FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 上間菓子店工場見学  /2019年05月28日(火)
那覇空港からレンタカーを借りて、先ず向かったのが上間菓子店工場


こちらは食品関係がメインで梅を使ったスッパイマンシリーズが有名のようです


申し訳ない話ですが、全くこの商品は知らなかったのですが、無料の工場見学があることを知り行ってきました


スッパイマンの製造工程を順繰りにガイドさんが丁寧に案内します

製造工程は窓越しに見下ろす感じなので、機械の動きや全体の流れが良く分かりますね


全体で約30分程度、最後にはスッパイマンミニ詰め合わせのお土産付き、併設する売店もあるので気に入った商品があったらお土産用にどうぞ~


那覇空港から近く、場所も分かりやすい、無料駐車場もあるのでお勧め~~



iPhone から投稿



スポンサーサイト
2019/05/28(Tue)10:35
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 19 何とか沖縄へ  /2019年05月28日(火)
昨日の21:00~翌02:00迄、尿管結石blog)の激痛と戦い、憔悴し旅行どころではなかったのですが、病状を診てくれた担当の先生から

 沖縄旅行のキャンセルはもったいないでしょう~

 僕なら行きますね~

その言葉に勇気づけられ、3:00には自宅に戻り、少し休憩をとって4:00には羽田空港へ出発!

こんなことは二度とごめんだ思いつつ、痛みが徐々に和らいでくると駄目元で来て良かった~と


飛行機の窓から見える青い空と白い雲を眺めつつ、昨日の悪夢を振り返るのでした

豊崎海浜公園 美らSUNビーチ内にある兄ィ二ィの丘blog)、2006年9月に公開された"涙そうそう"に使われた撮影場所


2010年に一度来てますが、上間菓子店工場見学blog)で近くまで来たので序でということで9年ぶりの再訪~

この多目的広場でMTBフルサスに乗る青年が、炎天下の中、一人黙々と走ってるのが見えた


  この日差しの中 凄げ~

帰り際、公園内の東屋でMTBを眺めながら休んでいた彼の横を通ったので声をかけてみた

見知らぬ人からいきなり声をかけられて最初は戸惑った表情だったけど、MTBの話となれば直ぐ打ち解けて話も弾んだ(^0^)

高校を卒業したばかりで車の修理工場に入社が決まってたのに、自転車が好きで、それに携わる仕事に就きたいと直前で大型自転車店に就職を決めたといってましたね

沖縄について直ぐ、趣味が同じと言うことだけで話しかける方も図々しいけど、そういったことで全く見ず知らずの地元の方と普通に長話できるのって趣味の世界は凄っ!


御本人様よりSNS投稿承諾済です

自分が同じ年頃にはオフロードバイクに夢中で、バイクを買ってもウェア類にまでお金がまわらず、トレーナー・Gパン・軍手といったみすぼらしいものだった

青年はというと上下・ウェア類とも決まってましたよ~

僕もどちらかと言えば単独行動が多いので、何となく同じ境遇に見え応援したくなりました

 頑張れ~

もっとも、青年は自宅に戻り、家族に公園で走ってたら東京から旅行で来た変な人に突然話しかけられた~(^^ゞ

なんて言ってるかも・・・・・・


iPhone から投稿



2019/05/28(Tue)09:43
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 18東京へ  /2018年09月27日(木)
今日、東京に戻ります

沖縄の南の海上より台風24号がゆっくり北上し近づいてます

5:30の時点で風は穏やか気温は約26℃、雨はまだ降ってません

これから沖縄に向かわれる方は注意した方が良さそうです


沖縄最後の朝食に行ってくるか~


もうすぐホテルを出発!


この景色とはお別れです

ところ変わって那覇空港


いままでにない混雑で搭乗手続きは長蛇の列

並び始めて約40分もかかりましたよ


東京は雨なのかな~



iPhone から投稿



2018/09/27(Thu)06:09
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 18 沖縄黒糖  /2018年09月26日(水)
サトウキビから黒糖ができるまでの全行程を無料で見学できて序でに黒糖をはじめ県産品を販売しているということで沖縄黒糖へ行ってきました

昨日のオリオンビール工場blog)程の大きな施設ではないので5分程度であっという間に見学(2人だけ)は終了~


サトウキビを搾る→アクを取り除く→煮詰める→黒糖を型に入れて冷ます

工場内というより殆ど屋外に近く、オートメーションによる自動制御ではない手作業

それだけに作業員と同じ環境で見学することで地道で大変さがよく分かる

作業場は蒸し風呂状態で、見ているこちらの方が辛くなってしまう


こちらは黒糖に関係する物ばかりでなくハム・ソーセージ、お菓子、お酒等多種の商品が並ぶ

昔はR58沿いに大きな黒の牛のモニュメントが目印だったが、大きな豚って以前あったかな~



iPhone から投稿



2018/09/26(Wed)10:35
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 18沖縄へ  /2018年09月25日(火)
ようやく夏休み~

最近は2泊3日と実質2日間だけの楽しみですが、お金の問題もないことはないけど、このくらいの方が東京に戻ってきた時の違和感が全くなくて良い


10年前、初めて沖縄に来たときは車の流れが遅く、全体にノンビリした感じがした

でも、ここ最近は東京で見るショッピングセンターやファーストフードが増え、車の流れも何となく前と違う感じ

開放的だったホテルの敷地には次々と関連施設が増え、出入り自由だった駐車場はゲートが付き有料となったようだ


その理由には無料なのを良いことに宿泊者以外の方による駐車(宿泊者専用ビーチを使う)が増えたことの対策でもあるようだが、一番残念なのは見通しの良かった(かつて馬が放牧されていた)場所に星野リゾートがリゾート施設を建設中なことだ


もう少し離れていれば良いのに、この近さではホテルに向かう道路が双方で使うことになるので混雑も予想される

ホテル専用に思える直線のアプローチ道路が、数年後に列をなして渋滞することもでてきそう~

当ホテルも昔に比べ、スタッフの人数が減っているようにも感じ何となく元気がない


勢いのある星のリゾートに買収されなければと思うばかりである



iPhone から投稿



2018/09/25(Tue)15:40
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 Orionビール工場  /2018年09月25日(火)
那覇空港から先ずは1969年8月25日開店の牧港店のA&Wへ向かう予定でしたがオリオンビール工場見学が13:00の予約、間に合いそうもないので、牧港店A&Wをスルーし沖縄自動車道で許田IC→R58で一気に向かう

台風の影響でしょうかスコールのような土砂降りに何度も遭いました


山間にあるこの辺りはまだまだ沖縄当初の面影がありますね

工場見学は基本、事前予約制なのですが空いてれば当日予約もOK

原料・粉砕→仕込→発発酵→貯酒→ろ過→瓶詰→缶詰→試飲
所要時間約60分 無料(見学35分、試飲20分、ギャラリー見学含む)

主原料の麦芽とホップの匂いですが、さぞかし芳醇な香りかと思いきやボロぞうきんの匂いにビックリ~


ここにこられる方はぶっちゃけ 見学はどうでも良くて~ 
  
   試飲が99%でしょ(^^ゞ

僕も最後の試飲が目的でした、しかし、運転してきたのと早くホテルに行きたかったので試飲はやめてノンアルコールのクリアフリー1缶とオリジナルスナック菓子のオリオンビアナッツ1個を貰って直ぐ帰路につきました


ホテルに着いてバルコニーから見える景色を見ながらクリアフリーをゴクゴクと

 最高~です!



iPhone から投稿



2018/09/25(Tue)12:47
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 18 ゆり園  /2018年06月13日(水)
ここは12年前の同じ月に一度来たことがあった


多摩湖か狭山湖周辺にあったような記憶しかなかったが、この辺りをサイクリングするようになって何度かゆり園入口を目にするようになり、こんな場所にあったのだと位置関係を把握

そこに、たまたま朝のTV天気予報でこちらの様子が映し出され営業期間も6/2(土)~7/8(日)迄ということで、懐かしがてら再訪~

こちらは自然散策コースの約1kmに50種・45万株のゆりが見所


色とりどりのゆりが絨毯のようで綺麗~

当時は、ゆりの背丈があって覆い被さる感じで虹のように色分けされた場所もあったと思う

コースは泥よけと滑り止めに木のチップが一面に蒔かれフカフカして歩きやすかった記憶だ

現在は滑りやすい場所のみカーペットが敷いてある感じ、ゆりは全体に小ぶりで広範囲でも同色が目立ち、植えてある密度が疎らでスカスカに感じる


  昔の方が良かったような~(^^ゞ


疲れはしないけど高低差があるので1周すれば良いかな~

高い場所から一面を見下ろす、又はその逆の低い場所から一面を見上げる、後は日の当たらない休憩所やベンチでユックリ眺めるのがベストでしょう

   そんな感じなのです


鉢植えの売店でゆり1本500円を買ったのですが、売店のおばさんに3本で1000円だから1本じゃもったいないよ~ と


    3本買って180616blog)しまいました・・・・・


後で分かったことだけど、ゆり園&菊水亭セット券というのがあって

・Aプラン 入園+入浴+御食事(2900円税込)
・Bプラン 入園+入浴(1700円税込)

時間がある方はこんなセットも良いのでは~


iPhone から投稿



2018/06/13(Wed)14:52
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 江戸東京博物館  /2018年05月25日(金)
江戸東京博物館は1993年(平成5年)に開館したのですが、その頃から行ってみたい場所でした


昔は博物館巡りなんてのもしてましたが、バイクの駐車事情が厳しくなってから徐々に減って~

  もう25年も経ってるし~(^^ゞ

そんなことで車で行ってきました

団体客の大型バスが多いのか通された一般駐車場はガラ空き

そこからのアクセスは楽で、エスカレーターで博物館内へ~


入って直ぐに実物大で復元された日本橋

縮尺模型で復元された寛永時代の町人地や大名屋敷、幕末の江戸城御殿、江戸城を中心とした町割りの様子を再現


用意されてた双眼鏡でミニチュアの街並みを覗くと、人々の表情や立ち位置など本物と見間違えるかのように上手く表現されてました


写真は殆どがOKですが、場所によってフラッシュ発光禁止あり


意外だったのは、江戸時代の展示物ばかりと思いきや、まだ記憶にある昭和に建てられた初期の団地一室(108-303)が、その時の状態で展示されベランダ側と玄関側から見られるようになってました


車好きにはたまらないスバル360、ダットサントラック、フォードA型4ドアセダン


浅草に在ったという眺望用高層建築物の凌雲閣(浅草十二階)等


今回は足早にすませてしまったが、一つ一つ展示物の説明文に目を通せば軽く半日以上は掛かってしまうと思う


東京スカイツリー20180525blog)でもそうでしたが、一般客より中高学年の団体や外国人客が多く、外国人の方が熱心に見入っていたように感じましたね



iPhone から投稿



2018/05/25(Fri)13:10
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 東京スカイツリー  /2018年05月25日(金)
メインは江戸東京博物館20180525blog)、自宅を6時10分頃出発し首都高へ

道中けっこう混んでて9時頃に着けば良いかな~

所が7:30には6号駒形出口、予想以上に早く到着!


時間を持て余しつつも、近くにある東京スカイツリー(2012年(平成24年)5月に電波塔・観光施設として開業)が8時からの営業を知り、予定になかったが急遽行ってみることにした


開業当初、順番待ちでチケットそのものが手に入らないとか長蛇の列の映像を見て、それだけで行くきも失せるし、いつでも行けるから良いか~ と


それから6年後になって初めて来ました~


こちらは大きく分けて上から
東京スカイツリー天望回廊(1番上の小さな天望台)
・フロア450
・フロア445

東京スカイツリー天望デッキ(2番目の大きな天望台)
・フロア350
・フロア345
・フロア340(ガラス床等)

◎5Fフロア 展望デッキからの出口、オフィシャルショップ
◎4Fフロア 天望デッキカウンター
◎2・3Fフロア 東京ソラマチ連絡通路
◎1F 団体フロア
◎B1F 駐車場

展望デッキ当日券(2,060円)は4Fフロアーよりフロア350まで一気に上昇

急激な気圧の変化で耳が・・・・


展望デッキ・天望回廊から見下ろした景色は遙か遠くまで見渡せ、まるでミニチュアのようでした

東京タワーより遥かに高いわけですが、ビックリするほどの驚きは特になかったな~

多分、TV等での映像を何度も見てるからかも

メインは展望デッキでフロアが3つに別れる

窓ガラスや床面積が広く、外の景色は天望回廊より見やすく感じた


天望デッキ(フロア350)から展望回廊(フロア445・450)へは別料金(1,030円)、外観からも分かりますがフロア445から450へは見晴らしの良いゆるやかなスーロープ状の通路を歩いて上っていく


当日は新作映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの公開を記念した期間限定イベント中で等身大のヒーローチーム等展示中でした


フロア450はグルッと一周したところで行き止まり

そこにはフロア345往きのELV乗り場

アッという間に終わってしまう感じだ

これだけ~

何回も来る場所ではないから良いか(^^ゞ


東京タワー同様に1回行けば納得~

そんな感じでした


因みに、駐車料金(30分ごと350円)は5000円以上の買い物をしたので700円で済みました~~



iPhone から投稿



2018/05/25(Fri)10:58
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 町田深水  /2018年05月11日(金)
今日はカラッとした天気、通勤快速号のPAS CITY-Xで川沿いをブラブラ走ってきた~

喉が乾き自販機を探しながら目に留まったのが住宅街にある水飲み場

それらしき雰囲気があるわけでなく、気がつかないで通り抜けてしまうレベルの場所


  壁には

白子川源流の弁天池(井頭池)に湧き出る水源の地下水100メートルから汲み上げたミネラルを含んだ数千年前の地下水脈の水です

  と表記

公共施設でもないのに、なぜこんな場所にあるのか?

どうぞご利用下さい とあるし

蛇口もあるし水で我慢するか~

  でも何か変・・・・

蛇口の横にはコイン投入口が(^^ゞ

ペッボトル2本分50円ポリタンク 1カン100円とある~

しかも2台、防犯カメラ設置と

よくよく見れば個人宅から汲み上げている井戸水を有料でわけているようだ

一寸怪しい感じは拭えないが、10円5枚を投入し蛇口をひねると出てきました~

特にメカ的な仕掛けがあるようには思えず、蛇口にロックが掛かっているわけでも無し

ガチャ!カチ!とか音もしないので、お金入れる入れないに関係なく深水とやらは蛇口をひねると普通に出てくる模様

この手の機構であれば通常釦で、指定数量越えれば水が出なくなるのが通常なのに、自ら蛇口をひねって~


ある意味、少しオーバーしたくらいは大目に見る良心さなのか?

でも、金額が明記してあるし、防犯カメラ設置とあるし

大人ですから・・・

それで直ぐに頂きましたよ~

井戸水なのでキンキンに冷たいと思ったが・・・(^^ゞ


 でも、喉が潤いました~(^0^)


考えてみればマナーの悪い不届き者が最近は多い、仮に料金は見せかけであったとしても、このようなことを明記しないと水道料金を浮かせるため都合の良いように使われたらかなわんし・・・・


心配なのは、壁にある水質試験結果書が2005年(平成17年)と古い


水質試験結果書はあくまでも水質を採取した時の結果であって、そのデータが延々と同じというわけではなく、特に浅井戸(深井戸は地表の影響を受けにくい)の場合、地表の影響で変化しやすい

こちらの井戸水は深井戸に属し、保健所によれば1年に1回の水質検査を推奨しているが絶対といった指定はなく、それを飲料する者は自己責任でお飲み下さいとのことだ

取り合えず、古い水質試験結果書が表記されてはいるが、たぶん水質検査は毎年やっていて、その結果書は御自宅で保管なのだと思います


iPhone から投稿



2018/05/11(Fri)16:12
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │  過去記事へ