カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 HK2221-6V2  /2008年11月29日(土)
V2の練習を始めたことで、久々に電動ヘリのサイトを巡回
していたら良さそうなモーターがあったので交換してみることにしました。
今迄のZ-Power Z10Ablog)で不具合やパワー不足があったということではないですが、高い操縦性とパフォーマンスの良さで多くのヘリフライヤーから評判が良いらしく、Z10A 同様、放熱も良さそうだしどんな物か換装して見ました。
Scorpion HK2221-6V2 High-RPM Outrunner(4400kv) Z-Power Z10A(Z450)(3300KV)と比較
なんとブリキの箱に入ったScorpion HK2221-6V2
とても綺麗で丁寧な造り、しかも2.5mmオス金コネクターが半田済みで、メス金コネクターも同梱。
しかし、こちらとしては3.5mmゴールド・ミニプラグで統一しているので半田の直しを・・・・

取付にあたっては、ネジ径が3mmと大きくマウント径を若干削る必要があった。
しかも、ワイヤーの取り出し位置の関係で、今迄のESC取付位置だと長さが届かないため、折角決めたESCの位置を反対側に変更することになり、それに伴ない配線周りの見直しも必要となって時間が掛かってしまった。
ピニオンギアは推奨の11Tをセット。

今迄のモーターと違い、外寸があるためBottom Plateの穴からケーシングが少しはみ出す所は力強そう~

名前の通りサソリのマークが不気味ですが何か秘めた力を
持っていそうで期待感が・・・・

------------------交換部品------------------
Scorpion
HK2221-6V2 High-RPM Outrunner(4400kv)
シャフト径:3.17mm
外 寸:27.9mmx33.6mm
最大連続電流:52A
最大連続電力:525W
重 量:79g

Z-Power
Z10A(Z450)(3300KV)
シャフト径:3.17mm
外 寸:28.0x32.5mm
重量:58g

HYPERION
HP-PIN0532-11
JP Steel Pinion, Mod 0.5, ID 3.2mm, 11T
スポンサーサイト
2008/11/29(Sat)17:20
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 Lipo入替時期  /2008年11月29日(土)
外気11.6℃ 湿度59.7% 風速0.6m/s(晴)
現在使用中のLipoを再チェック!
V2を始めた頃、ノーマルのESCを他社(blog)に変更して
から比較的安定し、練習に専念することが出来ました。
その後、パワーダウンによる現象に悩まされ、あれこれと
パーツを交換して克服したつもりでしたが、中々原因が突き止められないでいたのです。

そこで前回より、現在使用中のLipoを再チェック!

飛行前にはCellMeter-8blog)を購入し充電状態を確認していますが、バランス良く充電できていても、実際使用して
みると放電能力が落ちていたりで、あくまでも目安として使うしかないみたいです。
そんな事で、満充電の全Lipoを指定時間内、1m位の高さで
ホバリングを延々と続けると一時的にモーターが ガッガッ と
停止し再び回転を盛り返す物が4個出てきました。

購入年月日を確認すると約1年前の物から6ヶ月前と様々。
このLipoは印を付け地上でのモーター回転及びピッチ調整用に使用。

飛行機と違い、上空でモーターが止まったら墜落は免れません!

見た目の綺麗さと購入日の年数が経っていないものだと、まだ大丈夫と決めてしまいがちですが、怪しいと思ったら放電能力の良否を確認し、順次新品と入替をしていかなければと思いました。

一気にLipoの入替時期がやって来たのかも

フライト回数 13回
2008/11/29(Sat)12:37
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 生八ツ橋  /2008年11月28日(金)
紅葉の時期は、TVで必ずといって良いほど京都・奈良の旅
番組で見事な紅葉が、バックに映し出されています。
中学生の修学旅行以来ですが、ぜひともまた行って見たい場所です。
しかし、紅葉時期は寒い・混む・ツアー料金も高いとくれば、気持ちも揺らいでしまいTVで我慢するか~ となってしまいます。

中学生の修学旅行で、家族に御土産として買ったものに
つぶあん入りの生八ツ橋でした。

偶然にも、京都旅行から帰って来た知り合いより聖護院八ツ橋総本店の生八ツ橋を頂いたので早速箱を開けると!
聖護院八ツ橋総本店の生八ツ橋
昔ながらのニッキ以外に抹茶黒胡麻のつぶあん入り
生八ツ橋が入っていました。
現在は色々な種類があるのですね~

聖護院八ツ橋総本店は京都を代表する銘菓としての八ツ橋を作り続けており、元禄2年(1689年)に聖護院の地に起り 玄鶴堂 の屋号が始まり、以来316年以上の間、京都を代表する銘菓としての八ツ橋を作り続けている老舗。

やはりニッキの香りが懐かしく、ワンタンのような皮の食感が絶妙!
黒胡麻が見た目、真っ黒でイカ墨のようですが、味はシッカリしておりこれが一番美味しく感じました。
2008/11/28(Fri)14:41
食事トラックバック(0)コメント(0)
 ESC位置変更  /2008年11月26日(水)
外気13.9℃ 湿度41.5% 風速1.8m/s(晴)
再開したV2の練習ですが、ESCの調子が悪く20日(木)と
同様にLipoを接続するとセットアップモードとは違うビープ音が鳴り続けスタンバイ出来ません
原因不明で、この状態でEmeter(blog)を接続しても認識せずプログラムできない状態になるが、何回か繰返していると
いつの間にか、ビープ音がなくなり、その後、Emeterを接続
するとプログラム可能となります。
前にもこのような現象がありメーカーに問い合わせした所、
エンドポイントが十分低いか確認するようにとの事でしたが
設定はそのままだし、プログラム内容にも問題ありません!
不思議なことに、この現象が収まるとは二度と現れることがないのです。
たぶんこちらの操作ミスによるものと思います。
ESC位置変更
ESCの位置を若干後方に移動
メインギアに干渉することを恐れ、前方に取り付け、尚そこにヒートシンクを付けたのでキャノピーを大幅にカットしましたが、それでも当ってしまい歪んだ状態になり、外れてしまうこと数回あり。
色々と考え、メインギアの真下に付近に移動した所、キャノピーとの干渉もなく、見栄え良くなり、トリムの調製やメインギヤの干渉もなく、暫らくこの使用で様子を見ることにしました。

前回、Lipoのパワーダウンが何回も見られましたが、充放電
を繰返しているうちに、飛行中のオートカットが見られなくなりました。
使っているうちに、多少元気を取り戻したのかもしれませんが今ひとつ信用できないので、思い切った上空での練習は避け
低空での全方向ホバリングを延々と練習。

フライト回数 13回
2008/11/26(Wed)13:30
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 イルミネーション点灯  /2008年11月23日(日)
クリスマス1ヶ月前より幻想的なイルミネーションが点灯する場所は、22日(土)より始まったみたい!
イルミネーション点灯
そろそろだろうな~ とその場所を通りますが
20日(木)確認では、点灯していなかったので今年は色々な意味で不景気だし、行われないのかなと他人事ながら心配してしいましたが・・・・

点灯した直後は、そこを通り道にしている人ぐらいしか
気が付いていないので、普段人通りの少なく静かな住宅街にに、突如イルミネーションが見える所がなんともいえません!

日が経つにつれ、話が伝わって込み合ってくると路上には
駐車する車が増え、先日はミニパトが暫らく監視していた。

それと去年のように(blog)御近所さんとバッタリ会わないよう早めに見学して来ました。

華やかなイルミネーションが点灯する奥まった小道の中に
立っているといつの間にか時間が経ってしまう
ひときわ綺麗なランプ 眠っているサンタと雪ダルマ
小さな色とりどりの電球・LEDは気持ちを癒してくれる何か不思議な力があるようでなりません!
そんな事もあり、この時期になると必ず足を運ばなければならない恒例の行事になってしまったようです。

こちらも、そろそろレトロツリーblog)でも準備するか!

省エネなのか早朝5時確認では消灯されていた。
2008/11/23(Sun)20:02
日記トラックバック(0)コメント(0)
 久々のV2  /2008年11月20日(木)
外気8.5℃ 湿度36.0% 風速2.7m/s(晴)
V2(電動ヘリ)の練習に行ってきました!
富士山が良く見えました。
7月頃には3時起床で飛行場に行っていたのだから気合い入ってましたね~
今日は5時起床ですが、久々の早起きは辛いものです。
Blogで確認すると7月23日(blog)にV2を飛ばしたのが最後なので、約3ヶ月ぶり。
基本でもあるホバリングを忘れてしまったのではないかと不安でしたが、指の動きは徐々に感を取り戻してきました。
今日は、無理をせず基本となるホバリングと8の字をメインに
練習をすることにした。
飛行場Dは今回、初めての場所で広さが若干狭く、直ぐ横には車道があり落ち着きません!

ホバリング中、中年の女性が近づいてきたので注意される
かと覚悟していたら、

自由自在に飛ばせるなんて楽しいですね~

と声を掛けてきました。

V2や送信機に関して値段等を詳しく聞きに来たので驚き!

この女性が興味あるのかと思っていましたが、帰る方向を見ると御主人らしき人が居たので、どうも奥さんに聞きに来させたようです。
久々の電動ヘリコプター
最後のフライトで我慢出来ず、後転フリップを1回だけ行ってみると、パワーダウンがひどく、背面になった時、モーター音が小さくなりググッと下がり墜落しそうになりましたが、正面に戻る途中パワーを盛り返し何とか生還。
対面ホバリング中では、一時的にモーターが ガッガッ と止まりそうになり一瞬姿勢を崩す場面もあった。

Lipo3ヶ月前に充電した物を使用したのが原因か・・・・

2・3Fで終わらす予定が気が付けば全Lipoを消化。

久々にRC仲間とお会いしたが、昔のままで話も直ぐ打ち
解ける。
何かまたRC病が出てきたようです。
また再開することにしよう!


フライト回数 13回
2008/11/20(Thu)12:15
ラジコントラックバック(0)コメント(2)
 新幹線資料館  /2008年11月19日(水)
1964年(昭和39年)の東海道新幹線開業から44年。
かつて夢の超特急とも呼ばれた初代新幹線0系が、新型
車両との世代交代が進み11月30日(日)で営業運転を終了することになりました。
新幹線に乗る機会など殆どない僕にとって、ひかり こだま と聞いて頭に浮かぶのは、現在の空気抵抗を極力少なくしたノーズの長い形より丸形の0系です。
戦後の復興を象徴し、高度成長期を駆け抜けた 夢の超特急 は、昭和の人間にとって、共に歩んできた歴史の一部であり寂しい感じがして、出来ることなら最後に乗車してみたい所ですが、12月6日・13日・14日に行われる ひかり号 として
0系さよなら運転 はかなり人気のようです。
そんなことで鉄道博物館(blog)にでも行ってみようかと思いましたが、あの混雑は味わいたくないなと思っていた所、以外にも東京都で展示車両があることを知りました。

ひかりプラザに近づくと、建物横にいきなり新幹線が~
951-1形の新幹線試作電車
この車両は、951-1形の新幹線試作電車で1969年(昭和44年)に2両(2両で1ユニット)製造され、高速運転に対する各種の貴重なデータ収集や新技術を採用した基礎研究、車両性能試験を行いその後の性能向上を目的とした250km/h運転走行の技術開発車両。
しかも1972年(昭和47年)2月24日に開通前の山陽新幹線新 姫路~相生間で、電車運転速度286km/h世界最高記録を樹立した記念すべき車両でした。
電車運転速度286km/hの世界最高記録を樹立した記念すべき車両
その時使用された台車は、バネ下重量を特別軽くするため、
車輪を中空軸とし、ディスクを跳ね上げたDT9012という台車を用意、この技術が評価され機械学会賞に輝く。

--- 951-1形 新幹線試作電車スペック ---
寸法:全長25.1m・高さ4.0m・幅3.4m・重量60t
車体:軽量化を図るため軽合金を使用。ボディマウント方式
速度制御:速度指令方式(運転手の指示による自動制御)
ブレーキ:うず電流ブレーキ(レールに電磁石を近付け、ブレーキ効果を生み出す方式で空転、滑走が少ない)
車輪径:919mmから1,000mmへ改造し、走行ブレーキ
機構の安定を図る。

入口より前方車両に入り、階段を上がると転げ落ちたら怪我でもしそうな高い所に運転席があります。
運転席 運転席の計器類
スピードメーターは懐かしのアナログで300km/hまで刻まれていました。
速度レバーには0から20目盛刻みで300迄表示。
スピードメーターは懐かしのアナログで300km/hまで刻まれていました。 速度レバーには0から20目盛刻みで300迄表示
コントロールパネルにはプレーカーやスナップSW類で囲まれる感じで、やはり古さを感じます。
今から39年前のもので仕方のないことですが、現物を見る限りでは200km/h以上の速度を出す車両なのに、運転席が貧弱。

縦揺れがあるのか椅子の下にはサスペンションが見える。
技術開発車両なので、実際に営業運転している車両とは運転席も異なるのかもしれません!
他の場所で電車の運転席を見たことがありますが、これだけ間近にハンドルやSW類を自由に動かせる場所は他にないのではと思いました。

車両内は前進方向通路左半分に2座席シート3列、その前方にパネルやビデオ、後方に模型鉄道ジオラマがありボタンで操作が出来る。
車両内は前進方向通路左半分に2座席シート3列 模型鉄道ジオラマ
右半分に60kgレール締結装置・すり板や世界最高記録のパネル等が整然とケース内に並べられており狭い場所ながら、新幹線の歴史を分かりやすく紹介。
ちなみに、この建物前にある鉄道総合技術研究所の所在地が昔、平兵衛新田という地名で、東海道新幹線ひかりの基礎研究が行われていたことに由来し、新幹線 ひかり にあやかって国分寺光町に町名変更されたのが何ともユニーク!
当日の入場者は私1人でしたが、これから見学者が増えるかもしれませんね!

◎新幹線資料館の経緯
1991年(平成3年)12月7日(土)
財団法人鉄道総合技術研究所(以下総研)より、塗装仕立ての試験電車951-1形を国分寺市に無償譲渡される。
12月7日(土)~1994年(平成6年)5月31日迄
無償で総研構内に保管を依頼。
1994年(平成6年)5月30日(月)
総研構内よりひかりプラザ敷地内に移動し据付作業完了。
輸送には平成6年5月29日(日)9:00より準備に取り掛かり
平成6年5月30日(月)8:00に終了。
平成6年5月10日(火)~9月30日(金)
この間、車両内外の不要物を撤去し、パネル・模型・ビデオ等で新幹線の歴史を紹介出来るように新幹線資料館として
改修。
平成6年11月11日(金)
新幹線資料館としてオープンし現在に至る。

------新幹線資料館------
入場料:無料
所在地:東京都国分寺市光町1-46-8(ひかりプラザ 屋外)
開館時間:10:00~16:30
休館日:第2・4月曜日
駐車場:ひかりプラザ地下(台数少量)
電 話:0425-73-4370
(国分寺市教育委員会学校教育部指導室教育センター)
ひかりプラザ使用の場合、受付で引換コインを渡され駐車代は無料になる。
※ひかりプラザ内受付で、利用することを告げないと車両内に入れても空調やビデオが動いていない場合あり。
2008/11/19(Wed)15:28
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 レイアウト変更  /2008年11月13日(木)
悪戦苦闘したパドルシフトも何とか出来上がり、形になってきたので、仮設で取付けていユニットをシッカリ設置し、前回製作したメーターフードblog)をCOCKPITに被せると良い感じです。
081113-01.jpg
パドルシフトをメインで使用することで、シーケンシャルシフトのノブに間違って手が行かないよう撤去し、サイドブレーキの前方に、コントローラーBOXblog)を配置することで囲まれている雰囲気が増し実車COCKPITに近づいて来た!
サイドブレーキを移動することで、COCKPIT のフレームを
一部手直し!
シーケンシャルシフトとサイドブレーキ シーケンシャルシフトを外しサイドブレーキのみとなる。
こうなるとサイドブレーキのレバー角度を通常の斜めから直角近くに変更しWRカーの雰囲気を・・・・
レバーの長さが短いので実車のように長くするか検討中。
パドルシフトプロト3の段階で数日間テストを繰り返し、不具合箇所を探しましたが、素人工作の割りにシフトミスもなく確実な動作をしてくれるので、このユニットを使用し、様子を見ることにしました。
新アイデアや良い材料があったときは作り直して見たいと
思います。
パドルの形状は、WRカーの映像を参考に、自分なりに考え
たものですが、重量増を考慮すると若干小さめになってしま
いましたが操作性に問題なし!
もっともステアリング自体、小径が付いているので丁度
良いと思います。
表面処理は、アルミ地でもいいのですが、薄いゴム板か
カーボンシートを貼るか、これも検討中。
2008/11/13(Thu)16:34
ゲームトラックバック(0)コメント(2)
 プロト3  /2008年11月10日(月)
再度パドルシフトユニットの機構を見直しして、微調整。
パドルの面取りをし、ロットに固定するナットを少しでも軽量化するため薄型に変更!
プロトタイプ 3
どうもパドルの重さがネックで、軽く仕上げないとその重さの反動でシフトミスが出ることが分かりました。
プラスチック製も考えましたが、微妙に曲げたりしなければならないので、アルミ板に拘りました。

COCKPITに取付、テスト走行。

シフトの跳ね返りもなくチェンジミスはなくなりましたが、シフトアップの際、指の動きが慣れないことで続けて(連続)シフトしてしまうミスが目立ちました。
シフトダウンは、指の第二関節辺りでコツコツと押すような感じで慣れてくると気持ち良く操作出来るようになりましが、
本気モードで走ると、緊張からか、シフトアップとダウンの操作を逆に行ったり、シーケンシャルシフトに手を伸ばしたりで、頭の中のイメージと手の動きがまだ完全にシンクロ出来ていないようです。

ここまで来れば何とか形になってきた・・・・
2008/11/10(Mon)16:49
ゲームトラックバック(0)コメント(0)
 プロト2  /2008年11月09日(日)
製作したアルミ製のパドルをアームに取付てゲームを動かし動作確認をしてみたところ、前回ロッドのみのテストでは、問題ありませんでしたが、パドルを取付けたことで多少重量増となり、シフトの戻りが悪くなりました。
又パドルの角度、ロッドの角度と色々な箇所で微調整が必要となり、パドルシフトユニットの全面的な見直しを!
プロトタイプ 2
ガタを極力少なくし、パドルを放したとき、跳ね返りでチェンジが戻らないようスプリングで押さえたり、リミットSWの変更・SW位置を支点側に変更したことでプロトタイプ1より確りした作りになりました。

パドルの形状は試行錯誤で製作し、試作段階なので角の
バリ取りが出来ていなかったためにレーシンググローブが
引っかかりシフトミスすることがあった。
この辺は後日、若干の形状変更と面取りを行い、軽く仕上げる予定。

本気モードで走るには、パドルシフト操作の練習が多少必要かもしれません。

ゲームスタート時、カウントダウンでは、長年の癖で思わず
シーケンシャルシフトのノブに手が行ってしまう・・・・
2008/11/09(Sun)13:41
ゲームトラックバック(0)コメント(0)
 プロト1  /2008年11月06日(木)
パドルシフトのアーム部はアルミ棒を使いましたが、強度的な事や加工を考えると10mm近くなり太くなって見栄えが悪くなりました。
支点となる箇所に穴を空けると強度も弱く何本か曲げてしまうことがあり、材料を変更し今度は鉄棒6mmを使用。
プロトタイプ  1    イメージ通りのプロトタイプが出来上りました。
数日前より考えていたイメージ通りのプロトタイプが出来上りました。
パドルシフト本体の機構は、複雑化せず簡素化。
何より、頻繁に動かす機構は単純が一番!
製作してみて、実車の機構はコンパクトに出来ていることに驚かされる。
プロの製作といえ、走行中の車内は振動も半端な物ではないはずだし、シフトミスも許されない環境の中、どのような機構になっているのか見てみたいものです。

不要になった手持ちの材料で何とか形にはなりましたが
アーム上下にガタが出てしまった。
テストのため、アームのみのユニットをCOCKPITに装着。

実際ゲームを動かし操作してみると、不具合もなくシッカリ
としたシフトアップ・ダウンが確実に出来ました。
パドルがないことで慣れが必要でしたが、ステアリングから
ほとんど手を離さずチェンジ出来るのは予想以上に快適

また、実車映像で見るパドルシフト操作は実際はどんなものか想像出来ませんでしたが、なるほど! とうなずいてしまいます。

しばし、その快適さから、数時間ゲームに没頭!
2008/11/06(Thu)15:34
ゲームトラックバック(0)コメント(0)
 Coke Glass  /2008年11月05日(水)
10月31日(金)よりマクドナルドにてバリューセットに、
LサイズのドリンクとLサイズのマックフライドポテトを注文
すると、コカ・コーラ社オリジナルグラスの Coke Glass
(カラー グリーン・ブルー・ピンクの3種類)が1個プレゼント
Coke Glass キャンペーンが始まりました。
Coke Glass キャンペーン
 Coke Glass キャンペーンは、1955年より50年以上に
わたり世界118ヶ国で協働するマクドナルド社とコカ・コーラ社の強いパートナーシップにより誕生したもので、2004年にフランスで始まって以来、大好評を受け日本でも実現。

数量限定となるとじっとしていられなくなり早速マックへ!
実は今回で2回目。
1回目に、2人分注文してB(ブルー)とP(ピンク)。
なるほど、色がかち合わないようにしてくれてるんだ~
3人分を注文すれば1回で、G(グリーン)・B・Pと全色揃うのかなとも思いました。
しかし、この不景気、無駄な買い物はいけません!
そこで、1回目と同じく再度2人分注文。
ドライブスルーだったので、帰宅途中の信号待ちで色を
確認するため、中身を・・・・ん?
確かにバリューセット・L・Lを注文したのに入っていない!
直ぐ戻り、ドライブスルーの窓口で Coke Glass が入っていなかったことを告げると、その中年女性は 
アッ!
スイマセン・・・・・

入れ忘れなのか、この店舗の方針なのか分りませんが、
期間中、バリューセット・L・Lを注文する方はたいがい
Coke Glass 目当てで来てるのが本音なのだから、
入れ忘れなんて言語道断
気の弱い方でしたら、入ってなかったか~  なんて諦めてしまう。

そんなことで、慌てて持ってきた Coke Glass 箱裏面に
P(ピンク)印が2個。
入れ忘れで戻ってきた揚げ句、既に持っている色が同色で2個を突き出された瞬間、温厚な僕も思わず

Pは持ってるので違う色にしてもらえませんか~

すると担当の中年女性は、色は私達も分りませんし、お楽しみと言うことで~

裏面を見れば誰でも分るし、せめて違う色の、Gにしてくれませんか~(Gが一番欲しかったのです)

それで持ってきてくれたのが G・B。
良かった~
1回目B・P、2回目B・GでBはダブリましたが2回目にして全色揃える事が出来ました。
箱裏面にG・B・Pのマークが入っている

今回、店員の入れ忘れがあり、思わず口走って実現した話ですが、本来 Coke Glass の色指定は出来ません

Coke Glass キャンペーンは、合計500万個数量限定で、なくなり次第終了
僕のように入れ忘れはないと思いますが、ドライブスルーだと詰めている所が見えずいきなり袋を渡され中を確認できないので Coke Glass が入っているか聞いた方がいいかもしれません!
家に着いて、袋を開けたら ない なんてガッカリですからね!

色々とあったけど、全色揃ったので、これでマックとの戦いは終わった!

追記:店舗によっては色指定出来る所があるようです。
2008/11/05(Wed)13:19
食事トラックバック(0)コメント(0)
 パドルシフト計画  /2008年11月02日(日)
WRC4のゲームをしていると次々に迫るコーナーで、シフト
チェンジを頻繁に行うため、片手運転が多くなり、何となく
不安定に感じます。
現在のシフト機構は前後に動かすシーケンシャルシフトで、操作自体は楽なのですが、腕をシフトノブに移動することが面倒になってきました。
本来グループB時代のLancia Delta S4 をイメージしたかったが、使用中のゲームがミッションに対応していないし、現在のシーケンシャルシフトでさえ操作に追い付かない場面も・・・・

最近のWRカーやゲームの中のコクピットもパドルシフトだし
思い切って同じ仕様にしてみることに・・・・

参考車両はSUBARU IMPREZA WRカー
F1のようなステアリング内に付いているものではなく、実車のようにステアリングシャフト付近からアームを返してのパドルシフトをイメージ!

COCKPITのGT FORCE proシャフト仕様に変更したことで、その辺は自由度がありスペースがあります。

実は、そのことを考えてこの仕様に変更したようなもの!

本体の機構はどのようにするか、何時ものごとく図面を書くことは苦手なので得意のイメージ画を・・・・
得意のイメージ画を・・・・
色々なパターンが出来上がり、どれが良いのか分からない
ので少しずつ組み合わせて作るとしよう。
2008/11/02(Sun)17:09
ゲームトラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │