FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 音作り  /2010年02月16日(火)
再開したエレキギターですが練習中の音がどうもショボイ。

最初に動画を撮影し、その音を聞いた時から現場での音と録画
された音とに違いがあることが分かり自分なりに色々と調整を
しているのですが難しい。

動画を撮影する前に、IC レコーダーで録音

改めて聞いてみると安っぽい音で線が細く、高音がキンキンし
全域に味がないというか・・・・

 テクニックが最大の原因なのは分かっていてもその前に
ギター・アンプ・周辺機器が問題だと決めつけてしまう所が
ありマルチエフェクターだとやっぱりダメなのか~ とか
ギターが古いから良い音が出ないんだと思ったり。

しかし、冷静に考えマルチエフェクター・アンプ・ギターの
各設定を見直しするとギターに関しては VOLUME TONE は常に
フル 10 でマルチエフェクター・アンプの TREBLE もフルに
近く設定であったのを少しずつ下げて音の違いを再確認。

練習教室でのギターアンプ位置は 1.5m の所に自分に向かって
セットしているので音が聞き取りにくいこともあり、方向を変え
たり後ろ向きに立って演奏したりして最適な場所はどの変なのか
色々と試したり。

音に関しては今更ながらですがギターの VOLUME TONE を
常にフル 10 のまま固定でこの状態から変えるものではない
と信じ込んでいましたが、 TONE 1つで音色が硬くなったり
柔らかくなったり変化するのを今頃になって気が付きました。

だてに TONE ノブが 2 個付いているのではないんですね。

ギターアンプ・エフェクターの設定もいい加減なもので高音を
高くする傾向にあったようです。

そんなことで今回から動画を撮影する前に、IC レコーダー
練習中の音色を自宅で再度聞きなおし、音作りにもそれなりに
考えるようにしました。

何時も膝の上で弾いていたのでギターの重さを感じたことなど
なかったですが演奏中に膝から滑ることがあり、ストラップも
あるしたまには立って弾いてみるか~と

これがまた弾きにくいのと重量感がズッシリ!

  慣れないことからその夜は頭痛と肩こりに~


   話変わって

TAKANAKA weblog の本人投稿(高中正義)より
(本人コメントを原文のまま引用)
--------------------------------------------------
実はFENDER TAKANAKA STRATOCASTER の2号機
今造ってるのです、PRSのいいとこも取り入れます、
STRATでありながらパワーも出したいのです。
色は”一番好きな海の色”かな。

   高中
--------------------------------------------------

   とのコメントをみてこのギターも良いかなと。

FENDER TAKANAKA STRATOCASTER の1号機の時は
気が付いたのが発表されてから2年後の時で市場には既に
出回ってない状態。

今回は発表前に情報を得たので発売日や金額等の詳細が
気になるところ。


現行の YAMAHA SG2000 が終了とのこともあり2台目の
ギターに 同じ型の SG2000 を検討していたのですが
思い切って FENDER TAKANAKA STRATOCASTER といった
選択肢もあったか。

   弾きやすいのかな~

スポンサーサイト



2010/02/16(Tue)17:06
音楽トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │