カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 RC CellMeter-4  /2007年03月27日(火)
19日以降、風が強く飛行機をまともに飛ばせる状態では
ありませんでした。
昨日に続き気温も上がり暖かいとの天気予報でしたが
また逆戻りのようです。

現地に5時40分到着!

日の出が早くなり早朝フライトが好きな私にとって好都合。
1フライト後、早めの朝食を摂っていると○林氏が来ました。
彼は元電気関係の仕事をしていたことがあり、新しい
商品が出ると買ってしまうタイプらしい。

そこで見せて頂いたのは、直列構成のLiPo(リチウム
ポリマー)バッテリーに含まれる複数セルの電圧を個別に
測定し、結果を液晶ディスプレイに表示するツール、CellMeter-4(2セルから4セルに対応)。
私も欲しいと思っていた商品ですが値段が安くはないので
躊躇していたところなのです。

実際に手に取り、使ってみるとコンパクトで、瞬時に結果を
液晶ディスプレイ表示し、直感的に分かりやすかった。
上位機種にはCellMeter-8(2セルから8セルに対応)が
ありバッテリーパックの状態をメインページで通常グラフ表示
される情報を、数値で確認する事も出来るらしい。

電動屋さんには有っても無駄にならない一品だ。
診断ツール、CellMeter-4(2セルから4セルに対応)

スポンサーサイト
2007/03/27(Tue)11:27
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 榎本牧場  /2007年03月26日(月)
3年前の5月にMTBで荒川CRを走り、こだわりアイスの看板が気になり入ったのが埼玉県上尾市にある榎本牧場でした。
こちらは90頭余り乳を飼育している酪農の牧場で、以外にロバミニブタウサギアヒル等の沢山の動物がおります。この時、乳をたっぷり使った手作りジェラートを食べた味が忘れられなく、また食べてみたいと思っていたのです。実は前にMTBで何回か来たのですが営業時間(10:00~18:00)前に着いてしまい、いつも食べれませんでした。今回は車で来たのでゆっくり見て回ることが出来ました。ロバの写真を撮っていたらMTBに乗った私と同世代と思われる方がロバと一緒にいるところを撮りましょうか~と近づいてきました。色々と話をしてたらこれから葛西臨海公園まで行くらしい! 今からでは遅くなるだろうな~と思っていた。それを察して彼曰く 帰りは電車で帰りますので・・・
なるほど!
肝心の手作りジェラートは当店お勧めのミルクを、お持ち帰り用140mlカップ(262円)で頂きました。コクがありベタベタせず爽やかな味!

自宅に戻るとなぜかMTBのメンテナンスをしていた?

2月27日(火)にこちらで志村動物園の撮影が行われ、大沢あかねさんが見えていたそうです。放映は3月22日(木)予定なので、もう終わってたか!
榎本牧場 入口手作りジェラート お勧めはミルク!
2007/03/26(Mon)13:20
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 国営武蔵丘陵森林公園  /2007年03月26日(月)
天気予報で20℃近く気温が上がり暖かくなるとのことで、前から気になっていた埼玉県比企郡滑川町にある国営武蔵丘陵森林公園に行ってきました。
森林公園と言われるくらいなので、周りは森林に囲まれ、埼玉とはいえ何処か避暑地にでも来ているような錯覚を覚えます。公園は国道407号を挟み北側と南側にあり、今回は徒歩で回るには時間が掛かるためレンタルサイクルを借り、北側を見て回りました。意外にもこのサイクリング道路はUP・DOWNがありママチャリに3速ギヤが付いているのも頷けました。開園(9:30)時間近くに入園したためお客さんもまばら!貸切状態です。昼食は事前にコンビニで購入したお弁当を渓流広場で食べました。各ポイントに広場があり自販機・トイレ・売店・テーブル・イス等用意されているので手ぶらで来ても便利かと思います。
こちらの広場前には山田大沼がありそこに生息する川鵜の巣が多数みられました。そこの木々は川鵜の巣から落ちる糞のため辺り一面白く、高い巣から何十羽もの川鵜に見下ろされていると、先日TVで放映された映画のジュラシックパークに雰囲気が似ており不気味でした。
こちらの公園は、自転車持込OKなので、今度荒川CR(サイクリング道路)を走り木漏れ日の中、自由にサイクリングを楽しみたいと思いました。
何か一部分が白いな!近づくと川鵜の巣があり糞の為、辺りが白くなっている。
2007/03/26(Mon)11:02
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 炭焼きステーキくに  /2007年03月20日(火)
去年行ったダイヤモンドシティ・ミュー内にある、炭焼きステーキくに武蔵村山店に行ってきました。前の時は、あまりの込みように入口を目の前にして断念しました。食べられなかった悔しさは忘れられず今回はリベンジです。前と同じ事があってはいけないと11時にはお店に着きました。早かった事もありガラガラ!
LUNCH MENUから特選ヒレステーキセット(150g)税込み1,990円を選びました。LUNCH SETには、サラダ・ライス又はパン・スープ又は味噌汁が付きます。
厚切りステーキは炭火焼きで表は程良い焦げ目があり、中は旨味を閉じ込め、とてもジュウシー。
テーブルに着き、店員に焼き加減はいかが致しましょうか!
の問いに、思わず半生と言ってしまった所が食べ慣れていない証拠。ちょっと恥ずかしかった~。
本来ならWell-done (よく焼く)・Medium (中位いの焼き)・Rare(生焼き)と言うのだろうけど、今度来たときは英語で答えてみよう!と心に誓った。
このブログを書いていたらまた食べたくなってしまった。

食後にアメリカ全土で親しまれているというCOLD STONE CREAMERYコールド・ストーン・クリーマリー)でデザートを注文しました。ここは選んだアイスクリーム・フルーツ・ナッツ類を-9℃に冷やされた石板の上でミックスするものらしい!
注文の仕方も難しくメニューにあったベリーベリーベリーグッド(中身はスイートクリームアイスクリーム・ストロベリー・ブルーベリー・ラズベリー)を選択。
私的には1回食べればもう良いか・・・て感じでした。庶民的なサーティーワンの方が好きかな。
特選ヒレステーキセット(150g)ベリーベリーベリーグッド
2007/03/20(Tue)11:58
食事トラックバック(1)コメント(0)
 フライト日記  /2007年03月19日(月)
風があるにもかかわらず飛行場に行ってきました。
現地6時10分到着!ハッキリ言って後悔しました。
最初は風速2m/s位だったので早めの朝食をすませた後に飛ばそうとラーメンのお湯を沸かしているうちに風がだんだん強くなり計器で確認したら何と7m/sを上回る勢いでした。これではもうお手上げなので食後、車中で暖をとっていたらいつの間にか寝てしまい、8時半頃、造園業者が窓ガラスをノックする音で起きました。
そんな訳で飛行場を後にしたのです。
しかし、ラジコン野郎はこんな事で終わりません!

自宅に戻りSkype仲間のM○○氏とRealFlightG3.5Multipayer(マルチプレーヤー)で飛ばすことにしました。
Multipayerとはお互いのPCからホストに接続し1つの飛行場で遊ぶことが出来ます。MultipayerタブのJoinから他人のホストを選ぶか、仲間の1人がホストを立ち上げ自分たちの飛行場を作るかどちらかです。他人のホストは入ったことがないですが、他のフライトエリアに入るとヤジが飛んできそうです(仲間の結束が堅いようです)。

今のところM○○氏のホスト内なので2人だけの飛行場ですが、たまに外人が仲間に入れてもらいたいらしく遊びに来ます。チャットが英語で訳分かりませんのでとりあえず無視していますが・・・・  いつの間にか消えてしまいます(可哀想・・・ ゴメン英語分からないから・・・)。
RealFlightG3 ホバリング
2007/03/19(Mon)09:58
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 春彼岸  /2007年03月18日(日)
もうすぐ春分の日なので、彼岸参りに行って来ました。

春分の日を中央にはさみ、その前後の3日間を彼岸の中日と言い、前後各3日を合わせた7日間を彼岸と言います。この期間当然込合うので、空いているであろう彼岸の入りである最初の日に行くことにしました。ちなみに彼岸は古くから時正とも呼ばれ、最後の日を彼岸の明け、これが終わると彼岸過ぎとなります。又春分の日の太陽は真東から昇って真西に沈むため、昼夜の長さがほぼ等しくなる。

最近お墓も近くに移動したためお参りや掃除が楽になりました。以前は片道、高速で2時間弱掛かりいざお墓に着くとゴミが捨てられていたり枯葉が山のように積もっていたりで掃除が大変!
お墓も定期的に見回りに来ないと、雑草が伸び両隣に迷惑掛けることになるし、最近ニュースでも取上げられてるステンレス・鉄板泥棒が多くなりステンレス製の花立香炉の中にある香炉皿(線香の熱で、香炉が割れないようにする受皿)も盗まれるらしく各自点検しなければならないのです。
お墓の物まで手を出すとは変なご時世になりました。

暑さ寒さも彼岸までといわれるように、この日からしだいに陽気が春らしくなり、そろそろも咲き始めることでしょう。
2007/03/18(Sun)10:33
日記トラックバック(0)コメント(0)
 フライト日記  /2007年03月16日(金)
現地に5時45分頃到着!当然誰もいないと思いきや1番乗りの方が車の中で待機中。久しぶりの○林氏でした。
今日は自宅を出発する時から風が強く、何も遮るものがないこちらでは更に強い状態です。と言っても風速2m/s位ですが気温が低いのとチラホラが散ら付いたこともあり寒さがよけい凍みました。せっかく来たので、先日購入したLipoバッテリー慣らしを兼ね、負荷を掛けないよう1フライトしました。約8分程の飛行でしたが指先が冷たくなり我慢できません!お互いに車の中で暖まりながら風の様子を見てましたが一向におさまる気配がないので8時半頃、終了しました。

しかし、○林氏が持ってきていた電動ヘリは安定してたよな~
2007/03/16(Fri)10:13
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 Ari Vatanen  /2007年03月15日(木)
初めてラリーのビデオを見たのがAri Vatanenアリ・バタネン)がドライブする1983年のManx Rallyでした。しかもこの当時オンボードカメラの映像はあまりないと思います。ハンドルやギヤシフトの動き、コ・ドライバーがペースノートを読み上げる声が臨場感を盛り上げ、あたかも自分がドライブしてる雰囲気にさせてくれます。
このビデオを見た後、友人が中古で購入したセリカXXで夜中に山中を走りに行った事を思い出します。映像の中半に車の姿勢を崩しあわやゲートの柱にぶつかりそうになる場面がありコ・ドライバーの引きつった声と同時にこちらまで体が動いてしまいます。
Ari Vatanen drives an Opel Manta 400 at the Manx Rally 1983, co driver is Terry Harryman
その後、WRCビデオを見るとPeugeot205T16をドライブする彼の映像をよく見たものです。

こちらは1990年 PikesPeak(パイクスピーク)インターナショナルヒルクライムでの映像。アメリカ・コロラド州で開催され世界最大のヒルクライムイベントのものです。コース全長19.87kmスタート地点の標高が2,800m、そして山頂のフィニッシュが4,300m、標高差は実に1,400m以上。ドライバーはAri Vatanen 車はPeugeot405T16。車内から聞こえる砂利・炸裂するエンジン音、次々に迫るコーナーはまばたきすることが出来ません!

この2つの映像を何気に見てたら彼は頑なにのレーシンググローブが好きなんだな~と!

アリ・バタネン(Ari Vatanen)1952年4月27日-フィンランド出身のラリードライバー、1985年のアルゼンチンラリーで事故に遭い、重傷を負う。復帰直後の1987年には、パリ・ダカールラリーで優勝するという快挙を成し遂げる。
2007/03/15(Thu)14:17
トラックバック(0)コメント(0)
 フライト日記  /2007年03月13日(火)
早朝4時起床!
メザニューを見ながら準備に取り掛かる。
現地に5時50分頃到着、周りは明るく十分フライト可能です。
早速ホバリングトルクロールの練習に入りました。8時過ぎまで貸切状態。リポを全部使い切った頃、○山氏が来ました。その直後造園業者が来ましたが隣のグランドに行ってしまった。本来作業に入ると我々の車も移動しなければならないのだがセーフ。
せっかく空いているグランドなのに私達は10時位迄雑談モードになり焚き火の前でコーヒーを飲みながらリラックス!

約2時間近く雑談モードでしたが、ここに来るとストレス解消になり嫌なことを忘れさせてくれます。
ヘリコプターのホバリング
2007/03/13(Tue)13:48
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 アフィリエイト  /2007年03月12日(月)
先月集中的にアフィリエイトをしてみました。

アフィリエイトとは、あなたの持っているホームページブログの中で色々な商品やサービスを紹介しそれを見た人があなたのホームページブログから商品を購入するとその売上げのうちの何%かお店で定めた報酬額があなたに振込まれる又はサービスによってはお金ではなく報酬がポイントとして発行される。

その中でも最近出てきたのが、企業やブランドからの最新の商品・イベント・セール情報等を皆様のブログテキストと相手先が用意したTAGを貼り付けて紹介すれば掲載費を支払うというプレスブログを試しに行いました。1件につき150円~企業によりまちまちだが悪くありません!

それで結果どうかというと6件中 全て判定結果×

×はどういう事かというと「残念ながら抽選に外れたか、当該リリースの掲載条件を満たしていない等の理由により、掲載料をお支払いできません」と言うことでした。

判定結果×の理由として 抽選もれ・200文字以上書かれていません・日が経ちますと記事が後ろにまわってしまい記事が確認できなくなりますと理由は様々です。
只記事を載せれば良いというものではなくそれぞれ企業が望む内容をクリアーしていなければなりません!

考えが少し甘かったようです。

しかし、報酬は別としてネタ不足の時は助かるし、新情報がいち早くメールで届くので時代を先取り出来ます。

今回は残念な結果でしたが、再度トライし掲載条件を満たして何とか報酬をゲットしてみたいと思います。
アフィリエイトの報酬結果
2007/03/12(Mon)14:29
雑記トラックバック(0)コメント(0)
 フライト日記  /2007年03月10日(土)
早朝4時起床!今日はクラブ飛行会、現場には6時頃到着したが1番乗りでした。
その後、続々とクラブ員が集合し他7人程集まりました。数回練習をし、○野氏が持ってきたF.Airを見たとき懐かしく思いました。自分も同じ機体で何日もホバリングの練習をしてきたからです。現在はEPP機主体ですが、ホバリング・コブラが出来るようになったのもこの機体、数年前まで毎日のように練習に励んでいました。
現在は騒音問題等、電動で楽しんでいますが、基本はこのF.Airで習得しました。
でもこれで目前のホバリングするとうるさいし、排気が服に付いて汚れるんだよな~。車内もエンジンの油で汚れるし、電動で同じ様な事が出来るのでもうエンジン機には戻れないかも!
F.Air ホクセイモデル
2007/03/10(Sat)13:38
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 梅まつり  /2007年03月09日(金)
2月1日~3月11日迄、梅まつりを開催している府中市郷土の森に行ってきました。
さどかしも満開だろうと期待していきましたが、残念なことに殆ど散った状態でした!前に行ったときは早すぎて5分咲きでしたが今度は終わりに近かったです。そのためか人もまばら、ここはだけでなく古い建物も保存されているので、そちらをメインに見学して帰りました。

もう1週間位早ければ・・・・
郷土の森 梅まつり
2007/03/09(Fri)15:25
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 S22Rmi  /2007年03月05日(月)
去年購入したGPSアンテナ一体型コードレスレーダー探知機、ユピテルのS645iですが1年が過ぎました。その後、続々と新商品が現れ、いつの間にか生産終了しライン落ち!そこでそろそろ新型がほしくなった頃、同メーカーからS22Rmiの優待販売のメールが来て量販店より8,000円位安い値段だったので購入することにしました。
今迄の探知機の画面はELディスプレーでオレンジの3色有機ELドットマトリクス表示、ターゲット31識別に対し、ELディスプレー1.5インチフルカラーターゲット50識別と向上。試しに新旧同時にセットして感度比べをした所、いつも自動ドアで鳴る箇所が新型ではキャンセルし、なかなか賢いです。また新たに駐禁重点エリア区域等機能が加わりました。
昼間使用して気がついたことは画面のフルカラーは見づらく、旧型の3色有機ELドットマトリクス表示の方が明るいときは、見やすかった。機能とは関係ないがS22Rmiを購入して数日後、同メーカーからS33Rmi(ELディスプレー1.7インチフルカラー)オートバックスグループ取扱いモデルが発売されました。機能は同じようで画面が若干大きいようです。
やられたーて感じです。ま日進月歩の時代ですからしょうがないけど、せめて1ヶ月は間をおいてもらいたかったな~
S22Rmiレーダー探知機
2007/03/05(Mon)12:07
トラックバック(0)コメント(0)
 フライト日記  /2007年03月02日(金)
起床4時30分、即テレビのSWを入れチャンネルをフジテレビにするとメザニューと言う番組がやっています。
まだ暗い時間にこの番組を観ると安心します。(起きてるのは俺だけじゃないんだな~)
ラジコン飛行場に6時15分到着!今迄の感覚だと現地に6時30分頃到着すれば周りは明るくなりフライト開始なのですが、15分では遅く6時ジャストで問題ありませんでした。せっかく早起きして損した気分でしたが1番乗り!これからどんどん日が長くなり早くから飛行機を飛ばせそうです。昨日の天気予報では久しぶりに風もなく穏やかな天気になるでしょうとのことでしたが現地では多少風がありました。前回の時より風は緩やかだったのでましな方でしょうか!EPPの機体になってから風には気を遣うようになりました。
空いてるフライトエリア
2007/03/02(Fri)14:09
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 HENRI TOIVONEN  /2007年03月01日(木)
WRCもっとも速くもっとも悲劇的な、世界最速の男!
過去に不安定・壊し屋・我がままと言われたヘンリ・トイボネン。彼のことをご存知だろうか・・・・

WRCでは、現在のグループAではなくグループBと言うカテゴリーがあり、もの凄く過激な時代があったのです。
そもそも私がWRCを知ったのもこのグループBでした。
ミッドシップに4WDのシステム、車両も見たことのない型、ラリー車とは思えないスタイル。その中でもランチアデルタS4は不格好であったが好きでした。又それをドライブするヘンリ・トイボネンの走りも過激でドリフトでのコーナーリングは今、見てもスカッとします。
1986年5月2日 第5戦ツールド・コルスのSS18スタート地点から7Kmの地点でコーナーイン側を突っ込み崖下に転落、同時にデルタS4は原型をとどめないほど炎上。
トイボネンとコ・ドライバーのセルジオ・クレストも運命をともにした。
The man who would be king・・・・

彼を知ったのも事故の後で、自分の車(カローラ・スプリンター・トレノ TE71)をラリー仕様にしたのもこの頃です。現在は車も普通になり、去年制作したラリーゲームシュミレーターでラリーを体験してます。
ランチアラリー037ランチアデルタS4
2007/03/01(Thu)15:57
トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │