カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 フライト納め  /2007年12月31日(月)
今日は、朝から強風!
元日は仕事だし、今年最後のフライトに、行ってきました。
飛行場には、既にクラブ員数人が強風と寒さのため、焚き火の前でラジコン談議モード!
今年最後のフライトは強風のため思うように飛ばせませんでした。
折角なので強風の中、フラフラ状態でV2を飛ばしてみました。
向かい風でストールターンに入った所、恐ろしいほど高く上がり、一瞬見失いそうになったので、低空ホバ8の字旋回を行って終了。

今年は、今迄見向きもしなかった電動ヘリを始め、長続きせず机の上にインテリアとして飾ることになるだろうと最初から思っていましたが、先輩方に色々と親切な御指導をいただき現在に至っております。
その甲斐ありまして、ロールストールターンループ等何とか形だけは出来るようになったかと自分では思っています。
来年は、フリップ系を目指し、目前で出来ればさどかし楽しいだろうな~ 
なんて・・・

フライト回数  1回
スポンサーサイト
2007/12/31(Mon)08:04
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 EXP変更  /2007年12月28日(金)
プロポの設定を見直してみました。
プロポの設定を見直してみました。
ST-1(スタント1)で上空を走らせループ等は比較的安定してきましたが、ST-2(スタント2)で右側に向けたホバリングからバックフリップの練習を行う時、とても敏感で安定しません!
一定の所に静止していることが難しく、常にフラフラした状態から、一瞬の平行・垂直が決まったところでフリップの練習に入ります。
前回、AILE・ELEV側EXP(エキスポネンシャル)をLIN(0%)→20%に変更し、今回更に左右の傾きが落ち着かないAILE側EXPを20→30%に変更。
体感的に、LIN(0%)・20%・30%も変化が感じ取れない!
一度に色々な箇所を変更してしまうと慣れるのに時間が掛かりそうなので、今日はこれで様子を見ることにする。
スティックのタイミングズレが多く、背面になる前に、-ピッチが入ってしまい、そのまま前に押し出され、定位置(正面)より右側で回転してしまいます。
上手くいったりいかなかったり、大きくタイミングを外し墜落しそうになったりで、しばらくこの練習が続きそうです。

フライト回数  5回
2007/12/28(Fri)11:33
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 蟹三昧  /2007年12月27日(木)
毎年暮れ時期になると、一年の締めくくりで、暖かい物を食べに行きます。
以前は、木曽路に行っていましたが、コースの中身が多く、後半になるとお腹いっぱいになり調子が悪くなってくるので、数年前から、ヘルシーであまり満腹感のこない、かに道楽へ・・・・
かに味コースを選択  塩分7.2g 754kcal
中でも、ズワイかにみそ刺身は美味しかったな~
レジでかにみそ缶(無添加)があったので思わず1個買ってしまった。
かに味コース 塩分7.2g 754kcalズワイかに刺身は美味しかったな~
年とともに胃袋も小さくなってきたのか、暴飲暴食なんてとんでもない話。

小学生の頃、食べ過ぎによる腹痛で、救急車に運ばれたことがあったけど
今思えば、大食いの後、夜中に腹が痛く目を覚ました時、腹の上に、当時飼っていたタマ(猫)が寝ていたのでした。
重さ3kg位あったので、消化に影響があったかも~

かにをほじりながら
2Fの窓越しから見える車道を眺めていると、途絶えることのない車の流れが何時までも続きます。
人間、何かしら行動していないと、アッという間に年数が経ってしまうな~
なんて、思ったりもする・・・・
2007/12/27(Thu)17:45
食事トラックバック(0)コメント(0)
 寒くて・・  /2007年12月27日(木)
気合いを入れ、一番乗りで飛行場に来たのは良いけれど辺り一面、霜で真っ白!
辺り一面、霜で真っ白!
当然、ここには私一人。
好きこのんで、この寒いなか、ここに来る人はいません!
6:54 外気温0.1℃ 湿度68.4% 風速1m/s
この位、序の口なはずですが、欠かせないロングコート(防寒着)を忘れてきてしまった。

体からの体温が奪われると、靴の裏から寒さも伝わり、やる気も失せてきます。
1フライトで指先が悴み、思うようにスティックも動かなくなるし・・・・
フライトを終了したLipoを、ホッカイロ代わりに手を暖め熱回収

薄手の手袋をしてみましたが、感覚が鈍り、これまた危険。
後から合流した仲間と会話をしても、思うように口が回らない!
何とか、バックフリップの練習を数回行い今日は終了!

防寒対策が上達を左右する?

フライト回数  4回
2007/12/27(Thu)10:39
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 レトロツリー  /2007年12月24日(月)
クリスマス・イヴ(Christmas Eve)とは、クリスマスの前夜の12月24日の夜を意味しますが、25日のクリスマスより24日のクリスマス・イブの方がクリスマスぽく感じるのは
何故だろうか!
最近では見られないが、クリスマスケーキも24日の夜になると店頭でサンタの服を着た店員が売れ残りを叩き売りしていました。
近頃はそのような事がないように予約注文に
なってしまったが・・・・
何でも、前夜の方がそれらしく、雰囲気があるような
気がします。

世間並みに、我が家も、毎年恒例のクリスマスツリーを20日に組立てました。
約30年前の、クリスマスツリー 点灯前
何と、約30年前の、その名もレトロクリスマスツリー
クリスマスツリーの一番上に飾る星は、老朽化が激しく、アルミホイルで補強!
オーナメント(ツリーの枝や葉につける飾り)は当時のままだが、毎年クリスマスケーキに付いてくる飾りがツリーにぶら下げられ増えていきます。
電飾も当時のままなので、見るからに古さを感じますが、懐かしさと暖かさが感じられます。
約30年前の、クリスマスツリー 点灯後
現在ではツリーも小型で、電球にLEDを使ったものや先端が光るグラスファイバーのツリー等、種類も豊富。

どうも店頭でどれにしようか迷っているうちに
年数が経ってしまったようです。

大事に使うか~
2007/12/24(Mon)20:07
雑記トラックバック(0)コメント(0)
 SWASH MIXING  /2007年12月24日(月)
最近、T-REXのAILEとELEVの最大舵角少ないのではと思うようになってきました。
日が昇り始めているのに綺麗な満月が見えた。
飛行場に到着したとき満月が綺麗でした。思わずパシャ!
先輩方のフリップやロールを見ても胴体中心にクルリと綺麗に回るのに、私のは大きく膨らんでしまいます。
当然腕の違いがありますが、何かやっぱり違う!
飛行機も単純に考えて、AILE等舵角を増やせば簡単に回ってしまう・・・・
そこから思いついたのです。(気がつくの遅いよな~)
何せプロポの設定は、先輩方に調整をして頂いた後、いじることは殆どありませんでした。と言うより神の領域みたいに感じていたので、下手にいじると飛ばなくなってしまうのではと正直、触る気もなかったです。
その件を先輩に見て頂くと、SWASH MIXING(スワッシュミキシング)で舵角を増やしてみたらとのことで、AILE・ELEVのミキシング量を60%→70%に変更して見ました。
舵角はまだ余裕があり上げることが出来ますが、この辺で徐々に様子を見ることにする。
それと、ST-1(スタント1)ST-2(スタント2)のAILE・ELEV側EXP(エキスポネンシャル)をLIN(0%)→20%に変更し多少マイルドに設定。
3フライト目で変更後の動きを確認してみました。上空を走らせている時は、特に変化を感じませんでしたが、ST-2でバックフリップを行ったところ、ELEV側EXPを増やしたことで最初遅いように感じましたが、数回行うと良い感じです。
とは言っても私の腕では、胴体を中心に回すことは出来ませんが、タイミングが合いました。
何か良い感じ!
グランドも空いてきたのでこれからと思ったときには強風になり、練習終了!
ベテランの方ほどプロポの設定を調整・熟知し、ヘリの機構等研究してることを思い知らされました
これから積極的に、調整してかなければと思う。(かな~)
水上機用にフロートが付いてました。 全部自作だそうです。
水上機用にフロートを付けた仲間の機体。
水上で綺麗な離着陸したそうです。

フライト回数  3回
※プロポ JR9XⅡ
2007/12/24(Mon)11:01
ラジコントラックバック(0)コメント(9)
 ピニオンギア変更!  /2007年12月21日(金)
前回の墜落後、部品交換やその他メンテナンスをしてたとき、HYPERIONのピニオンギア13Tをストックしていたのを思い出し、ノーマル13Tから交換してみることにしました。
HYPERIONのピニオンギア13T 日本製高品質スチール製、錆止め黒ニッケルコーティング。
特に、ノーマルのギアで問題があった訳ではありません。
日本製高品質スチール製、錆止め黒ニッケルコーティングが施され、素人目にも精度が良さそうだし!
(日本製とか何とかコーティングて言うのに弱いんだよね~)
修理後の初フライトは変なクセが残らないかいつも緊張しますが、結果として全く問題なし!
日の出とともに練習ですが、早朝は寒さのために指先が痺れ中々始めることが出来なく、先着していた先輩としばらくヘリ談議。
墜落し、修理後の初フライトは変なクセが残らないかいつも緊張しますが、結果として全く問題なしでした。
ひるむことなく、ST-1(スタント1)でループ・ロール系→モードST-2(スタント2)でバックフリップをメインに練習を行なう。
フリップは小さくスナップを利かせて回転しなければいけないのだが、ピッチの+-とアップのタイミングがズレ前か後に飛んで行ってしまうことが数回ありました。
まだ恐怖感とスティックの動きが追従しきれてないようです。

交換したピニオンギアですが、ホバリング時から音は静かになり、上空で走らせている時も、微かに聞こえる位です。
墜落で受信機のアンテナリード線が先端10cm程千切れた箇所は、通常飛行させましたが電波トラブルがないのでそのまま使用することにしました。(年内には修理したい・・・)
又墜落でもリード線が切れないよう簡単にゴム止めに変更しました。

午前中は風もなく暖かでしたが、11時頃から風が強くなり練習終了!

フライト回数  7回

------------交換部品------------
HYPERION
HP-PIN0532-13
JP Steel Pinion, Mod 0.5, ID 3.2mm, 13T
イモネジ2個付
11T~16T
税込420円
--------------------------------
2007/12/21(Fri)15:17
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 進歩してる?  /2007年12月17日(月)
この時期、益々冷え込みラジコンを楽しむ者にとって厳しい季節となってきました。
でも、2月にはもっと寒くなるのだと思えば、まだ序の口かもしれない!
気合を入れ、日の出とともにV2の練習に入る。
日の出とともにV2の練習に入る。

当然、飛行場には私以外誰もいません・・・・

寒さの為か、7月に換装したESCはHP-TITAN-35-PSW3が、フライト中にバッテリーパック電圧が設定値迄下がるとLEDが点滅・点灯し警告してくれたのだが、F.MODEをNORM(ノーマル)→ST-1(スタント1)に切替えるだけで、LEDが点灯してしまいます。
満充電で、そんなはずはないので、プロポ側タイマー6分併用でフライトしてますが今の所、問題なし。
主にF.MODEをST-1(スタント1)でループ・ロール系→モードST-2(スタント2)でバックフリップをメインに練習を行なった。
ループでは綺麗に円を描くのが難しく、円の頂点で逆ピッチを入れすぎて上に持ち上がったりしてしまう。又ロールでは軸が通らずギクシャクしたり、1回転ロールで終了時に機速が落ちる件を注意しながら回数を重ねる。
ヨシヨシ!
その後、ST-2(スタント2)でバックフリップの練習に入る。
前回より、目線より少し上での操作なので、機体の傾きは良く確認できるようになりましたが、力が入ってしまうのか、スティックをUPにしたときラダーも若干入ってしまうようで、ズレてしまうことが数回ありました。
そんな中、12フライト中のバックフリップ練習中で背面から傾いた状態で正面に戻ったとき、機体の向きが分らなくなり、必死のコントロールも空しく墜落してしまった。
近ずくと、ウーンとモーターの回っている音が聞こえたので、冷静にF.MODEのSWをST-2(スタント2)→NORM(ノーマル)に切替えスティックを下げる。
高さ2m位、芝の上での墜落だったので、見た感じそれ程でもなさそう~
見た感じ被害はそれ程でもなさそう・・・ 負けないぞ~
破損箇所は、お決まりコースですが、気に入っていた黄色のLanding Skidとスタビライザー垂直板がショック。
他は受信機のアンテナリード線の先端が10cm程千切れてしまった。
今回で3回目の墜落ですが、なぜか充実感があります。

前程、根を詰めてないので気持ちが楽になった!
それと部品交換も慣れたし・・・・

10時近くに来たRC仲間は、前回骨組みだった自作の電動飛行機を完成させ、素晴らしく安定したフライトを見せてくれました。
細部は意外とリアルに作られています。
墜落の後、何か癒されますね~
前回骨組みだった仲間の自作電動飛行機。細部は意外とリアルに作られています。

------------交換部品------------
ALIGN
AL-HS1217 High Carbon Steel Main Shaft
AL-HS1251 450V2 Feathering Shaft
HS1254T V2ダンパーラバー 1個
AL-HS1219-84 Main Gear 1枚
AL-HS1144-72 Landing Skid耐衝撃(青)
HS1018T-06 スタビライザー垂直板(黄)

JR
R770S SPCM7chのアンテナリード線(検討中)
--------------------------------

フライト回数 12回
2007/12/17(Mon)14:12
ラジコントラックバック(0)コメント(6)
 六義園(Rikugien Gardens)  /2007年12月12日(水)
江戸の名園を今に残す和歌の庭
六義園は五代将軍・徳川綱吉の信任が厚かった、川越藩主、柳沢吉保が元禄15年(1702年)に築園した和歌の趣味を基調とする回遊式築山泉水大名庭園だそうです。
江戸の名園を今に残す和歌の庭
江戸時代の大名庭園の中でも代表的なもので、明治時代に入って、三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸となり、昭和13年(1938年)東京市(都)に寄付され、昭和28年(1953年)に国の特別名勝に指定された貴重な文化財となりました。

当園は、池を巡る園路を歩きながら季節の移り変わる景色を楽しむことが出来ます。
そのせいか、紅葉の時期にあり写真撮影する方が多く見受けられました。
六義園 見事な紅葉 まだ間に合いました。六義園 紅葉で美しい山陰橋
内定大門の広場には、戦後、植栽されてから、50年以上経過している高さ約13m、幅約17mのエドヒガンという品種が変化した枝垂桜(シダレザクラ)が満開時期に、枝いっぱいに見事な花を咲かせることでしょう。
07年11月23日(金)~12月16日(日)の9:00~21:00迄、紅葉と大名庭園と題してライトアップされている。
日曜・祝祭日の11時と14時の2回、ボランティアガイドが一緒に園内を散策しながら六義園の見所、日本庭園の話、歴史の話、和歌の話を説明してくれます。所要時間約60分(無料)

入園料 一般300円 65歳以上150円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
入園料の支払いでは、SuicaPASMOが使用出来ます。
休園日 年末年始
開園時間 9:00~17:00
所在地 東京都文京区本駒込6-16-3
駐車場 なし(付近にコインP有り)
2007/12/12(Wed)14:58
探訪記トラックバック(1)コメント(0)
 見やすいボディーの色は!  /2007年12月10日(月)
今月から再開した電動ヘリですが、しばらく間が開くとビビリます
現在真っ白のボディーにこの蛍光色を塗装するか検討中です。
F.MODEをNORM(ノーマル)で8の字→ST-1(スタント1)でロール系→モードST-2(スタント2)でバックフリップをメインに練習を行なった。
前回からあまり上空に上げずヘリの向きがしっかり把握出来る低い位置なので、極端にミスると墜落は免れないです。
ループで2回程、地上30cm位の所まで下降し、ヒヤヒヤものでした。
又バックフリップでも数回、指コンで傾いたまま回転させてしまい、墜落寸前でしたが、この時は冷静に機体の角度を修正することが出来ました。
危ない状況でも、常に機体の向きを把握し、修正が出来れば良いのだが、こればかりは、数をこなし、慣れるしかないか・・・・

同じ小型電動ヘリのベテランの方によればボディー色を、蛍光色のオレンジにすると見やすいとの事で、現在真っ白のボディーにこの蛍光色を塗装するか検討中です。

フライト回数  5回
2007/12/10(Mon)13:34
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 SHOES PAD  /2007年12月09日(日)
林道専用のXR250R(ME06)は、通常モトクロスブーツを履いて乗りますが、たまに町乗りでスニーカーで乗ると気になるのがチェンジペダルで靴が汚れたり傷つけてしまうことです。
可倒式のチェンジペダルは、可動部にグリスが塗布されており尚、靴が汚れてしまうためガムテープをチェンジペダルの当たる箇所にグルグル巻きにして乗っておりましたが、なにせ貧乏たらしい!
OGKから発売しているSHOES PAD(シューズパッド)。
そこでバイクショップで見つけたのがOGKから発売しているSHOES PAD(シューズパッド)。
取り付けは、靴紐をSHOES PADの3つの穴に通すだけなので、使用中にズレたり、捲れ上がったり、引っ掛かったりするのではないかと心配しましたが、その様なことはなく中々GOODでした。
駄目元で購入しただけに、予想外に大満足。
似たような商品は、他メーカーからも数点出ており、形や色、取り付け方に違いがあるので、好みの問題となります。

強風の中、久々のXRだったので、RC飛行場を4箇所巡回してきたが、誰一人と居なかった・・・・
2007/12/09(Sun)13:00
バイクトラックバック(0)コメント(2)
 ヘリ再開  /2007年12月06日(木)
まずは、腹ごしらえに、朝マックを食べながら、こんなもの運動もしないで食べてばかりいるとメタボリックシンドロームになるんだよな~ なんて土手を眺めていると、インラインスケートでスピードを出している方が、手を振っている!
RC仲間の○野氏でした。
インラインスケートで体力つくりに励むRC仲間の○野氏
こちらもMTBで走ろうかと思ってるんですけど
寒いしね~

T-REX450V2に空撮用カメラを取付けたら、外すのが面倒になり、搭載したままにしてましたが、重量の関係で思い切った練習が出来なくて、あっという間に、約1ヶ月経ち、インテリア化してはもったいないと、初心に帰り再スタート
初心に帰り再スタート。 辺り一面は霜で真白
1フライト目からオッカナビックリです!
以前は、上空を走らせストールターン等、平気で行なっていましたが、手が震えるし、汗も滲んで来ました。
結局
6フライトは、ホバリングや旋回、8の字とピルエットの練習。
2フライトは、F.MODEをNORM(ノーマル)→ST-1(スタント1)→モードST-2(スタント2)と切替をし、ホバリングから安定した切替の練習を何回も行なう。
残り5フライトは、上空でのストールターン・ループ・ロールを徐々に行い、後方回転のフリップの練習に入りました。
上空ケツホバから後方回転させると、後方まで来てしまい何か間違ってることに気が付きました。
エレベーターを引き、逆方向になった所で逆ピッチに入れ、そこで尚スティックを下げるので、上空に上がり、そこでエレベーターを引くため、大きな円を描き、前方の方で回転させても、かなり後方まで流されてしまうことが、遅いかもしれませんが、最近分ってきました。

ピッチの入れ方、抜き方が重要なんだと・・・・

以前は、墜落を恐れ、視界ギリギリ上空で、フリップ等の練習をしていましたが、回転終了後には、尚上昇し、見失う確立が高いため、リスクは多少あるが
ケツホバからではなく横ホバ状態から5m位の高さで練習することにしました。

今日は、久々にファンフライの師匠でもある○井さんが見えてました。
最近電動にも関心が出てきたらしく、何機か購入したようだ。
風が強い中、セダクションワイルドスタイル(SAITO FA-56F)での安定したトルクロールや背面コブラ等、迫力ありました。
ファンフライの師匠 ○井氏の演技

6時過ぎから始めた練習ですが、もう8時位かなと仲間に時間を尋ねると11時過ぎ!

何でここに来ると時間の経つのが早いのだろうか・・・・

フライト回数 13回
2007/12/06(Thu)13:04
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 XRブレーキフルード交換  /2007年12月05日(水)
12月も寒くなってきたが、今日は暖かく、冬眠状態であったXR250R(ME06)で土手でも走ってみようかと思い、フロントブレーキを握るとスカスカ!
マスターシリンダー内のフルードを確認すると、汚れはないが、底に大きな泡が溜まっている。
汚れはないが、底に大きな泡が溜まっている。WAKOSのスーパープロレーシング(SP-R)DOT-5を補充。
とり合えずマスターシリンダーを平行にし、競技をするわけでもないが05年11月10日から使用しているWAKOSのスーパープロレーシング(SP-RDOT-5を補充しながら、エアー抜きを始めると底からかなりの泡が上がってきました。
それと同時にブレーキレバーのタッチがカッチリと!
このブレーキフルードは、FMVSS規格のDOT-5のドライ沸点・ウエット沸点を大幅に上回る高い性能を持ちますが、耐久性は低く競技車両専用と考え頻繁に交換をした方が良いようです。
タイヤチューブもレース用を使用してますが、数週間で空気が抜けてしまい、競技用と名の付くものは、性能重視なので仕方ありませんが、手間が掛かります。
序でに、エアーかみはなかったがリアのブレーキフルードも
交換し、出かけようとしたら辺りは薄暗くなり、寒くなってきました。

また今度にしよう~

5月以降乗ってないな・・・・
2007/12/05(Wed)16:44
バイクトラックバック(0)コメント(2)
 ハクキンカイロ  /2007年12月05日(水)
そろそろ出番となった愛用のカイロ!
愛され続けて80年世界のロングセラーハクキンカイロです。

愛され続けて80年、世界のロングセラーのハクキンカイロ!

以前風見鶏HPでも記載しましたが、友人にハクキンカイロの件を尋ねると
ハクキンカイロて何ですか!
とか

ハクキンカイロを見せると
まだそんなの売ってるんですか、昔おじいちゃんが使っていましたよ~
または

爺くさいな~
と悲しい返事が返ってきます。

しかし
ハクキンカイロはベンジン1cc当り11,500cal(カロリー)もの熱エネルギーを放出!
使い捨てカイロに比べ、役13倍の熱量!

温度は同温度であっても人体に及ぼす熱エネルギーは、はるかに大きなものがあり、零下30・40℃といった極寒の環境下、寒ければ寒いほどその真価を発揮!

繰り返し利用できるのでゴミにならないので環境に優しい!

使用手順は、若干面倒ですが、付属の注油カップに適量のベンジンを入れ、カイロに注ぎ、火口に点火して暖まります。

注油カップ1杯のベンジンで約12時間、2杯で約24時間暖かさが持続

使用時には独特の匂いが漂い、好き嫌いの分かれるところです。

使い捨てカイロは、使用直前に外袋からカイロを取り出し揉まずに暖まり、粘着剤付きなので衣類の希望する所に張れて、使い勝手が向上し30個入りで現在税込400円台。

ハクキンカイロ専用のベンジン500ccが、現在インターネット価格で税込585円。

これでは、安全で便利で安い、使い捨てカイロに意向するのもしかたがないかもしれない!

そのせいか、燃料となるハクキンカイロ専用のベンジンが、近所の薬屋・ドラッグストアーで入手困難になってきたことです。

約20年以上、3個 愛用している私は貴重な存在かな・・・・


2007/12/05(Wed)05:07
雑記トラックバック(0)コメント(0)
 鉄道博物館  /2007年12月03日(月)
2006年5月14日に閉館した交通博物館に替わる施設として、2007年10月14日、鉄道の日に開館した鉄道博物館THE RAILWAY MUSEUM)。
鉄道に関する博物館で、JR東日本創立20周年記念事業のメインプロジェクトとし、さいたま市大成地区に建設。
鉄道博物館 入館ICカード
実は、前にも午後に車で来たのですが、平日にも関わらず、駐車場が満車で博物館前は入場出来ない車で渋滞し諦めた経緯があり、今回はそのようなことがないように開館時間の10時に到着しました。
駐車出来たものの混雑振りは相変わらず。
鉄道博物館 全景鉄道博物館 Suicaシステムを使用しているため、モバイルSuica・PASMOが使用出来ます。
入退館に関しては、JRらしく、駅の改札口が入出口になっており、Suicaシステムを使用しているため、モバイルSuicaPASMOが使用出来ます。
Suicaを持っていない場合、館内専用ICカード貸出機で入館料を支払い、入館ICカード(退館時有人ゲートにて返却)を入手し改札口にタッチして入館。
Suicaを持っている場合、電子チケット販売機で入館料を電子マネーで支払う。
EASYモバイルSuicaで試してみたかったが、チャージされておらず断念!
ヒストリーゾーン 前方ヒストリーゾーン 後方
館内は実物展示車両36両、日本最大の模型鉄道ジオラマHOゲージ、5種類の運転シュミレーター、鉄道の原理や安全、輸送システム等、実物の装置を使った体験学習。
総収蔵品数58万点。

こういった博物館は、マニアの方や、高齢者の方が大半と思っていましたが、子供連れの方が多く、シュミレーターは独占状態。模型鉄道ジオラマHOゲージは約1時間待ちで、ガラス越しの最前席は、幼児・子供用。
日本最大の模型鉄道ジオラマHOゲージ日本最大の模型鉄道ジオラマHOゲージ 左側から全景
泣き叫ぶ声と騒いでる声で、ナレーションがよく聞き取れなかったのが残念でした。

入館料一般が1,000円ですが年間フリーパスは3,000円なので、何回も訪れることがあればフリーパスのほうがお徳、その他特典があるそうです。
車で来る場合、道路標識にそれらしいものが見当たらず辺りを行ったり来たりしてしまった。館内駐車場は、平日でも早めに来ないと、直ぐ満車になるので注意
2F レストラン TD
予想以上の混雑にヘトヘト・・・・
2Fの食堂車を表す車両の略号である TD を店名にしたレストランTDで早めの昼食。
セルフサービススタイルのカジュアルレストラン。
上記写真のMENUは、デリ3点セット税込780円。
それぞれ主菜1品、副菜2品、パン又はごはんから選択、セットドリンクバーは+税込150円。


開館時間 10:00~18:00(入館は17:30迄)
休館日  毎週火曜日及び年末年始
入館料  一般1,000円 小中高生500円 幼児(3歳以上未就学児)200円
駐車料金 一般車500円/日
場 所  埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番
2007/12/03(Mon)16:43
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 Evo Racer  /2007年12月02日(日)
午前中時間があったので、飛行場Dにてファンフライを楽しんできました。
仲間が初飛行であるHOKUSEI MODELEvo Racerを持ってきていた。
HOKUSEI MODEL Evo Racer
大柄な機体に、薄いEPPを使用し、BOX構造。
薄い主翼・動翼には昨日のAlligator同様にカーボンが埋め込まれ強度を出しています。
インドア用の機体らしく、胴体を触るとボヨボヨし、見るからに華奢。
アウトドアで飛ばす機体ではないみたいですが、無風であれば、スローモーションのように飛び、ホバリングも安定し、癒し系と言われるのもうなずけます。
前にHOKUSEI MODELHPで見たような気がしたが、PRODUCT(製品紹介/在庫情報)には、ラインナップされていないようだ。(12月15日での確認)

フライト回数  10回
2007/12/02(Sun)13:44
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 クリスマスイルミネーション  /2007年12月01日(土)
夜になると一際、幻想的な光を放つ場所があります。
幻想的な光を放つ場所
クリスマス時期に点灯すると思っていたら、11月20日頃の約1ヶ月前から点灯しているようだ。
イルミネーション 点灯前イルミネーション 点灯後
クリスマスが近ずくと、混み合って来るので、空いている頃を見はからいジックリ見てきました。去年は人込みの中での撮影だったので落着きませんでしたが、今回は1人だけ!
綺麗だな~ なんて瞑想に耽っていたら、真横に中年の男性がいつの間にか立っていました。
話しかけないとおかしな不陰気だったので、とりあえず
綺麗ですね~ とこちらから話しかけると無表情のままこちらをガン見!
長い沈黙が・・・・

一番嫌なパターン~

綺麗イルミネーションを見ていただけなのに、何で気分をブチ壊されなければならないんだと思いながら、再度相手の顔を見ると、何となくにやけてる?

あれ!

薄明かりの中で気が付かなかったが
御近所さんのRC仲間でした。
幻想的な光を放つ綺麗なイルミネーションの飾り付け

彼の話によると、ここは2番目で、1番の所があるから見に行こう ということになり、その言葉を信じ2人カメラをぶら下げ、徒歩数分にあるその場所に向かいました。
そこは、とある幼稚園で、園内の公園にイルミネーションが飾られていましたが、先程の方が、やはり素晴らしいです。
ガッカリして2人帰路についたのでした。

最近では、一般家庭でもイルミネーションの飾り付けが浸透し、近所同士で競い合いすることもあるらしい!
一度始めると、それを見に来る方がいるため止める分けにもいかず、電気代もLEDを使用し消費電流が少なくなったとしても馬鹿にならない。
又止めたとしても、周りから、景気が悪いのかな~ なんて勝手に思われたりで踏んだり蹴ったり・・・・

他人を喜ばすのって大変だ~
2007/12/01(Sat)21:36
雑記トラックバック(0)コメント(2)
 貰ったんだ~  /2007年12月01日(土)
CARDEN AIRCRAFT JAPANAlligator、何処かで見た機体だと思ったら、前回お会いしたトルクローラ小野が持ってきていた物をヨコ○○さんが機体のみ頂いたそうです。
動翼には通常、スプレーのり&PPテープ貼りが必要ですが、こちらはカーボンを中に埋め込み強度を出し軽量に仕上げ、ESCはあえて胴体の外に出して熱がこもらないよう工夫されていました。
CARDEN AIRCRAFT JAPANのAlligator 小野スペシャル 自作で作られた機体! 何かに似てるな・・・・
ある程度ノウハウが分かれば、材料であるEPPを購入し、好きなデザインで自作することが出来ます。
数年前から飛ばし始めたEPP機ですが、これ程まで進歩し、自由度が広がるとは思いも付きませんでした。

フライト回数  8回
2007/12/01(Sat)15:53
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │