FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 モロヘイヤ 栽培  /2010年05月30日(日)
 1日目
モロヘイヤも仲間入りしプランターに定植しました。

モロヘイヤの定植

モロヘイヤはシナノキ科の一年生草本で、別名をジュート。

日本名は つなそ 又は コウマ(黄麻)と呼ばれ
原産地はエジプト。

エジプト周辺で多く栽培される緑黄色野菜の1つで、カルシウム・
カロチン・ビタミンB・ビタミンCが豊富で抗酸化作用のある
クエルセチンを多く含みエジプトでは 王様の野菜 とも言われ
クレオパトラの美の源と伝えられています。

モロヘイヤの葉には毒物が含まれないことが確認されたそうですが
1996年(平成8年)に長崎県でモロヘイヤの種子による牛の中毒が
発生したこともあり種子や茎の毒性には十分注意する必要がある
ようです。

食べ方としてお浸し・スープ・天ぷら等色々とありますが私的に
葉部を刻んだり茹でることで独特の粘りが出て、これにしょう油
を入れて掻き混ぜ、炊きたてのご飯にのせて食べるとこれが実に
美味しいのです。

  いつ頃食べることが出来るかな・・・・

スポンサーサイト



2010/05/30(Sun)10:47
食事トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │