FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 吊り下げへ  /2008年08月29日(金)
前回、両方のペダルが出来上がったので、これを吊り下げ式
にするため、フレームの作り直し。
GT FORCE pro 純正の2ペダル 床置き FREX 2ペダルキット 吊り下げ
基本部分はそのままに、足下周りの変更を・・・・
アイデア自体、勤務中にデスクの上で考えていましたが、
実際は、現物合わせであれこれ工夫していたら何となく出来てしまいました。
形は出来ても、肝心のアクセルとブレーキの電気信号を上手く範囲内に収める調整が難しい~
前も、他社メーカーペダルで苦労し、結局諦めて廃棄してしまいました。
ただ、今回に限っては、構造がしっかりして、ストッパーや
リンケージも考えられておりこれは何とかなると~。
可変抵抗には、通常の物から無接点の
HallMagPOT(ホールマグポット)を使ってみました。
HallMagPOT・PowerJUMPER・WiringHallMagA
普通の抵抗は軸を回転させるとある範囲で回らなく
なりますがマグポットは止まる所がなくエンドレス。
回転も軽く、小型軽量。
但しこれを使う場合は、別にPowerJUMPERWiringHallMagAがそれぞれ必要。
リンケージは、RCパーツに使われる物と似ており、精度を上げるのであればスタント飛行機のベアリング入りリンクを
使うのも手かもしれない!
ペダルの可動範囲を決めてから、調整に入る。
実際、ゲームを動かし、アクセルをとブレーキが追従するよう
リンクの長さ、取り付け位置を微妙に変更し1時間位で、
調整完了!
今度は実際、ゲームをプレーしペダルの踏込み量や
効き具合を確認。
気になった所は、ブレーキペダルを放したときに、ストッパーのキャップボルトがアルミ製のアーム箇所に当たりコツコツと
音がするのが気になります。
プレー中に思わず力が入りペダルを思いっきり踏み込むことも考えられるので、傷や凹みも想定し、その箇所にゴム板を貼り付け少しでも衝撃を緩和させることにした。
スポンサーサイト



2008/08/29(Fri)13:39
ゲームトラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │