FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 札幌市時計台  /2008年06月19日(木)
札幌市時計台の正式名称は 旧札幌農学校演武場
時計台の愛称で全国に知られている札幌市時計台は、1878(明治11年)年に札幌農学校の演武場として建設され、農学校生徒の兵式訓練や心身を鍛える体育の授業に使う目的で建設され 演武場 と呼ばれました。
札幌市時計台 正面
時計台(旧札幌農学校演武場)は創建当時、現在の時計が付けられてなく、時を告げる小さな鐘楼(しょうろう)のみで、開業式に出席した開拓長官 黒田清隆の発案で、時計の設置が決まりました。
既に造られている小さな鐘楼に時計は設置出来ないことがわかり、建物の大掛りな改修と費用を必要とし、玄関正面部と鐘楼を取り壊し、骨組みを強化して時計を設置。
時計塔アップ!
時計台の時計塔部分が大きくバランスの悪い建物と言われるのは、このような事情によるものですが、現在ではこの姿が多くの人に親しまれています。
時計台は、農学校の一施設として存在しただけではなく1888(明治21年)年に札幌の標準時時計に指定。
1903年(明治36年)に農学校が現在の北海道大学の場所に移転し、1906年(明治39年)には札幌区が買い取り、解体せずに曳屋で現在地に移転。
四面の文字盤は、時計機械から送られた時刻の指示を分配装置で外の4面の文字盤へ伝えいつも同じ時刻を指すようになっています。
鐘は青銅製、高さ:730mm、底面:710mm、重量:約226kg 鉄製の槌(ハンマー)で鐘を打ち時を告げる。
現在は、オフィスビルの谷間に存在するため目立たなく小さく見えるが、高さは時計塔の先端までが約20m(19.825m)あり、現在のビルに換算すると5Fの高さに相当。

流石、時計台は札幌市のシンボルとあって観光客は絶間ない。
札幌市時計台 全景時計台の時計機械
近代化のオフィスビルの中を歩いていると、突然現れるアメリカ合衆国の中・西部の開拓期に多く建てられたバルーンフレーム構造の特徴が見られる建造物。
時代の差があるのに、妙に違和感がないのが不思議!
昔ラーメンのCM等で時計台のアップをやたら見ていたことでかも知れない。

札幌市時計台
観覧料:大人200円(中学生以下は無料)
開館時間: 8:45~17:10(入館は17時迄)
休館日:6月~10月第4月曜日、第4月曜日が祝日の
場合は翌日
11月~5月毎週月曜日、月曜日が祝日の場合は翌日
所在地:札幌市中央区北1条西2丁目
電話:011-231-0838
スポンサーサイト



2008/06/19(Thu)19:37
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 さっぽろテレビ塔  /2008年06月19日(木)
札幌市街の中心に東西に延びる大通公園の東端、
市街地南北に流れる創成川横に、札幌におけるTV・FM等電波発信・受信及び札幌市内観光を目的に建設され高さ147.2m(地上からアンテナ先迄)の鉄塔で出来ている。
さっぽろテレビ塔 正面
着工日1956年(昭和31年)6月、工事費用:開業日は1957年(昭和32年)8月24日。
工事費用は当時(昭和31年頃、ラーメン一杯が40円の時代)の費用で1億7千万円、現在の約50億円。

展望台へは3Fからエレベーターで約60秒。
展望台からは、札幌市内を360度見渡せ、天候さえ良ければ札幌市を取り巻く山々や海迄が見渡せるそうです。
さっぽろテレビ塔 展望台
当日は、今にも雨が降り出しそうな空模様で薄暗く、辛うじて大通公園先に大倉山ジャンプ競技場を見ることが出来ました。
展望台より大通公園展望台より辛うじて大通公園先に大倉山ジャンプ競技場が見える。
2007年(平成19年)8月 開業50周年を機に建替の検討をしているとか・・・・
確かに東京タワーもそうだが、エレベーターで展望台に向かう途中で見える鉄骨は素人目にも老朽化が進んでいるのが分かる。

さっぽろテレビ塔
展望台料金:大人700円 高校生600円 中学生400円
小学生300円
(学校割引・身障者割引・高齢者割引あり)
定休日:不定休
営業時間:4/1~4/30 9:30~22:00
5/1~10/31 9:00~22:00
11/1~3/31 9:30~21:30
(イベント等によって営業時間の変更あり)
所在地:札幌市中央区大通西1丁目
電話:011-241-1131
2008/06/19(Thu)18:34
探訪記トラックバック(0)コメント(2)
 札幌ら~めん共和国  /2008年06月19日(木)
札幌駅前の商業施設 JR TOWERのESTA(エスタ)10Fのレストラン街一角に、2004年(平成16年)10月1日に北海道ラーメンのフードテーマパークとして 札幌ら~めん共和国 がオープン!
札幌ら~めん共和国 入口
こちらは、札幌を中心に、道内各地から選ばれた実力のある地元有名なラーメン店 8軒が顔を揃える
ほとんどが、札幌初出店・初支店のラーメン店であり、
施設内には名店のラーメンを取り揃える他、お土産ショップも併設し、昭和20年代の町並みを忠実に再現しレトロ感を漂わせる。
昭和20年代の町並みを忠実に再現!
新横浜ラーメン博物館の小型バージョンな感じ・・・・

若ければ8軒のラーメンを食してみたいものだが、食も細くなり無理も出来ないので、各店メニューの一覧写真からサッパリ感のあった 初代 を選んだ。
町並みだけでなく、テーブルやイスも周りにあわせて昭和初期を感じさせる。
塩ラーメン820円・醤油ラーメン780円を注文!
初代 醤油ラーメン初代 塩ラーメン
どちらも麺は少し太いようで透明感があり、スープは透明感がありサッパリ系かと思いきやこってり感があるがしつこくなく、香りも良い納得出来る味でした。


08年6月現時点での参加ラーメン店とイチオシメニュー!

麺処 白樺山荘
みそラーメン780円
ラーメンのカタにはまってない自由な発想。パンチのある味噌ラーメンは特に定評があり、こってり系ファン必食の一杯。

元祖カレーラーメン 苫小牧味の大王
元祖カレーラーメン750円
味噌、醤油、塩に次ぐ第4の味。カレーラーメンは、苫小牧・味の大王が発祥。

初代
札幌ら~めん共和国 初代
醤油ラーメン780円
マスコミにも数多く取り上げられ、その知名度はすでに全国区の小樽・初代。
味の決め手はトン骨、鶏ガラ、煮干し、昆布、数種類の野菜を約半日かけて煮込み、さらにそれを一晩寝かせて使用するスープ。

札幌味噌ラーメン専門店 けやき
味噌ラーメン850円
1999年のオープン以来、行列の絶えないみそラーメン専門店。
3種類のみそに野菜の甘みをプラスした味噌ダレはキレがあって、まろやかでツヤがあり、それでいて深いコク。

さっぽろ大心
本場みそラーメン750円
3世代にも及ぶ常連客に支持されてきた大心の味噌ラーメン。
技と経験が凝縮し高熟成された味噌ダレは深いコクがあるのに繊細な仕上がり。

函館塩ラーメン専門店 えん楽
函館塩ラーメン720円
函館をはじめとする4つの道南有力ラーメン店・店主が、伝統ある塩ラーメンの文化を守るべく新ブランド。麺は道産小麦「春よ恋」100%使用。

富良野とみ川
石挽き中華そば850円
地域地域の恵みを活かしてこその食、という店主の強い意思から富良野や道内の優れた地産物をふんだんに使用。

元祖旭川ラーメン 梅光軒
特選醤油ラーメン800円
トンコツ主体の動物系、昆布、煮干し等の魚介系のダブルスープに野菜の旨味を加えた、全国有名ラーメンご当地”旭川”を代表する名店。


札幌ら~めん共和国
入場料:無料
定休日:年中無休
営業時間:11:00~22:00
住所:札幌市中央区北5条西2丁目1番地
ESTA(札幌エスタ)10F
電話:011-209-5031
2008/06/19(Thu)13:36
食事トラックバック(0)コメント(0)
 北海道・札幌(2日目)  /2008年06月19日(木)
外気24.7℃ 湿度57%
本日の予定
・宿泊先→札幌ラーメン共和国→札幌市時計台→さっぽろテレビ塔→大通公園→北海道庁旧本庁舎→小樽駅→新千歳空港→東京国際空港(羽田空港)。
今日は、15時位より雨との予報なのでなので慌ただしい観光となった。

札幌に来てラーメンを食べないのも何だし!
本来なら雑誌等で取り上げられているラーメンショップで味わいたい所ですが、天気も曇空、今にも雨が降ってきそうな空模様のため、札幌駅ビル内 JR TOWERのESTA(エスタ)10Fにレストラン街があり 札幌ら~めん共和国blog参照)なるものがあり、道内各地から選ばれた地元有名な実力のある8店舗が出店。
各店のメニュー写真からサッパリした感じの 初代
塩ラーメン を昼食に摂る。
初代 で 塩ラーメン

子供の頃からCMで見ていた 札幌市時計台blog参照)。
やっと現物を目の前にして見ることが!
札幌市時計台 正面
TVでは時計塔のアップばかり強調され建物自体がビルの谷間にあり小さく見えましたが、時計塔先端までの高さが約20mもあり、他のビルと引けを取らない存在感がそこにはありました。

札幌市の中心部を東西に横切る大通公園東端にある
さっぽろテレビ塔blog参照)。
大通公園東端にある  さっぽろテレビ塔
地上90.38mの展望台へは3Fよりエレベーターで約60秒。眼下には地上ではよく分からなかった、大通公園を一直線に見渡すことが出来た。

大通公園から数分の所に 赤れんが庁舎 とも呼ばれる
北海道庁旧本庁舎 は、1888年(明治21年)デザインがアメリカ風のネオ・バロック様式で、かつて北海道庁の本庁舎として建築。
赤れんが庁舎 とも呼ばれる 北海道庁旧本庁舎
一般公開(無料)しており、1F正面ホールより2Fに上がる3連アーチが洋風建築の特徴を出し、2Fには歴代の長官や知事が執務した記念室があり、天井からぶら下がるシャンデリアが創建時の面影を残していた。
歴代の長官や知事が執務した記念室1F正面ホールより2Fに上がる3連アーチが洋風建築の特徴
駅周辺を歩いているとタンポポの綿毛付きの種子の様なものが風に乗って空に舞っており、何回か口に入らないよう手で払いのけることがあった。
後で分かったことだが、それは北海道大学にあるポプラ並木から飛来していたものだった!

駅に向かう途中、大粒の雨がパラパラ降ってきたので札幌観光も終わりにして小樽駅より帰路に着いた。
小樽駅→新千歳空港(JR快速エアポート指定席+300円利用)間は平日と言えども混み合うので出勤・帰宅時間を避け早めに空港へ向かう。

今回一泊二日の北海道の旅(小樽・札幌)は強行に見えましたが、スポットが集中しており時間を持て余す程の余裕があり、初めてでも多数ある観光案内所を利用すれば親切に対応してくれ、パンフレットやマップも充実し戸惑うことは特にありませんでした。
広い北海道は1回では見て回ることは難しく時間と暇もありません!
チャンスがあれば違う場所に何回かに分けて行ってみたいものです。
2008/06/19(Thu)10:34
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │