FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 レインシューズカバー(2)  /2019年04月08日(月)
自転車通勤で雨の日に使うレインシューズカバー、これで2個目です!

靴の上に被せるレインシューズカバーのサイズは、普段履いている靴サイズではなく、その本底の先端から後端までのサイズを実測し、それ+1・2cm大きめのサイズで注文するらしい~


その通りにしたら、かなり大きめのXXLサイズとなった
(メーカーによってサイズは違う)

現物は薄手の生地で耐久性はどうかな~の△レベル

本底に関しては固めのゴムが使われているので○

実際、靴に被せてみると、かかとに1㎝程余裕があったが、これくらいないと靴を入れる際、伸びない素材のため無理な力が掛かって破いてしまいそう・・・


収まりは良く足首辺りもカバーし締め付けることもできる

足の甲付近のバタ付き防止バンドも付いているのでゴワゴワ感がなさそう

購入して数日も経たないうち、試すときが来てしまった(^^ゞ

結構な雨脚の中 出発~

  で、その結果・・・


全く問題なく、快適に会社に到着!

しかも全然濡れてない

本底はペダルにある滑り止めピンの損傷もなく満足~

耐久性の問題はまだ分かりませんが、値段を考えればコスパ高いと思う

予備にもう1個購入しようかな・・・・・



iPhone から投稿



スポンサーサイト
2019/04/08(Mon)15:02
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 そろそろダートへ  /2019年04月06日(土)
気温19.6℃ 湿度42% 風速2.8m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:21:39/18:06:53

積算距離:254.86Km 走行距離:49.26Km
走行時間:02h12m 平均速度:19.5Km/h
所用時間:04h35m ケイデンス:60~90rpm
08:50~13:25

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→埼玉・都道r55→熊野神社(谷津公会堂)→谷津仙元神社(谷津仙元富士)→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→西武遊園地駅→多摩湖町住宅街→夢の遊歩道→廻田緑道→廻田の丘→金山通り→空堀川(狭山堀橋)→いつものコース→自宅


フレームを17 MERIDA BIG.SEVEN18 MERIDA BIG.SEVEN TEAMに変更し、パーツを載せ替えて何回かの走行で不具合がないことが確認できたので、暖かくもなってきたしそろそろダートが走りたくなってきました~

とはいってもロードタイヤなので、フカフカ路面を押し歩き?


この細道は秋から今時期ぐらいが枝や葉が少なく丁度良い

草が生い茂ると行く手を阻み、先が見渡せなくり雰囲気はガラッと一変する

中年オヤジとはいえ やっぱり恐い~~


それにしてもギンバエが多く、顔の周辺を飛び回り視界に入って邪魔

たぶん地元の方にとっては犬の散歩コースかであちらこちらに糞尿があるのかもしれない

もしかすると○体が埋められてる・・・

そんなことを思いつつ、このタイミングでシッカリ固定していたサドルがいきなり横にズレたものだから背筋が~~

締め付けネジが振動で徐々に緩むのかもしれない、ここは定期的に要確認だ


その先にある谷津仙元富士へ~

以前、遭遇した不気味なおじさんblog)が、いつ現れるかもしれない緊張感を持ち、MTBを担いで登頂!

残念ながら富士山は雲に覆われ見えませんでした(ToT)

  不気味なおじさんもいなかった~(^0^)


寂しいところから一転、人で溢れかえる夢の遊歩道へ


丁度、桜祭りの真っ最中、普段なら真っ直ぐ抜けられる通りが、大きく迂回して緑道に戻る感じだ


いつもの丘では中野から来たという写真を趣味とされる方に記念写真を撮ってもらいました


ブロックタイヤに交換してダートを走らなくては・・・・



iPhone から投稿



2019/04/06(Sat)14:00
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 レインシューズカバー(1)  /2019年03月20日(水)
自転車通勤で年間を通し、何がイヤだといえば寒い日や雨の日でしょう

僕もYAMAHA 18 PAS CITY-X(電動アシスト自転車)の通勤で雨の日だけは憂鬱で出発直前まで悩み

結局電車で てことが結構あります

しかし、ドア・ツー・ドアに慣れると、いざそれ以外の交通手段を利用すると凄く時間が掛かるし非常に疲れる~

そんなことを繰り返し、通勤に慣れたこともあって思い切ってレインコート着用で出発!

一応まともな上(フード付き)・下のレインコート揃えていたこともあって思ったほど苦でなかったのだ

但し、シリコン製のシューズカバーの本底は一回で裂けてしまった


原因として、普段履いている靴のサイズで注文したためかなり小さめで、思いっきり延ばして被せてパンパンに~

本底の素材(全体)が柔く薄い所にMTBダウンヒル用の滑り止めピンが付いたペダルで漕いだのでダメージを与えましたね

それと、コンクリートの階段の上り下りの際、柔らかなシリコン素材のためヨレる感じでズルッと危ない場面がありました

商品としては悪くなく、サイズを間違ってしまい使い方の問題だと思う

でも、これは却下・・・・


iPhone から投稿



2019/03/20(Wed)10:00
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 自転車通勤1年達成~  /2019年03月08日(金)
積算距離:2840.1km

YAMAHA 18 PAS CITY-X(電動アシスト自転車)の初通勤blog)から かれこれ1年経ちました~


 一寸振り返ってみると~

バイク通勤に慣れていただけに今更自転車通勤(片道約12km)なんて、もの凄~く遠く感じましたね

先ずは自転車選びから始まり、体が疲れないよう数ある電動アシスト自転車の中から通勤以外にポタリングに又カジュアルなサイクリングウェアーでも使えそうなYAMAHA 18 PAS CITY-Xを選びました

当初、小型・小径タイヤのPAS CITY-Xで往復約24kmの通勤は厳しいかな~と

しかし、低速では小径タイヤに短いホイールベースでフラフラする感じがあったのですが慣れると逆に小回りがきいて良い、中・高速では以外と安定し乗りやすいことも分かった

ノーマル仕様から、何回か通勤を重ねるうちに違和感のあった荷物取付金具・スタンド・ハンドル・ペダル・サドル・タイヤ・ブレーキ等の見直しで現在の形に変化


まだやりたいことはあるけど、今の所、ほぼ安定かな?

通勤経路はGoogleで最短コースを探し、ストップ&ゴーの信号の少ない裏道を選び、事前に何回も走行しストレスのないコースへと煮詰めていった

初めての道順を頭に記憶し、平均時間を計測

最初は見慣れない景色のため、えらく遠くにきている錯覚、道も何回か間違えたり~

季節として一番キツい夏季・冬期を乗り越え一年を通し、実績ができたので自信が付きました

雨の日は電車通勤でしたが、試しにレインウェアーを着て走行したら以外にも快適~
現在、レインシューズカバーblog)を検討中で、これが揃えば恐いものなしかも・・・

小まめに前後タイヤの空気圧管理おこない、交差点での小さな段差では軽くタイヤを浮かせるアクションをしてリム打ち対策、極力凹凸のない綺麗な路面を選び金属片に注意しながらの走行もあってか今の所パンクは一度もありませんでした~(^0^)


会社へは始業時間45分前に到着するようにしています

  早ッ!

理由として通勤途中のアクシデントによる遅れですね

その一つに交通事故です

実は自転車同士の衝突が2回ありました

何れも相手側の一時停止違反による突っ込みで、双方に怪我や自転車の破損には至っておらず軽いもの

自転車や歩行者はルールがあってないようなもの、常に廻の動きを察知しながら安全運転に徹しなければいけません


次にパンクは一番恐いです

PAS CITY-Xはアシスト自転車の中でもタイヤが細いので、荷物を積むリア側に太めのタイヤへ履き替えて対策しています


アクシデントとは関係ありませんが、10km以上の通勤では1年を通して汗をかきます

特に夏場は全身ビッショリ~

そのまま肌着を着替えてもベタベタ感があるので仕事に就く前に、シャワーを浴びたり、清涼ペーパータオル等で汗を落としたり又そのウェアーを洗濯し、乾いたら取り込んだりと色々とやることは多いのです

たまたま、洗濯機が使えるなど環境が整っていたので、この辺はラッキーでした


通勤着は上下サイクリングウェアーが良い

MTBで使ってるものを そもまま流用ですが、全体にストレスを感じませんしカジュアル系なのでPAS CITY-Xでも町中に溶け込んで違和感ありません

これに、ヘルメット着用なので模範生かも~~

仕事着は会社のロッカーにあるので着替える面倒さはありますが、それぞれ着替えることで引き締まる感じがある(^^ゞ


通勤途中では色々な方の通勤スタイルに遭遇し、参考になることや、これはダメでしょ

そんなのを観察しながらフィードバックしています


まだ先は長~い 頑張れー



iPhone から投稿



2019/03/08(Fri)16:12
自転車トラックバック(0)コメント(2)
 フロントタイヤ交換  /2019年02月20日(水)
積算距離:2665.2km

YAMAHA 18 PAS CITY-X(電動アシスト自転車)を購入して約1年が経ちました

おかげさまでこの1年間 

  1度もパンクに見舞われませんでした(^0^)

自転車を購入した近所の店で前輪タイヤのみ交換~

タイヤ交換の目安として約3000kmといわれてますが、細いセミスリックタイヤに重い荷物を積んだり、時には縁石の段差に突っ込んだりとタイヤとチューブのダメージは自分のなかで結構ヤバいな~と把握しているつもりだ

そんなこともあり距離に関係なく、1年おきに交換しようと決めてました

ヤッパリというか 開口一番!


まだ全然平気ですよ~

それを見込んで持ち込んだ前輪タイヤ(チューブセット)交換をお願いした

このタイヤはリア側をパンクガードマンblog)に交換した際、新品同様だったので在庫しておいた物

その他、1年点検でブレーキの遊び調整、各ボルトナットの増し締め、フロントハブベアリングのグリスアップ等手際よく整備して頂いた



iPhone から投稿



2019/02/20(Wed)13:16
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 パーツチェック  /2019年02月13日(水)
気温6.8℃ 湿度32% 風速3.1m/s(曇)
日の出/日の入り(東京)6:31:08/17:20:38

積算距離:97.03Km 走行距離:48.03Km
走行時間:02h02m 平均速度:23.5Km/h
所用時間:02h58m ケイデンス:60~90rpm
09:50~12:48

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→空堀川(中砂橋)→都道r5→熊野神社(谷津公会堂)→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→多摩湖自転車道(狭山堀橋OUT)→空堀川(浄水橋)→いつものコース→自宅


昨日からお腹の調子が悪く、朝方まで引きずって8か9時の出発予定が10時近くになってしまった~

本来、こんな状態なら大事をとって中止にするんでしょうけど、中年になると~

交換したXCシリコングリップblog)とチェーンステープロテクター(blog)の調子をどうしても見たかったので強引に出発!

先ず、今回のシリコングリップは厚みがあるので握ったときのフニャフニャ感、それと力が入ったとき直ぐにヨジレてしまうのではわないか気になっていた


しかし、そのようなことは一切なく、乗りにくさや操作性も悪くない、むしろ吸い付く感じが良好~

フロントにはサスペンションが付いていて路面からの大きなショックなど吸収してくれますが、尚且つグリップのクッションもあってダブル効果が得られる感じ、心なしか終盤に疲労がなく余裕で帰って来られたのはグリップのおかげか?


次は、チェーンステーには純正でゴムが張り付いてますが、チェーン暴れ防止のスタビライザーを常時ONにもかかわらず前のフレームでは擦った跡が結構あった


新調した18 MERIDA BIG.SEVENN TEAM のフレームにそのようなことがないようチェーンステーカバーを付けて対策

このフレームになってロードタイヤで比較的段差の少ないアスファルトをスタビライザーON/OFF双方で走行したが、暴れて擦った形跡無し

今度、ダートタイヤで林道を走り確認したいと思う


前回から使用中のサドルバッグのMondoPack XLblog)の気になる箇所を~

このバッグは縦に長いためサドルとRタイヤ間にスペースが無いと、底部をタイヤで擦ってしまうので取付不可となります又ギリギリでも以下のようなことが心配されます


後部の容量を広げる別室のファスナーの持ち手が収納時、下側に長くブラブラ下がっています

自車はバッグ底部~タイヤ間に60mm(ロードタイヤの場合)の隙間がありますが、50mm以下だと細長くヒラヒラした持ち手がタイヤに擦りますね~

切ってしまっても全然問題ないですが、夜間には反射する素材を縫い付けてあるのでもったいないと思うのは僕だけか?


これがブロックタイヤだとタイヤ間の隙間はもっと狭くなるし、持ち手は完全に当たるでしょう

何回も思うところですが、持ち手の位置は改善した方が良いと思う!



当日は上下0℃対応の服装にも関わらず、気温のわりに風が冷たくしんしんときましたね

特に足は暖まらなくて、靴下の上に履くソックスカバーが必要だったかも・・・・・



iPhone から投稿



2019/02/13(Wed)13:17
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 チェーンステープロテクター  /2019年02月12日(火)
前の17MERIDA BIG.SEVENのチェーンステーには純正でゴムが貼り付けられてますがチェーン暴れ防止のスタビライザーを常時ONにもかかわらず擦った跡が結構ありました


なので、新調したフレームにはチェーンステープロテクターを付けて対策を~

このプロテクターには色々な種類があって選ぶのに困ってしまいますが、自車のチェーンステーは断面が丸ではなく平べって変な形をしているので取付に柔軟性のあるものを選びました


見た目はカーボン調で素材はネオプレーン、若干伸びるので引っ張りながら巻き付けてベルクロで留める仕様です

フレームに合いますね~

 これで安心!



メモ書き:プロ(PRO)チェーンステープロテクター


iPhone から投稿



2019/02/12(Tue)17:28
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 XCシリコングリップ  /2019年02月12日(火)
18 MERIDA BIG.SEVENN TEAMのフレームになったことを気に長年使ってきたGrungeロックオンタイプのグリップからシリコン製の差込式グリップ


ロックオンタイプは両端のネジを締めることで取付取り外しが容易となり整備などグリップを外す事の多い場面では重宝します

しかし、今までハンドル交換以外で外したことないかな・・・・・

今までのグリップはゴム厚が薄く、激坂など強く握った時に表面が浮き上がる感じで少々不満があった


そこで、構造は単純、軽く衝撃吸収も良好なシリコングリップを試してみようと

取付はハンドル側の差込部は脱脂し、グリップ内側を水で濡らしてヨジリながら挿入

性質上表面はモッチリして内側はハンドルにビッタリ張り付く感じです

汚れを気にしてブラックにしましたが、感触よければチームカラーのグリーンもありかと



メモ書き:プロ(PRO)  XC グリップシリコン ブラックφ32 130mm


iPhone から投稿



2019/02/12(Tue)16:20
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 BIG.SEVEN TEAMで  /2019年02月03日(日)
気温11.4℃ 湿度37% 風速0.6m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)6:40:28/17:10:19

積算距離:48.91Km 走行距離:48.91Km
走行時間:02h18m 平均速度:21.2Km/h
所用時間:03h32m ケイデンス:60~90rpm
09:20~12:52

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→埼玉・都道r55→野山北公園自転車道(横田トンネル→赤堀トンネル→御岳トンネル→番太池→武蔵野の路→大多羅法師の井戸→武蔵野の路→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→西武遊園地駅→多摩湖町住宅街→夢の遊歩道→廻田緑道→廻田の丘→金山通り→空堀川(狭山堀橋)→いつものコース→自宅

今回の50kmポタは、今までわけの分からない場所など困難を共にした17 MERIDA BIG.SEVEN のフレームに亀裂blog)が入った為、そのパーツを18 MERIDA BIG.SEVEN TEAM のフレームに載せ替えての初走行!

基本、フレーム以外は前と同じだけど初走行になるのかな?


大きな違いといえばフロントダブル36-26Tからシングル32Tになったこと

なのでネジの締め付けによる不具合や感触の確認を~

バッグはいつもの背負う小型のバッグパックを止め、トップチューブバッグblog)とMondoPack XLblog)のサドルバックのみ、スマフォはジャケットのバックポケットへ収納


通気性の優れているバッグパックとはいえ、やはり体には何も身につけないほうが動きは軽いし風の流れが違う~

フレームは実際に前より軽くなってますが、素人でも体感できるレベルでした

  走っていて楽しい~


所が10kmを過ぎ空堀川に入って直ぐ、サドルが下がり横を向いてしまった

今までシッカリ固定されてたのに急にきたのでビックリ~

シートクランプの増し締めをしたが、走っては緩みを3回繰り返す

専用ケミカルFIBER GRIPを塗ってあるのに何でかな~と


カーボンフレームを意識しすぎて若干弱めの締め付けだったかも・・・・

その間、サドル位置を再確認しながら気持ち強めで、その後良好~

FシフターとFディレーラその他ケーブル類の撤去でハンドル廻がシンプルになり右手のシフターのみ集中、軽量にもなってることで全体に軽快感が増したように思えます


ロードと若干緩いダート走行ですがフロントシングル32T、リア11~40Tの11速で以前と変わらない乗り味でした


気のせいかも知れないが、疲れが殆どない

フレームが優秀なのか、体が慣れたのか 定かではないけど~



iPhone から投稿



2019/02/03(Sun)13:07
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 フロントシングルへ  /2019年01月30日(水)
先日、18 MERIDA BIG.SEVEN TEAMフレームに前のパーツを移植したわけですが、このフレームはフロントシングル用で台座がありません

なので前のパーツをそのまま移植したダブル(36-26 boost)をそのままにシフターとFディレーラを撤去したためギヤチェンジはできなくてチェーンはアウター(外側)に掛けたまま

いざとなれば手でチェーンをインナー(内側)に掛け直すこともできますが、手動式というのも時代遅れ~


見た目も格好悪いので思い切ってシングル32Tのクランクセットへ交換

しかし、ガイドがないことでチェーンは外れやすそう~~

ギヤクランクでは11速の8000系XTが候補だったけど11/12速対応の9100系XTRも捨てがたい

  ここでもの凄く悩む~

ショップで確認したところシマノとしてはRカセットスプロケットが9000系XTRの11速に9100系XTRの11/12速対応のシングルギヤクランクの組合せは取付不可とのこと

無理っぽいとは思ったけどヤッパりダメか~

逆にハッキリしたことで、8000系XTシングルギヤ(32T)クランクを取付ました

ダブルと比べ
 何とな~く引き締まって良し!

形ばっかり気にしてる~~

シングルギヤになったことでの使い勝手や上り坂の限界を早く確認したい



iPhone から投稿



2019/01/30(Wed)13:06
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │  過去記事へ