カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 琉球紅型 体験  /2010年10月29日(金)
3泊4日で来た沖縄ですが急に台風14号が近づき2・3日間目は
ホテル内で ゆっくり・・・・・

台風14号のニュース

  というか~

  それしかできません!

室内ではTVやインターネットで台風情報を航空会社には欠航
していないか小まめにチェック。

バルコニーから吹き荒れる波しぶきや湾曲するほどなびいて
いる木々を只眺めるばかり。

台風前の風景
台風前のバルコニーからの風景


台風中の風景
台風北上中のバルコニーからの風景


 風雨があることから、外に出かけることを控えていた
ので室内でゆっくり過ごすことは出来ましたが帰る便が
欠航するのではないか といった不安 が常につきまとい
精神的に落ち着きません。

最終日は台風も通り過ぎ晴れ間も見えてきたので宿泊先の
バルコニーからぼんやり見えた体験テーマパークの
むら咲むら に行き 紅型染体験 をしてきました。

むら咲むら のシーサー

前に来たときは違う場所で紅型体験をしましたが、そこでは
入場料と紅型クーポンセット込みの500円と安かったためか
指定された色がなかったり、隈取り(グラデェーション)の
説明がなかったためにベタ塗りでいつのまにか講師が何処か
に行ってしまったりで今思うといい加減で値段相応だった
感じがします。

琉球紅型

今回は正反対で付きっきりで筆使いなど細かい指導をして
頂けたので、その辺が楽しみ。

  出来上がり(blog)は後日。



何回か沖縄に来て、海上沖ではありますが台風の直撃を
受けたのは初めてのこと。

日程に余裕がなかったので欠航すれば会社を休まなければ
ならないし、色々と心配を掛けることになりました。

なにより僕自身が1番不安だったし~

   今回は一寸懲りました・・・・・


スポンサーサイト
2010/10/29(Fri)11:36
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
 三線  /2010年10月26日(火)
沖縄に来たら、現地ならではのものを体験してみたいと三線
ことを何時も思っていたのですが、実際にはそんなこと東京に
居ても出来るし、遠い所に来たのだから色々な所を見て回らな
ければもったいないといった気持ちが何時も優先し帰る当日に
なって何時も思い出すのです。

 今回は堅い決意があり、宿泊先に 三線教室 があったので
どんなものか体験。

アリビラでの三線教室

  参加者は僕を含め3名。

 へら状のバチで弾く三味線をイメージしていましたが三線の
バチは爪の形をしたもので人差し指にはめて使い木製の胴には
猫の皮ではなく蛇皮を使っているのが特徴。

三線は今から約600年前、沖縄がまだ琉球と呼ばれる1つの国で
あった頃、中国から伝わってきた弦楽器を元に作られ1560年頃
大阪に伝わり三味線音楽の元となって全国に広まったようです。

初心者用にはギターのピックが用意されていたのでこちらを
使いました。

三線で使う爪とギター用のピック

三線の勘所(弦を押さえる所)にはギターのようにフレットがない
ため押さえる箇所に譜面にあるエエ四(クンクンシー)の記号が
貼ってありギターで言えばTAB譜みたいなもので譜面にある記号
とフレットに貼ってある同じ記号を押さえてその弦を弾くことに
なります。

三線教室での譜面 三線 胴の蛇皮

 三線の弦の呼び名と開放弦の呼び名と音階
  1弦 女絃(みーじる)、エ(コウ)ド
  2弦 中絃(なかじる)、四(シ) ファ
  3弦 男絃(うーじる)、合(アイ)ド

この教室では
弦の弾き方は上から下に弾くダウンストロークが基本で
薬指は使わないよう教えられました。

練習曲には開放弦を利用し初心者が短時間で弾けるよう
 きらきら星カエルの合唱 が選曲。

この辺は楽勝で、先生からはギターをされているだけに
運指がスムーズですね~

  何て言われたりして・・・・・

徐々にレベルアップし、後半の最後には 涙そうそう が練習曲と
なり徐々に難しくなっていきます。

三線で分かったことは、課題曲の音階をそのまま弾くのではなく
歌で言えば演歌にある小節(合)みたいなものが所々に入り独特
の演奏になるように感じました。

エレキギターではCDの音を忠実に聞き取ることをしていますが
三線で同じように弾いていたらギターと変わりなくなり三線の
持ち味が出て来ません。

 最初はこの小節(合)が入ることの意味が分からなくて中々
 思うように進まなく悩みました。

  こんなはずでは~

しかし、それを理解した頃には体験時間1時間があっという間に
過ぎてしまったが、参加者の熱心さが伝わったのか40分程長く
教えて頂けることになりました。

他の方は、年齢からしてたぶん60代・40歳代の女性の方で
弦楽器は未経験とのこと。

僕自身ギターを弾いていても後半が難解だったので、大変だった
のではないかと思います。

初めての三線ではありましたが、音色が暖かく沖縄の風土には
とてもあっており、ギターでいえばアコギのようでセカセカしない
所が良い感じです。

 秋の夜長に窓際でポロポロ弾くのも良いかも!

沖縄の三線

アコギの小さいの欲しいと思ってましたが
三線の安いのでも買おうかな・・・・


2010/10/26(Tue)19:21
音楽トラックバック(0)コメント(0)
 CRFパーツ流用計画1  /2010年10月23日(土)
あれだけ悩んでいたCRF250Xの購入ですがインジェクション仕様
の発売がハッキリしないし、生産が打ち切られるとの色々な情報が
飛び交いキッパリと諦めることにしました。

しかし、写真や現物を眺めていると15年前のXRとは何か違う
洗練されたパーツが目に留まります。

クラッチレバーASSY

買えない腹癒せにそのCRFのパーツがXRに流用出来れば少しは
気持ちも修まるだろうと真剣に考えた。

そのような情報を探すと某ショップでXR230にCRF250Rの
パーツを流用した記事があり尚更気持ちが前向きに・・・・

記事によればインジェクション前のCRF250Rのクラッチホルダー
を使いホットスタートレバーチョークレバーとして上手く流用した
との内容でした。

ME06の場合、ホットスタートレバーデコンプレバーとして
使えれば見た感じスッキリして良いかと 頭の中では勝手な
イメージが思い浮かぶ~

純正のデコンプレバーは確りしていて良いのだがレバー本体が
大きく分割ホルダーでないためグリップを取らないと抜けない
のが今一。

ショップではME06での流用は今迄になく、クラッチレバーは良く
てもデコンプレバーとして機能するか分からないとのこと。

 今更、後戻りも出来ず ダメ元でクラッチレバーASSY
 注文してみた。

クラッチ側にしてもドンピシャとはいかないらしくワイヤー
アジャスターの内径が合わないため加工が必要とのこと。

しかし、そのパーツを引取に行った際、既にサービスで加工済で
受け取ることが出来たので助かりました。

  早速取り付けてみると良い感じ。

ホットスタートレバーに関しては やっぱり というかワイヤーが
入る穴が片方にしかなくドリルで穴開け加工を・・・・・

ドリルで穴開け加工

デコンプワイヤーをホットスタートレバーに入れるもピッタシとは
いかずそれなりに付いた感じでケーブルの取り回しを色々と変えて
いたらレバーが戻るようにはなりました。

ホルダーにもキッチリと収まらず少し出た状態ですが、カバーが
付いて見えないのでこれで良いか~ と

僕の場合、ハンドルは幅の狭いものを使っているため問題
ありませんが幅の広いものだと一杯に切ったときワイヤーが
突っ張り誤動作する危険がありますので自己責任となります。

感心する所はクラッチのアジャスターがカバー付きにも関わらず
走行中にも容易に調整出来ること。

調整しやすい大きなノブ

レバーに関しては転倒時、根本から折れ走行不能にならないよう
中間付近から折れるように切れ込みが入ってたりして流石良く
考えられています。

切れ込みが入っている

しみじみと眺めて気が付いたのが左側のCRFパーツを使用した
クラッチ周りはシルバー。

右側のブレーキ周りはノーマルのブラックで左右の統一性が~

レバーの形状もCRFとME06では違うし・・・・・


2010/10/23(Sat)15:02
バイクトラックバック(0)コメント(0)
 GERMAN SAUSAGE  /2010年10月22日(金)
GERMAN SAUSAGE(ジャーマンソーセージ) パッケージ
エネルギー495Kcal タンパク質27.0g 脂質25.5g
炭水化物39.3g 食塩相当量4.4g

本日~期間限定で第2弾の
    GERMAN SAUSAGE(ジャーマンソーセージ)が発売!

外側はカリカリで中身はジューシーなモモ肉チキンと
ボロニアソーセージをモツァレラチーズとキャベツの
酢漬けが包み込み、ライ麦を練り込んだスリット入り
バンズがサンド。

GERMAN SAUSAGE(ジャーマンソーセージ) 中身 GERMAN SAUSAGE(ジャーマンソーセージ) 中身

チキン・ソーセージと肉づくしで胃がもたれそうですが
キャベツの酢漬けとスパイシーなボロニアソーセージが
その辺を引き締めサッパリとした食感です。

アイコンチキンシリーズではまだ第2弾の2個目ですが
第1弾のCHEESE FONDUEblog)よりGERMAN SAUSAGE
食感の方が好かも・・・・・


   健康診断も終わったので一安心!

  若干体重が減っていたのが気になるけど?


2010/10/22(Fri)12:10
食事トラックバック(0)コメント(0)
 CHEESE FONDUE  /2010年10月15日(金)
そろそろ肌寒くもなり、ラーメンでも食べようかと向かう
途中にマクドナルドの新メニューが目に留まり、そのまま
ドライブスルーへ。

CHEESE FONDUE(チーズフォンデュ)
エネルギー444Kcal タンパク質25.6g 脂質19.6g
炭水化物41.6g 食塩相当量3.5g

第1弾は 10月8日(金)~ 期間限定の
        CHEESE FONDUE(チーズフォンデュ)

柔らかいチキンのムネ肉に溶けたチーズソースでフォンデュ。

モツァレラチーズ・ベーコン・シャキシャキレタスを
粉チーズがまぶされ焼けた粉チーズの香ばしさが漂う
バンズにサンドされた一品。

粉チーズがまぶされ焼けた粉チーズの香ばしさが漂うバンズ 柔らかいチキンのムネ肉に溶けたチーズソース

何時もセットで買うのですが中旬には会社の健康診断もあるし
単品(かざすクーポン税込330円)で注文。

チキンはムネ肉使用とのことでパサパサしますがサッパリ感が
あって濃厚だけどサッパリし少しピリ辛な感じもしました。


2010/10/15(Fri)12:12
食事トラックバック(0)コメント(0)
 FフォークOH  /2010年10月13日(水)
次期バイクのことを念頭にいれながらも、それまでME06を乗り
続けることを決めたので、前から気になっていたFフォークOH
をすることにしました。

フォークオイルを取り外した所

本当なら4月にR ショックOHblog)をしたので、このとき
F Rセットで行えば良かったのですが、新型バイクの事も考え
ていたので出費を必要最小限としたのです。

FフォークOHは整備記録を見ると98年9月なので12年前
Fフォークオイル交換は05年11月なので5年前になって
いました。

 ほんと! ついこの間のことのようでしたが月日が
 経つのは早いです。

15年前のバイクなのでフォークスプリングのヘタリも考え
スプリングA(短い方)、スプリングB(長い方)を左右
セットでFフォークOH 時に交換。

 OH はいつものショップでお願いした。

フォークオイル交換に関しては5年も前だったので汚れている
かと思いきや意外にも綺麗で、スプリングに関しても林ツリ
専用でモトクロス場を走っていないことから思ったほどの
ヘタリはなかったようです。

フォークオイルを抜いた所

まあ こういったものって気分的なものが、かなりありますから
一新したことでサスの動きに変化があれば嬉しいのだが?

 これからは1年に1回フォークオイル交換を心掛けたいです。

明日、林ツリに行くかもしれないことを店長に告げていた
こともあり OH は3時間掛からずに終了。

早速持ち帰り、日が暮れる前に Fフォークが取り付ける
ことが出来たので助かりました。

しかし、作業終了と同時に雨が~

  明日の林ツリは無理か・・・・・


メモ書き

 交換部品
 ・ボトムケースガイドブッシュ(51424-KZ1-671)
 ・フォークチューブブッシュ(51415-KZ1-671)
 ・ストッパリング、ダスト・オイルシールセット
  (51490-KZ1-671)
 ・スプリングA(51401-KZ1-671)
 ・スプリングB(51402-KZ1-671)
 ・フォークオイル

 ME06 フォークスプリング使用限度
 ・スプリングA(短い方):78.2mm 以下交換
 ・スプリングB(長い方):438.6mm 以下交換
(XR250R オーナーズ/サービスマニュアルより)

2010/10/13(Wed)15:27
バイクトラックバック(0)コメント(0)
 ゴーヤ栽培 終了  /2010年10月12日(火)
 105日目

今年4月25日より始めたゴーヤ栽培blog)ですが今日で終了
することにしました。

緑のカーテンとして頑張っているゴーヤ

所々黄色い葉がでてきたものの大きな緑の葉がうっそうと生い茂り
まだまだ元気なのですが、実が大きく育ちません!

このような状態でも実が次々とできますが生長しても10㎝位の
大きさになると黄色くなり、それ以上大きくなることなく
腐ってしまいます。

去年はこのような事はなかったのですが、天候のせい
なのか分かりませんが今年は大きいゴーヤは数本で
小ぶりのものが殆ど。

最後の収穫を終えたゴーヤ

その分、緑のカーテン(日除け)として役割は確り果たしてくれた。

ゴーヤの根を引き抜いた所、地面より沢山のダンゴムシが~

どうも水分のある根付近に棲み着いているようでその数は
尋常ではない!

地面全体が うごめき まるでゾンビのように次々と這い出してくる
光景を目の当たりにしたら寒気が・・・・・

割り箸などで大きい物を摘んで捨てていましたが、それでは
処理しきれないことが分かり、バーナーで駆除することに
しました。

バーナーで炙っている時は地中で我慢してますが
暫くするとその熱さに絶えられなくなり彼方此方
から顔を出すので、そこが狙い目。

ダンゴムシはねずみざん式に増えるようで大きいのから小さいの
まで数百匹以上は駆除したと思います。


ゴーヤに負けずと頑張っているのが、あまり期待していなかった
シシトウが高さ2m以上まで伸び、未だに沢山の実を付けています。

シシトウがまだまだ元気です

味に関しては、本来の味ではなく辛くなってきましが、細切りにして
炒め物などで重宝。

今迄の収穫数
   シシトウ 81個目
   ピーマン 7個目
   ゴーヤ 25個(終了)
   トウガラシ 32個(終了)
   モロヘイヤ 2回分


2010/10/12(Tue)10:27
食事トラックバック(0)コメント(0)
 CRF・X が良いな・・  /2010年10月09日(土)
次期バイク候補としてホンダ CRF250X とヤマハ WR250F
検討しWR250F でほぼ決定みたいな感じで何時の日か と頭の
中では確定していました。

削りだしステアリングステム

所が、バイク屋さんで間近に CRF250R( X ではない)の細部を
見るとやっぱり CRF250X の方が良いな~ となってしまった。

CRF250R エンジン右側 CRF250R エンジン左側

この CRF250R はボルトをチタンにするなど至る所の細かい
パーツが変更されノーマルより格好良く見えるので尚更なの
かもしれない!

CRF250R Fサス コーティング CRF250R Fサス コーティング

シート幅が狭く、ベッタリとはいかなくてもお尻を少しずらせば
信号待ちも問題なさそう。

 二輪の免許を取り、初めてローンで買ったバイクが
 ホンダ XL125S。

その後
カワサキ400FX→ホンダXL250R →ホンダ イーハトーブ125 →
ホンダ TLM220和光スペシャル→ホンダ XL200R →ヤマハ FZ250 →ホンダ NSR250 →スズキ TS200R と乗り継ぎ
現在のホンダ XR250Rとなっている。

オンロードやトライアルも試してみましたがオフロードに
戻ってしまい、ホンダ車が圧倒的に多い。

  ホンダから離れなれないのかも~

CRF250R エンジンガード回り CRF250R Rスプロケット回り

今の XR250R が動かなくて困っているわけでもないし何時に
なるか分からないが CRF250R と同じ X のインジェクション
仕様がでたらで良いかと思うようになり、それまで XR を
整備して色々な所を走ろうと考えるようになってきました。


2010/10/09(Sat)14:04
バイクトラックバック(0)コメント(0)
 こんな所に  /2010年10月08日(金)
9月下旬くらいから見ることの出来る彼岸花

赤色と白色の彼岸花

お気に入りの場所で見たいと考えていましたが、休みと天候が
中々合わず日々が過ぎるばかり!

最近では近所でもポツポツと見ることは出来るのですが一面に
広がる彼岸花の群集も見事で、巾着田で見た白色の彼岸花
とても綺麗でした。

1年に1度しか見れない植物だけにタイミングが肝心です。

ところが会社に向かう通勤途中に彼岸花を発見!

それなら別に珍しくもないのですが、白色の彼岸花が何本も

白色の彼岸花 1 白色の彼岸花 2

あの広大な巾着田でさえ赤色の中に数本しかないのに、ここには
雑草のごとく植えてあり、当たり前の景色なのか誰一人立ち止まり
眺める方はいないのです。

何十年と通勤で通っている道なのに今頃、気が付くのもおかしな
話しですが通過するスピードや目線の位置により、タイミングが
合った時に、ふと目に飛び込んでくるものなのかもしれません!

春先の土筆もそうでしたが、子供の頃良く見かけたのに大人に
なってからは見かけることがありませんでした。

しかし、時期と目線(低い位置)を気おつけるようになってから
意外なものを発見することが多くなったような気がします。

また、ここにあるわけがないといった 思い込み もあるので
子供の頃の素直な気持ちを心掛けなくては・・・・・


2010/10/08(Fri)07:18
雑記トラックバック(0)コメント(0)
 エンデューロバイク  /2010年10月01日(金)
早い物で今の XR250R(ME06)を購入して15年の歳月が・・・・

このバイクを何時までもそばに置いて大事にしておきたい所です
がどのバイクもそうですが年数が経つと徐々に消耗パーツが手に
入りにくくなります。

それを考えるとそろそろ次のバイクを検討しても良いかなと!

それとバイクはメンテナンスをキチッと管理していれば壊れる
ことがないけど、こちらの方は歳と共に体の自由も利かなくなって
くるし、後何年間バイクに乗ることが出来るのか考えていたら
老いる怖さと寂しさが込み上げてきました。

今のバイクは15年前のバイクとは比較にならないほど性能も
良いだろうし~

バイク屋さんにも、今のバイクはサスペンションが良いので
林道でも楽ですよ~ 何て言われると

  そうなんだ~ と思ってしまう。

今候補にあるバイクはホンダ CRF250X ヤマハ WR250F
すが CRF・X に関しては、何処のショップも流通が少なく、WR・F
の方は結構な台数がありました。

YAMAHA WR250F

現車を見たことがないのでショップで WR250F に跨がらせてもら
うとシートが固めで高くXRの否ではない。

Fショックは体重をかけても殆ど沈み込みがなかった程カチカチ!

ハンドル回り エンジン回り

しかし、無駄な作りがなくシンプルでいて普通のバイクではない
オーラはエンデューロバイクならでは。

セルが付いているので、100回キック(blog)もなくなると
思うと心が前向きに揺れ動きます。

帰る道中、青の WR250F に乗り林道を走っている自分を
思い浮かべていた。

  欲しいけどね・・・・・・・


2010/10/01(Fri)17:19
バイクトラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │