックは取付位置によってサドル後端に干渉し取付が出来ないことがあるのでサドルとエクステンダーの位置調整が必要な場合があります

僕の場合、そのままだとヴァリオラックがサドル後端に干渉し取付出来なかったためエクステンダー取付位置を若干上げることで干渉なく取付られるようになりました


ヴァリオラックは上下2段の取付位置を選べますが下段にすると全体に持ち上がりサドル上まで枠がきてしまうので、立ち漕ぎやお尻を後ろにずらしたとき干渉する恐れもあるので私的には上段取付で枠全体を下側に落とし、極力お尻とラックの枠が当たらない位置に調整~

この辺は実走行で変わってくると思うので取り付け可能な位置を保ちつつ、干渉しない位置を探りたいと思います


メモ書き
RIXEN & KAUL バリオラック(KF873)
サイズ:W21xH32xD17
重 量:450g
耐荷重:7kg


iPhone から投稿



2019/07/13(Sat)14:22
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 AEGIS イージス防水トートバッグ  /2019年07月13日(土)
雨天時も積極的に自転車通勤をすると、バッグを見直す箇所がでてきました~

通勤当初はフロントにラメロバスケット(KF832)、リアにマッチパック(KM823)のスタイルで今思うともの凄く重装備でした

こんなに必要なの? と思うところがでてきて無駄を省き必要最小限の大きさのバッグを求めアレグラ(KT817)に落ち着き現在に至ります

  私的にも、これが最終型だと・・・・


しかし、晴天時のみ通勤であれば何ら問題なかったのですが、雨天時となると話は別

濡れないようアレグラにコンビニ袋を被せ、その上に付属の黄色いレインカバー(一枚だけでは染みこんで濡れてしまう)を被せ、尚且つ走行中にカバーが飛ばないようゴムバンドで固定

会社の駐輪場に到着するや、これらのカバーを外し、手にはヘルメット、500mlペットボトル、濡れたグローブやレインウェア類を持ち、社内入口で手荷物検査へ進む

ここではカバン中身が見えるよう口を全開にして見せるのですが、手荷物がありすぎて手際よく行動に移せない

  もっとスムーズにいかないものか~

今までのカバンの中身を整理してみると、通勤バッグはリア側にアレグラ(KT817)を付け、中にお弁当1食又は2食分、着替え上下、サイフ、鍵、工具、スマフォ、レインカバー、コンビニ袋等が入りほぼ満タン、前日の天気予報で雨が降りそうな時はレインウェア類を別の小型ドライバッグに収納しフロント側へ固定


次第に、これ全部が1つのバッグに収まり、且つ、防水生地のトートバッグ型であれば今までの問題が全てクリアーできると思った

そこで、検討したのがワークマンのイージス防水トートバッグ(D-006)

防水素材で無縫製、値段は安いし開口部は2・3回クルクル丸めて中央にあるバックル止めタイプなので開口は素早く、収納も楽!


ただ一つ、開口部を止める調整可能な差込側ベルトバックルはバンドの厚さが薄い為、テンションが掛かってないとスルリと緩んでしまい、最悪はバンドからバックルが抜け落ちそうなので抜け落ち防止に幅広輪ゴムを巻いています


耐久性は使いはじめたばかりなので分かりませんが、値段の割にコスパ良いかも(^0^)


メモ書き
サイズ W42xH32xD13
重量 450g



iPhone から投稿



2019/07/13(Sat)11:54
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 PAS CITY-Xパーツ交換  /2019年06月12日(水)
積算距離:3685.6km

通勤用 YAMAHA 18 PAS CITY-X(電動アシスト自転車)の消耗部品交換

購入した自転屋さんによると駆動系の消耗パーツは1000kmが望ましいということで、実際には現在3000kmをオーバーしてますが、定期点検で確認する限りまだまだ大丈夫とのこと


自分の判断でもまだまだと思うのですが、通勤用なので何かのアクシデントがあっては凄く不安なので、やるべきことはやろうとアシスト自転車を何台も整備してきたスタッフが今までの経験から推奨する消耗パーツを交換した

やはり駆動系に負荷が掛かるのでアシスト側Fスプロケットとチェーンの摩耗が多いらしい


個人的にスプロケットテンショナーのプーリー付近より回転時にゴリゴリと小異音があったのとRタイヤの摩耗が気になったので序でに交換をお願いした

Rタイヤに関しては、まだまだ使えるしもったいないとのことでしたが、センター付近は摩耗が見られるし僅かながらヒビもあり、何かがタイヤ奥に刺さった痕跡も確認

因みに、ママさん方はもっとベリベリの状態まで使い込み、壊れてから持ち込まれるケースが多いのだとか(^^ゞ

タイヤに関しては新品にしても運が悪ければパンクしてしまいますが、安心感が違うかな~


一年後はFRともパンクガードマンにする予定です


メモ書き
交換部品
99002-10600:サークリップ
X91-16616-00:Fスプロケット
X70-12261-00:スプロケットテンショナー
94561-65102:チェーン(BS手配部品)
パンクガードマン:W/O 20×1-3/4(47-451)


iPhone から投稿


2019/06/12(Wed)17:00
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 60km越え~  /2019年05月17日(金)
気温25.2℃ 湿度38% 風速1.6m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)4:35:13/18:40:57

積算距離:314.87Km 走行距離:60.70Km
走行時間:02h50m 平均速度:21.3Km/h
所用時間:05h18m ケイデンス:60~90rpm
08:38~13:56

自宅~多摩湖往復(往復約60kmコース)
自宅→いつものコース→御岳トンネル自転車道オーバーパス→武蔵野の路→多摩湖自転車道(合流し西武プリンスドーム方面へ)→山口貯水池→狭山湖林道(反時計回り)→比良の丘→狭山湖外周道路(時計回り)→山口貯水池→狭山湖外周道路→コンビニ→都立狭山公園(休憩)→多摩湖周遊道路→空堀川(狭山堀橋)→いつものコース→自宅

MTBなので本来のダートタイヤに替えて林道を走りたいところ、でも里山の麓まで車で運ぶのは面倒、自走で行くには抵抗のあるタイヤでは厳しそう~

そんなことでいつまで経ってもロードタイヤのまま・・・・

最近行きたかった場所は、見晴らしのよい比良の丘


ここへは、林道を通るダートコースとアスファルト(一部ダート)の2コースがあり、山口貯水池側から入るアスファルトコースで向かってみた

短い区間ダートを通らなければならないがフラットなのでロードタイヤでも問題なく通過~


このコースだと丘までダラダラとした勾配のある坂を上らなければなりませんが、足を着くことなくクリアー

数年振りのこの場所に来ましたが、丘の上にある大きな一本の木と、その下に休憩するためのテーブルと椅子がセットで絵になる~~

当日は常連らしい地元の方が休憩されてまして単独撮影は叶わなかった・・・


地元の方が言うには、前日まで膝上まで草ボウボウだったのに、明日マラソン大会があるからと綺麗に整備されたようです

  タイミング良かったかも(^0^)

都立狭山公園で昼食タイム中、ヴィンテージなロードレーサーに乗る年輩の方が、僕の自転車を見て


 変わったメーカー(MERIDA/メリダ)ですね~

 と声をかけてきた

清瀬からの自走で、良く行くショップをお聞きしたら知ってるお店だったのでビックリ~


その後、今度はカーボンフレームのロードレーサーを乗るこれまた年配の方が仲間に加わる

こちらは福生からの自走で、数年前まで重い病気で寝たきりだったらしくママチャリから徐々にステップアップし今の車体になったとか


このように走ることができるなんて、その時には考えられなかったとか・・・・・

自分に合った乗り方をすれば楽しいし、健康にもよい、それに長続きもしますね

ロードレーサーをメインとするお話で盛り上がる

こちらはMTBなので今一、ついてけないところがあったけど・・・

何だかんだで1時間近く自転車の話で盛り上がってしまった

ソロで走ってる方は僕も含めて、こういった出会いも楽しいかな・・・・


iPhone から投稿



2019/05/17(Fri)15:14
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 レインシューズカバー(2)  /2019年04月08日(月)
自転車通勤で雨の日に使うレインシューズカバー、これで2個目です!

靴の上に被せるレインシューズカバーのサイズは、普段履いている靴サイズではなく、その本底の先端から後端までのサイズを実測し、それ+1・2cm大きめのサイズで注文するらしい~


その通りにしたら、かなり大きめのXXLサイズとなった
(メーカーによってサイズは違う)

現物は薄手の生地で耐久性はどうかな~の△レベル

本底に関しては固めのゴムが使われているので○

実際、靴に被せてみると、かかとに1㎝程余裕があったが、これくらいないと靴を入れる際、伸びない素材のため無理な力が掛かって破いてしまいそう・・・


収まりは良く足首辺りもカバーし締め付けることもできる

足の甲付近のバタ付き防止バンドも付いているのでゴワゴワ感がなさそう

購入して数日も経たないうち、試すときが来てしまった(^^ゞ

結構な雨脚の中 出発~

  で、その結果・・・


全く問題なく、快適に会社に到着!

しかも全然濡れてない

本底はペダルにある滑り止めピンの損傷もなく満足~

耐久性の問題はまだ分かりませんが、値段を考えればコスパ高いと思う

予備にもう1個購入しようかな・・・・・



iPhone から投稿



2019/04/08(Mon)15:02
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 そろそろダートへ  /2019年04月06日(土)
気温19.6℃ 湿度42% 風速2.8m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:21:39/18:06:53

積算距離:254.86Km 走行距離:49.26Km
走行時間:02h12m 平均速度:19.5Km/h
所用時間:04h35m ケイデンス:60~90rpm
08:50~13:25

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→埼玉・都道r55→熊野神社(谷津公会堂)→谷津仙元神社(谷津仙元富士)→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→西武遊園地駅→多摩湖町住宅街→夢の遊歩道→廻田緑道→廻田の丘→金山通り→空堀川(狭山堀橋)→いつものコース→自宅


フレームを17 MERIDA BIG.SEVEN18 MERIDA BIG.SEVEN TEAMに変更し、パーツを載せ替えて何回かの走行で不具合がないことが確認できたので、暖かくもなってきたしそろそろダートが走りたくなってきました~

とはいってもロードタイヤなので、フカフカ路面を押し歩き?


この細道は秋から今時期ぐらいが枝や葉が少なく丁度良い

草が生い茂ると行く手を阻み、先が見渡せなくり雰囲気はガラッと一変する

中年オヤジとはいえ やっぱり恐い~~


それにしてもギンバエが多く、顔の周辺を飛び回り視界に入って邪魔

たぶん地元の方にとっては犬の散歩コースかであちらこちらに糞尿があるのかもしれない

もしかすると○体が埋められてる・・・

そんなことを思いつつ、このタイミングでシッカリ固定していたサドルがいきなり横にズレたものだから背筋が~~

締め付けネジが振動で徐々に緩むのかもしれない、ここは定期的に要確認だ


その先にある谷津仙元富士へ~

以前、遭遇した不気味なおじさんblog)が、いつ現れるかもしれない緊張感を持ち、MTBを担いで登頂!

残念ながら富士山は雲に覆われ見えませんでした(ToT)

  不気味なおじさんもいなかった~(^0^)


寂しいところから一転、人で溢れかえる夢の遊歩道へ


丁度、桜祭りの真っ最中、普段なら真っ直ぐ抜けられる通りが、大きく迂回して緑道に戻る感じだ


いつもの丘では中野から来たという写真を趣味とされる方に記念写真を撮ってもらいました


ブロックタイヤに交換してダートを走らなくては・・・・



iPhone から投稿



2019/04/06(Sat)14:00
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 レインシューズカバー(1)  /2019年03月20日(水)
自転車通勤で年間を通し、何がイヤだといえば寒い日や雨の日でしょう

僕もYAMAHA 18 PAS CITY-X(電動アシスト自転車)の通勤で雨の日だけは憂鬱で出発直前まで悩み

結局電車で てことが結構あります

しかし、ドア・ツー・ドアに慣れると、いざそれ以外の交通手段を利用すると凄く時間が掛かるし非常に疲れる~

そんなことを繰り返し、通勤に慣れたこともあって思い切ってレインコート着用で出発!

一応まともな上(フード付き)・下のレインコート揃えていたこともあって思ったほど苦でなかったのだ

但し、シリコン製のシューズカバーの本底は一回で裂けてしまった


原因として、普段履いている靴のサイズで注文したためかなり小さめで、思いっきり延ばして被せてパンパンに~

本底の素材(全体)が柔く薄い所にMTBダウンヒル用の滑り止めピンが付いたペダルで漕いだのでダメージを与えましたね

それと、コンクリートの階段の上り下りの際、柔らかなシリコン素材のためヨレる感じでズルッと危ない場面がありました

商品としては悪くなく、サイズを間違ってしまい使い方の問題だと思う

でも、これは却下・・・・


iPhone から投稿



2019/03/20(Wed)10:00
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │  過去記事へ