FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 無花果(いちじく)  /2007年07月04日(水)
先月、知り合いの農家から青梅を大量に頂いたとき、ふと 大きな無花果いちじくの木があるのを見逃しませんでした。
よく見れば1cm位の実が彼方此方に付いています。
まだ実が小さい無花果 1cm位

この無花果て誰か食べるんですか~ 
と訪ねると。
持って行って良いよ~
これはありがたいと思いましたが、無花果の実は収穫時期が10月頃と言われているので、まだ先の話ですが、早めに許可を得ていれば安心して待っていられます。

無花果は、実の中に沢山の小さな花を咲かせ、包まれて外から見えないので、無花果の漢字がついているようです。
原産地はアラビア南部と言われ、日本には江戸時代に入ってきています。

ペクチンという、水に溶けやすい食物繊維が含まれ、腸のはたらきを活発にし、消化作用を促進するため、よく熟した実を1日に2~3個食べれば便秘に効果があるそうです。
但し、未熟な実を食べると効果がないだけでなく、胃があれることになるので注意が必要。
子供の頃、庭先でよく見かけ、時期の頃、食べたような記憶があります。

農家の大きな庭には、時期になると色々な実がなり、それを食べて季節感を味わうことが出来るなんて幸せなことです。
かなり成長してきた

写真は7月4日(水)撮影の"無花果"既に3cm位に成長していた。
食べ頃になると、実全体が均一に赤紫色になり、中身が少し見えるくらいが、熟していておいしいそうです。

早く食べたいな~
スポンサーサイト



2007/07/04(Wed)14:34
食事トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │