カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 竹田製麺所  /2008年07月09日(水)
吉祥寺に行ってはいつも気になるお店。
TVでもたまに紹介されている麺類製造・卸・小売の麺専店
竹田製麺所
麺類製造・卸・小売の麺専店の竹田製麺所
麺だけでもラーメン・中華麺・そば・うどん・やきそば・揚げ麺・
餃子の皮等品数は豊富
麺だけかと思ったら、それに使うスープまで色々と揃って
おり選ぶのが大変!
ラーメンが好きなので、店員の方にお勧めの取合せを教えてもらい数点購入。

塩ラーメン用に
生平手もみ中華麺本場味自慢 秘伝 しお味のスープ。
生平手もみ中華麺 と本場味自慢 秘伝 しお味のスープ。

しょうゆラーメン用に
生ちぢれ中華麺横浜中華スープかくし味スパイス
生ちぢれ中華麺 と横浜中華スープにかくし味スパイス。
外人さんにも人気があるのか数人見えていました。

早速、塩ラーメンを作って食べてみるとこれが中々美味しい
札幌のラーメンの味が・・・・
先月行った札幌のラーメンの味が・・・・
スポンサーサイト
2008/07/09(Wed)15:15
食事トラックバック(0)コメント(0)
 井の頭自然文化園  /2008年07月09日(水)
井の頭自然文化園は、井の頭恩賜公園の一角にあり
本園の都立動物園は、1942年(昭和17年)5月17日に
開園。
吉祥寺通り(公園通り)を挟み1936年(昭和11年)に
開園した水生物館(日本初の淡水魚専門水族館)の分園
とで構成されている。
アジアゾウ  はな子
本園には園内で飼育期間の最も長いアジア象の はな子
去年に還暦(60歳)を迎え、今年で61歳になりましたが、
元気に歩き回る姿を見せてくれました。
はな子 の手入れをする係員  下1本だけとなり、自由に物を食べられない はな子 のため特別な食事を作ってもらう。
歳と共にしだいに歯も抜け、1985年(昭和62年)には
左下1本だけとなり、自由に物を食べられない はな子 の
ため特別な食事を作ってもらいバナナやリンゴを磨り潰した
流動食で3トンの体を維持しているそうです。
健康管理のため観覧時間は16:30迄

リスの小径(こみち)9:30~16:30
体長18~22cm、尾長15~17cm、体重200~310gの
沢山のニホンリスが放し飼いされており足下を横切ったり、
発達した前歯でかたいクルミの殻を割り、食べる姿が
間近で見れます。
ニホンリスが放し飼いされており足下に近づいてくる。  発達した前歯でかたいクルミの殻を割り食べる姿が見れます。
1匹だけ私の足下に来て、発達した前歯で靴紐や、Tシャツ
を引っ張ったりする姿は可愛く感じましたが、あまり近づいて
来ても鋭い歯で噛み付かれるのではないかと
怖さも感じました。

こちらは動物園だけではなく、奥の玉川上水側には
彫刻園があり、彫刻家 北村西望が1953年(昭和28年)
井の頭公園の土地を借用・建設し長崎の平和祈念像の製作
に使ったアトリエ館彫刻館A館には、原形の平和記念像
鎮座し、その大きさと迫力に圧倒されます。
彫刻館A館には、原形の平和記念像が鎮座。  長崎の平和祈念像の製作に使ったアトリエ館。
高校の九州修学旅行で見た、平和記念像が、原型とはいえ
こんな近くで見れるとは・・・・
9:30~16:30

童心居 9:30~16:00
赤い靴 シャボン玉等の童謡を作詞した野口雨情の旧書斎
を移築し、その後改築を経て一般に公開。
1924年(大正13年)吉祥寺に居を定め、書斎を 童心居 と
称し、1945年(昭和20年)没後、人手に渡ったが、その後
雨情会に寄贈され、1958年(昭和33年)8月東京都に寄付
され1959年(昭和34年)11月1日武蔵野の面影深いこの地
に移築。
茶室のような木造家屋で、木々に囲まれ風情のある空間・・・・  反響した水音の音色を楽しむ
茶室のような木造家屋で、木々に囲まれ風情のある空間に、
整備の行きとどいた庭には水琴窟があり、つくばい(手洗鉢)
の水を自由に流すことで反響した水音の音色を楽しむことが
出来ます。
この童心居は和室8畳で茶会等に利用可能。
半年前から予約可能で4時間単位 2,100円
(入園料別途、飲食不可)。

------井の頭自然文化園------
入園料:大人400円 中学生150円 65歳以上200円
年間パスポート 一般1,600円(購入日から1年間有効)
(障害者手帳・愛の手帳・療育手帳持参者と付添1名無料)
開園時間:0930~17:00(入園は16:00迄)
無料公開日:みどりの日(5月4日)開園記念日(5月17日)
都民の日(10月1日)
休園日:毎週月曜日(祝日・都民の日に当たる翌日)
所在地:武蔵野市御殿山1-17-6
電話:0422-46-1100
2008/07/09(Wed)14:49
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │