カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 UnderCover Stratum  /2017年10月13日(金)
サドル沼にハマったわけではないが、またもやサドルを交換


今までSELLE SMP HELLを使ってきて特に問題もなかったのですが、連続ポタで尻というより座骨が痛くなり少し間を空けていました

それが原因か分かりませんが、腰・尻・股にかけ痛みと痺れがでてきてポタどころではなくなり、休日ともなれば横になっていることが多い(ToT)

シートポストの異音発生を気に、少しでも衝撃が緩和できるものであれば一寸したことでも試して最善を尽くしてみようと~

ダメなら納得も出来る!

そんなことで、前から気になっていた剛柔2層ウェブメッシュのTIOGAのStratum(ストレイタム)を検討~

所が、そのスパイダーサドルのメリットを継承しつつ更なる快適性を求めたUnderCover Stratum(アンダーカバーストレイタム)が仲間入り・・・・


見た目は普通のサドルっぽく違和感なさそうなので、こちらのFull Carbon Rail仕様を試すことにしました

ザックリな感想では固めウェブメッシュ1層の上に薄めのパッド材が入り、上から指で押した感じは普通に柔らかく、穴のあいた中央付近を強く押すとウェブメッシュ全体がしなって何となく座骨に優しそうな気がします


そして、なんといっても持った感じが非常に軽く実測では144gしかありません

まだ、実装しての走行はまだなので、後日レポートを!


因みにSELLE SMP HELLが287gだったので差し引き143g軽量、これで車体重量10kg切ったと思う


メモ書き

・TIOGA UnderCover Stratum Full Carbon Rail
 サイズ:L285×W140×H60mm
 重量:150g(実測値144g)

・SELLE SMP HELL 287g
・BONTRAGER MONTROSE COMP 263g
・BONTRAGER Affinity R 287g
・Prologo Kappa 3 298g
・SPECIALIZED alias130 262g
(全て実測値)


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2017/10/13(Fri)16:06
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 シートポスト変更  /2017年10月02日(月)
今乗ってる17 MERIDA BIG.SEVENは僕にとって初のカーボンフレームで、タイヤをブロックタイヤ→スリックタイヤに変更しポタを楽しんでおります

ただ、ダート走行では聞き取れなかった異音が気になっていた

特に荒れたアスファルト路面で何処からともなく

 パキッ! カキッ! と鳴る

当初、フレームにヒビでも入ったか・・・・

      それとも外れ品か・・・・

色々なことを考え出すと、精神衛生上よろしくないのだ

毎回鳴るわけでもなく、何処から鳴るのか自分なりに探しましたが特定出来ず (^^ゞ

クランクシャフトが入るBB辺りも疑いましたが、ペダルに体重を掛けずサドルに腰掛けている時が多かったように感じたのでサドル付近かな~と


本来ならその状態から問題を解決しなければなりませんが、簡単に交換できるパーツでもあるのでシートポストの変更を考えた

同じアルミでは面白くないのでカーボン製でサドルもカーボンレールにしたらどうなるだろうと~

しかし、そんな財力はないのでシートポストからチビチビと!

カーボンにするメリットとして衝撃吸収性があげられますがシートポストに関してはサドルの衝撃が緩和されるという体感は得られにくく、むしろ重心上部を軽くすることでダンシングが軽く感じるらしい

デメリットは取付ネジをオーバートルクの締めつけによる破損があるようです


カーボンパーツずり下がり防止の粒状グリースの入るケミカル(ファイバーグリップ等)を使うと適正トルクで楽に固定できるそうですが、その材質状こまかなキズが双方に付いてしまうそうな~

トルクレンチは持ってないし、出先で変更する際は手トルクしかないので、滑り止めとして双方の表面を脱脂し透明なバスコークを薄く塗り手トルクで程々に締めて固定、これでずり下がるようであれば専用ケミカルを使おうと思う

因みに、変更したことで重量差し引き89gの軽量~~

変更後のMTB車体重量(スリックタイヤ)は体重計での測定で10.1kg!


     10kgは切ってると思ったが・・・・・・



メモ書き
・カーボンシートポスト
TIOGA Scepter Carbon SeatPost 30.9φ(セプターカーボンシートポスト)
重量:197g(自宅計量器測定値)
ポスト長:350mm

・アルミシートポスト(ノーマル)
17 MERIDA BIG.SEVEN付属のシートポスト 30.9φ
重量:286g(自宅計量器測定値)
ポスト長:400mm


iPhone から投稿


2017/10/02(Mon)11:40
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 台風前に  /2017年09月14日(木)
気温21.1℃ 湿度82% 風速1.6m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:23:12/17:50:45

積算距離:1294.08Km 走行距離:53.07Km
走行時間:02h34m 平均速度:20.5Km/h
所用時間:03h00m ケイデンス:60~90rpm
04:20~07:20

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→武蔵村山市歴史民俗資料館→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→多摩湖周遊道路(時計回り)→東大和市立狭山緑地(細い下りで厳島神社に至る)→空堀川(中砂の川橋)→黒目川→自宅

ここんとこ連続ポタで少し筋肉痛~


少し間をおきたいところですが、週末が荒れ模様になりそうなので昨日に続けて強行ポタへ

最近、コースがマンネリ化でタイムも走行距離も似通ってて つまらなく感じる・・・・


そろそろタイヤもブロックタイヤに替えてダートを走ってみたいが、路面が乾いた条件の良い状態が中々休みと合わないのが辛い~

新しいルートを開拓しなくては


iPhone から投稿


2017/09/14(Thu)08:40
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 VOLT800のみ  /2017年09月13日(水)
気温22.5℃ 湿度75% 風速1.1m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:22:26/17:52:13

積算距離:1241.00Km 走行距離:56.14Km
走行時間:02h44m 平均速度:20.5Km/h
所用時間:03h15m ケイデンス:60~90rpm
04:25~07:40

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→武蔵村山市歴史民俗資料館→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→多摩湖周遊道路(時計回り)→鹿島休憩場→村山下ダム→東大和市立狭山緑地(細い下りで厳島神社に至る)→空堀川(中砂の川橋)→黒目川→自宅

強い台風18号が進路を変え、週末は関東も天気が愚図つきそうなので健康ポタを~

前回より出発してから1時間くらいで明け方になるよう日の出時間を確認して出発!


日に日に数分間隔で日の出時間が短くなり、その分、帰宅する時間が遅くなるのが一寸・・・・

今回よりライトはVOLT800の1台体制!


明け方前の緑道でライトも付けず散歩されている高齢の方が多く突然現れて双方驚くことが多々ありましたが、今の所、不安なく走れるようになりましたよ~

少し走行距離を延ばすため、都立狭山公園より多摩湖周遊道路を時計回りに村山下ダム手前まで行ってきました


この先は階段を降りていくか、路側帯のない車道を走るのみなのでパス

同じ時間帯を走行していると、すれ違う顔ぶれが同じだったりして~


iPhone から投稿


2017/09/13(Wed)08:38
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 VOLT800は  /2017年09月10日(日)
気温21.3℃ 湿度89% 風速1.3m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:20:10/17:56:35

積算距離:1184.86Km 走行距離:54.72Km
走行時間:02h40m 平均速度:19.9Km/h
所用時間:03h15m ケイデンス:60~90rpm
04:15~07:30

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→武蔵村山市歴史民俗資料館→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→多摩湖周遊道路(時計回り)→東大和市立狭山緑地(細い下りで厳島神社に至る)→空堀川(中砂の川橋)→黒目川→自宅

昨日のお昼出発では気温も上昇し、やっぱり早朝が良いなあと~

終始真っ暗闇の中を走るのもつまらないが、1時間くらいで明け方となる時間帯がベストだと

日の出時間を調整し、いつもより遅く出発!


今回は夜間用ライトをVOLT400と800の2台体制~

VOLT400でも明るいと思いますが、真っ暗闇の中に突入するともう少し明るければなと思うことがある

上を見ればきりがないのでコンパクト性や予備バッテリーの互換性を考えると僕の場合であればVOLT800がベストとなった


明るさ比較のため、取り敢えずハンドル右側に800、左側に400上側に取付!

外灯のある町中では400ミドルモード、外灯がポツポツしかない暗闇に近い緑道で800・400ハイモードの同時点灯

これは最強の部類かも~~

車や歩行者に対して眩しくない角度調整で路面状態を見落とすことなく照らしだし安全に走れますね

特に配光では極端に言って400はスポットに近かったが、800では400より明るくワイドに照らし出すので広い視野で見ることができるため疲れず安心感が増した






上記写真比較でVOLT800ハイモードとVOLT400・800ハイモード同時点灯ではあまり変化がないように見えますが、実際はVOLT800ハイモード単体より明るくなっています

双方、1時間以上ハイモードの連続使用で本体に熱を持ったのは400で、800は特に変化なく放熱が良さそうだ

800の明るさは確認できたので次回から、これ1本でいこうと思う

出発時の気温は20℃前後でしたが、これくらいが気持ち良いかな・・・・


iPhone から投稿


2017/09/10(Sun)08:35
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 もうすぐ彼岸花  /2017年09月09日(土)
気温28.8℃ 湿度62% 風速2.8m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:19:25/17:58:03

積算距離:1131.49Km 走行距離:54.72Km
走行時間:02h42m 平均速度:20.1Km/h
所用時間:03h25m ケイデンス:60~90rpm
11:30~14:55

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→武蔵村山市歴史民俗資料館→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→多摩湖周遊道路(時計回り)→鹿島台遺跡(細い下り坂)→空堀川(中砂橋手前の迂回路に至る)→黒目川→自宅

天気予報では週末、秋晴れが続くでしょう とのこと

  秋晴れ=カラッとしている 

という図式が僕の中では出来ていて、さぞかし気持ちの良いポタが出来そうだと

そんなことを思ったら居ても立っても居られなくなってお昼前に出発!


折り返しの多摩湖周遊道路(時計回り)では前回より少し先へ進み、細い小道に入って鹿島台遺跡方面から下り空堀川に合流

多摩湖周遊道路と空堀川はだいたい平行しているので、高台から下っていけばだいたい空堀川に出られるので色々なコースを試し、その時の気分で使い分けを考えている

今回は気温も上昇、湿度も上がり湿った重たい空気みたいなものを感じ、足腰も疲れ気味


気持ちの良いポタとは行きませんでしたね

帰り道 気がついたのですが至る所で彼岸花の芽が出ていました~


iPhone から投稿


2017/09/09(Sat)16:15
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 VOLT800  /2017年09月05日(火)
早朝のポタリングでは暗闇なので現在使用中のVOLT400blog)より明るいVOLT800を検討し、予備のバッテリーと注文!

Amazonに注文したのが9日、お盆を挟んだため少しくらい遅れるのは仕方ないと~

しかし、遅れて下旬になり、それでも我慢して待ってたら9月上旬に~

仕舞いにはAmazonより キャンセルすることも可能です のメールまで届く始末・・・・


この時点で3週間は過ぎてたので、今更キャンセルするのも悔しい~~

我慢して待ってたら約1ヶ月後の今日、ようやく届きました~ (^0^)

その間、さらに明るいVOLT1700が新発売、早くキャンセルしてこちらを選べば良かったかな~

人気ある機種なのかも知れません・・・・


VOLT400と800ではバッテリーの容量が違っても互換性はあるが、1700は全くの別物

互換性のある予備バッテリーも3個あるので取り敢えず800で納得!

見た目は、本体部分とレンズ径が400より少し大きく迫力あります


メモ書き
・VOLT800(HL-EL471RC)
 サイズ:116×31.2×43.2mm
 重量:140g(実測値134gバッテリー含む)

 カートリッジバッテリー(BA-3.4)
 Li-iON 3.6V 3400mAh
 重量:73g(実測値キャップ含まず)

・VOLT400(HL-EL461RC)
111.3×30.6×41.3mm
 重量:120g(実測値109gバッテリー含む)

 カートリッジバッテリー(BA-2.2)
 Li-iON 3.6V 2200mAh
 重量:69g(実測値キャップ含まず)


iPhone から投稿


2017/09/05(Tue)16:01
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 補給水は何がいい  /2017年09月05日(火)
気温26.8℃ 湿度69% 風速2.5m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:16:24/18:03:48

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→武蔵村山市歴史民俗資料館→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→多摩湖周遊道路(時計回り)→東大和市立狭山緑地(細い下りで厳島神社に至る)→空堀川(中砂の川橋)→黒目川→自宅

積算距離:1076.76Km 走行距離:53.41Km
走行時間:02h39m 平均速度:20.0Km/h
所用時間:03h30m ケイデンス:60~90rpm
11:05~14:35

明日、ポタ予定でしたが朝から雨の予報なので、晴れている今日、出発しました

なるべく空いている早朝の時間帯が好きですが、こればっかりは~

最近はライトに照らし出される路面を見ての走行が多いけど、景色を見ながらのポタはやっぱり良い!


急な予定変更でサイクリングボトルの中身が用意できず冷やした水道水を入れて出発

昼食は狭山公園で買ったおにぎりと持参の水道水で食べたが、どうもお腹の調子が良くない

昼食前にも数回、水を補給したが腸に吸収されてないようで、気持ち腹の中でタプタプしてる感じが分かる

スポーツ飲料等にしておけばこのようなことはなく吸収が早いんだろうな~

そんなことを思いつつ、後悔しても どうしようもない

こんな状態では速やかに帰宅するしかない、しかし、もう少し走りたい、でも腹の調子が~

天気は良いのに、困った~困った~ 

暫く、ベンチで悩んでいると僕より一回り上であろう方が、サイクリングを始めたばかりでお尻が痛いのはどうしたら良いかとまじめに聞いてきた

本人なりに厚みのあるカバーをサドルに被せて対策はしているようだが、なにぶん理論的に説明する程の知識は残念だが持ち合わせてない


二度と会うことはないと思うが、いい加減なことを言えないし・・・・

まだ始めたばかりだということで

もう少し走ってみて様子を見てみたらいかがですか~~

と 無難な回答を~


お互いに別れて、気がつけばお腹の痛みは治まっていた(^0^)

今回はラッキーだったが、年も年だし出掛ける前の体調管理、吸収性の良い補給水等余裕を持って準備しなければ・・・・


iPhone から投稿



2017/09/05(Tue)15:39
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 1000km越え  /2017年09月03日(日)
気温19.1℃ 湿度72% 風速1.9m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:14:53/18:06:38

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→コンビニ→都立狭山公園(朝食)→湖畔通り→空堀川(新丸山二の橋)→黒目川→自宅

積算距離:1023.34Km 走行距離:53.00Km
走行時間:02h48m 平均速度:18.8Km/h
所用時間:03h40m ケイデンス:60~90rpm
03:30~07:10

朝方が少し寒いくらいは仕方ないと帰る頃の気温を想定し、いつもの半袖にショートパンツで出発!

しかし、30分程は全身が冷え、服装の見直しで自宅に引き返すか考えてしまいました~

これで行けるかとなったのは川沿いの緑道に入り、風がまともに当たらなくなってからのこと

日が昇って周辺が明るくなってからは気温も徐々に上がり丁度良い感じ

これからの早朝ポタは服装選びで悩みそう~~

今日は今まで感じたことのない清々しさ、決めたコース以外にもう少し距離を伸ばしたくなります


これが秋晴れの天気というのでしょうね

多摩湖の村山下ダムから村山上ダムに向かっての景色が良く、日の出のチャンスをうかがっていました

小学生の頃、仲間8人程でここに来たのが最初のこと

 しかもママチャリで~

もの凄く長い道のりだったのを憶えている

特に坂道は地獄だった・・・・・

おじさんになって同じ場所に何回もサイクリングに来ているのが不思議です


上空には2機のドローンが飛んでいて、日の出の撮影をされてましたね

ふとサイコンを見ると1000kmを越えてました~

前のAnchor2005 MTBblog)では4年掛かってますが、2017 MERIDA BIG.SEVEN XTblog)は1年1ヶ月!

 速いペースです

直ぐに飽きてしまってインテリア化してしまうのが常ですが、今回は違いますよ~


早起きは辛いけど、走っていて楽しいし何より体調がすこぶる良いのだ

但し、これから寒くなると早起きは無理かも知れないな・・・・


iPhone から投稿


2017/09/03(Sun)08:55
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 ルート開拓~  /2017年08月30日(水)
気温27.8℃ 湿度86% 風速1.2m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:11:51/18:12:13

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→コンビニ→都立狭山公園(朝食)→湖畔通り→空堀川(新丸山二の橋)→黒目川→自宅

積算距離:970.34Km 走行距離:50.91Km
走行時間:02h32m 平均速度:20.2Km/h
所用時間:03h05m ケイデンス:60~90rpm
03:40~06:45

途中、都道r5を渡り東村山浄水場横の緑道を通って行くのですが、二人がすれ違えないほど笹の葉が生い茂っているため都道r5を渡らず野口橋より左岸で都営アパート側から馬頭橋へ抜けるコースに変更し、狭山堀橋(多摩湖自転車道)をアンダーパスで中橋へ行った方が信号待ちもなくスムーズ


毎回、行き帰りでは自分に都合の良い細かなコース変更があるので、同じコースにしても走行距離に違いがあったりします

川沿いの緑道は同じ目的地で車道の方が仮に距離が短くても、安全面ではこちらの方が上、信号待ちが殆どないのでストレスが少なく、到着時間が早い場合もありますね

反面、道幅が狭く高齢者の散歩では横一列になり道を塞ぐこともしばしば、場所によっては車止めが必要に多く複雑な形もあったりしてテンション下がったり~

路面状況が整ってない箇所もあり、ストップ&ゴーの繰り返しもあるのでスピード重視のロードバイクは辛いかも~


同じルートを走行して、ここ2回程ですが透明度のある川沿いでも場所によっては悪臭が漂ってました

全てにおいて良いわけではありませんが、このポタが今のところ順調に続いてるので、総じて自分には合っているのでしょう


日の出時間が日に日に遅くなって暗いうちから出発するのは変わりませんが、折り返し地点になる多摩湖付近まで薄暗く周りの景色は殆ど分からないので、自分で見つけた最短コースなど何かしら建物などが目印になってるので時々間違えてしまいます~~


iPhone から投稿




2017/08/30(Wed)08:40
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │  過去記事へ