カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 California Cobb  /2011年06月29日(水)
California Cobb
エネルギー468Kcal タンパク質24.8g 脂質20.9g
炭水化物45.3g 食塩相当量3.5g


iCon'Chickenシリーズ待望の第2弾、新作のCalifornia Cobb(カリフォルニアコブ)が期間限定で登場。

全粒粉使用の手結び8の字バンズにしっとり柔らかなムネの一枚肉チキン・マヨネーズベースのオニオン・フライドガーリック・チリ・レタス・モツァレラチーズ・香ばしいベーコンをサンド。

California Cobb バンズ California Cobb 中身

バンズはハンバーグ特有の丸型からなだらかな長方形となり、モチモチとした食感。

ムネ肉を使用していることからサッパリとして、コブソースは具沢山で少しスパイシー。

最近、体調を考えマックに行かないようにしていましたが、鶏肉なら良いだろうと食べてみました。

サッパリとしたムネ肉は良いのだが、一寸ジューシーなところがあっても良いかと・・・・・・


カロリーも低いので女性や中年族には良いですね~



スポンサーサイト
2011/06/29(Wed)13:21
食事トラックバック(0)コメント(0)
 またしても~  /2011年06月28日(火)
外気22.3℃ 湿度85.1% 風速0.8m/s(曇のち雨)

前回の失敗を反省し3GXの情報を検索した所、間違った設定をしていることが分かりました。

設定モードにするには、送信機の電源を入れ3GXのSETボタンを押しながらバッテリーをつなぎLEDが左から右に順繰りと流れる途中でSETボタンを離すことでDIRモードに入り、ここでジャイロ補正をオフ状態(ニュートラル状態)にして、スワッシュの水平出しを行うということ。

スワッシュの水平だし 振り子式のピッチゲージ

そうでないとスワッシュ周りのサーボが絶えず動いた状態で、ニュートラルが定まらない。

知らないということは恐ろしいですね、そんなこととは知らずバッテリーをつなぎスワッシュ周りのサーボが一時的に止まった所でバッテリーを外し、水平だしを行っていました。

そんなことで何回もバッテリーの抜き差しを行い、設定ってこんなに面倒なの と思っていたのです。

スティック50%でPitch0°HとLを+-12°に収めるもスティックを動かすと簡単に2・3°ズレてしまいおかしな状態が何回も続き、流石にしんどくなり、何とかなるだろう的な気持ちで調整を終わらせて翌朝5時には現着。

壊れる前のT-REX450PRO
ホバリング前の写真

 どんよりした曇り空の中、T.HOLDをOFF(ローターが回り出す)!

無情にも機体は斜めに傾きローターが地面に接触しバキバキと・・

ここまでは前回と同じ展開で慣れたもの、しかし、今回はテールブームまでくの字に曲がるおまけ付き~

回収と同時に大粒の雨、悲しみに浸っている時間などなく到着して
ものの5分位で終了。

帰宅途中、何が悪いのだろうと・・・・・


何とか7月上旬迄にホバリングだけでも達成したい。


メインローター、メインシャフト、フェザリングシャフト、フロントギア、メインギア、テールドライブギア、スワッシュ周りのサーボ(2個)、テールブーム、トルクチューブ、ラダーサーボギヤ欠け(ギヤのみ交換)を新品交換。


フライト回数 PRO 20s



2011/06/28(Tue)06:16
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 やっぱり~  /2011年06月23日(木)
外気26.4℃ 湿度73.9% 風速0.6m/s(曇のち雨)

昨日もそうでしたが、熱帯夜で寝苦しく目が覚めてはシャワーを
あび汗を流すこと数回。

早朝4時の空模様は雨がパラパラ降っていましたがとりあえず現場に向かいました。

初ホバリングとはならなかった~

ガバナーモードはTHRO CURVを横一列の50%と前回と同じまま、しかし、スワッシュ周りのサーボの動きがどうもおかしい!

僕の設定ミスで調整中のAileronとElevatorサーボがギヤ掛けしてしまい、何か知らず知らずにおかしなことをしているようです。

交換したにもかかわらず再度設定しているとまた調子悪くなる・・・

スワッシュもキッチリ水平を出しヘッド周りを組み付けてからスワッシュを上下させるとElevatorサーボのニュートラルがズレ、いつも前のめりなってしまいます。

電源を切った状態でサーボホーンを押すと軽く動くのが通常なのに、
砂利でも入ったようにジョリジョリ感が残る、電源を入れてスティックを動かすと、とりあえず動くのでこの状態でホバリングを決行。

スティック65%でPitch角+5°位の付近、ローターが不自然に上下し前側のスキッドを支点に前のめりでメインローターが地面に接触。

  フライバーレスの初ホバリングとなりませんでした。

      何と現場に来てものの数秒でこの有り様
                その後、雨も本降りとなり終了。

メインローター、メインシャフト、フェザリングシャフト、トルクチューブフロントギア、メインギア、スワッシュ周りのサーボ(3個)を新品交換。


   調整できていたと思ったのに~

もう一度、取説を確り見て調整し、ホバリングだけでも達成したいです。


フライト回数 PRO 20s



2011/06/23(Thu)10:33
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 PROGDISC  /2011年06月22日(水)
KONTRONIK ESCの詳細設定変更に使うPROGDISCです。

以前、Hyperion HP-TITAN-50-PSW31のプログラム変更にはEmeterEmeterII等を使い設定変更や確認に重宝しました。

PROGDISC と EmeterII 比較

1度決まってしまえば、変更することなどあまりないと思いますが、
やはりあると安心します。

KOBY55LVblog) の設定は送信機のスティックで簡単に行えますが、現在の詳細や後々設定変更しないとも限らないのでPROGDISCを揃えました。

ドイツ製とのことで、確りした箱形かと思いきや、丸型のUFOそのものでオモチャみたいで可愛らしい。

Emeterblog)・EmeterⅡのように本体にバッテリーを持たないため、充電の必要はないが、僕の電動ヘリの場合、ESCと受信機の間にセットし動力バッテリーを接続し供給。

画面はカラーで、カーソル移動には右と下にあるメニューバーを項目内容と同じ方向に本体を傾けることで移動し、オレンジ釦を押して確定。

PROGDISC 画面

傾けるのに体までつられて動いてしまい面倒だと思いましたが、何回か使っていると慣れてきました。

電源OFFは確定釦を5秒以上長押しか本体中立点を上にして、上下に短く振る。

    操作に凝りすぎ・・・・・・


メモ書き
KOBY 55 LV ヘリモード プログラム内容


Main Menu
→Programmig
  →Model Type
    →Airplane

    →Helicopter
      →Stick Positions
      →RPM-Start Up Time(4~25s)*12s
      →BEC-Voltage(5.0~8.0)*5.6V
      →Reverse Rotation
        →Default*
        →Reverse
      →RPM Control
        →On*
        →Off
      →U Cut OFF
        →Battery Type
          →NiCd/NiMH
          →Lipo(2.7~3.5V)*3.0V
          →LiFePo
        →Cut-OFF Type
          →Cut Off
          →Slow Down*

    →Car
    →Boat
→System Settings
→Contact Address

Software Version
  →ProgDisc V1.3.0(2011.06.22 VerUP)


2011/06/22(Wed)13:55
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 11 子蔓摘心  /2011年06月21日(火)
 55日目

梅雨時期に入り、ものすごい勢いで子蔓が伸びてきました。

白ゴーヤと比較すると約3倍の伸びです。

高さを測るとゴーヤは約2,600mm、白ゴーヤは約1,000mm。

高くなりました

白ゴーヤはネットに巻き付くツルが弱いのか一寸した風で外れてしまい下に垂れ下がってしまうため、細かい間隔で親蔓を固定し倒れないようにしました。

白ゴーヤ

今考えていることは、このまま子蔓を伸ばすか、それとも親蔓と同じようにある程度の所で摘心してみるか・・・・・・・

そうすれば、子蔓と同じように太くしっかりした孫蔓が伸びてくるのではないかと思いました。

去年は、後半に孫蔓が沢山伸びましたが、どれもヒョロヒョロと蔓が細く、実が付いても栄養が行き渡らないのか、約5cm位の大きさになると成長が止り黄色くなってしまうのが殆ど。

白ゴーヤはまだ高さがありませんが、ゴーヤは約2,600mmあるので思い切って、その箇所で子蔓を摘心してみました。

   この決断が良い方に向いてくれればと思います。

ゴーヤの実


   ゴーヤの実が早くも沢山でてきました~


2011/06/21(Tue)17:31
食事トラックバック(0)コメント(0)
 3GX 設定  /2011年06月19日(日)
外気20.8℃ 湿度82.3% 風速0.2m/s(曇)

昨日、ESCの設定が完了してノンビリしているわけにはいかず次のステップに進もうとALIGN 3GXの設定を行うため現地に早朝5時に仲間と待ち合わせ!

T-REX600

KONTRONIKのESCはなかなか設定が出来なくて後悔していましたが、スロットルホールドOFFにすることであっけなく完了、しかし、今度は難解なALIGN 3GXの設定。

このパッケージの中身に、取扱説明書などなく、USB・ケーブル類・
信号線類・バインドプラグ・3GXステッカー・インストールCDだけ。

左 側面 右 側面

CDを見れば分かるのかと思いきや、言語は中国語と英語のみ、インストール時の途中で、たしか****.dllファイルがありません みたいなメッセージが出て、画面が固まってしまい先に進めません!

何回か同じことを繰り返し、今度は付属のUSBを差した状態でインストールしたら画面が立ち上がりました。


3GXは3Gフライバーレスシステム(セパレートタイプ)の設定と
同じようで、送信機の電源を入れSETボタンを押しながらバッテリー接続でスワッシュジャイロ設定モードに入り上段の設定に。
 DIR→E.LIM→E.REV→A.LIM→A.REV

3GX

次に送信機ONとバッテリー(ヘリの機体)を接続後、SETボタンを
長押しするとラダージャイロ設定に入り下段の設定に入る。
 ・サーボの選択:1520μ・760μ
 ・サーボの種類:DI・AS(デジタルかアナログか)
 ・制御方向:NOR・REV
 ・LIMT:テールピッチ振り幅
 ・DILAY

まだ分からない所が幾つかありますが、いじっているうちにスワッシュ周りが機敏に動作するようになりました。

初のガバナーモードでのホバリングですが、THRO CURVを横一列の50%にしましたが回転が高く(計測はしていません)感じ、スワッシュの水平もきちんと出ていないのか変なふらつきがあったため、上昇させることが出来ませんでした。

今回は設定をメインとして使っている狭い場所なので、不測の事態を考え、再度スワッシュのニュートラルの確認を行い広い場所でホバリングに挑戦したいと思います。



2011/06/19(Sun)08:27
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 KOBY 55 LV 設定  /2011年06月18日(土)
外気19.7℃ 湿度82.5% 風速0.4m/s(曇)

何とか取付けたフライバーレスユニット、3GXジャイロ、KONTRONIKのESCは設定が全然できていません。

取り合えずKONTRONIKの設定をガバナーモードにできればと思い、早朝5時から現地で取り掛かりました。

ヘリモードにするにはプロポのスロットルを0又はスロットルホールドにし本体の右下にあるSW(収縮チューブの中にある小さなSWのため固い)を押すと下り調子のビープ音が3回流れる。

KONTRONIKの設定

その後、1回の点滅・ビープ音1回から始まり4回の点滅・ビープ音の後、スティックをサイスローからハイにすると下り調子のビープ音が3回鳴り完了するとありますが、取説通り行っても認識してくれません。

エンドポイントが高いなどので受け付けないなど、その辺も調整しましたがまったく変化なし。

何十回も同じことを繰り返し行い、嫌気がしてきたころ何気の操作で解決。

JRプロポでの操作ですが
LISTでTHRO CURVを0~100%
Point Lを0%
Point 1・2をINH
Point 3を50%
Point 4・5をINH
Point Hを100%

TRVL ADJ.のTHRO H100% L100%

でエンコンスティックを上下させていた時、L側は認識するのに
H側が認識しないのに気が付き、試しにスロットルホールドOFFにした所H側が認識し、この状態で再度設定をおこなったところ難なく完了。

スロットルホールド

電動なので、ESCにはモーターを繋がないとビープ音が鳴らないし、
ローターが外れているとはいえスロットルホールドONにしておかないと危険と思い、この状態で何回も・・・・・

ここに気がつくのに、実に2日掛かりました。


   機械は正直だな~と!



2011/06/18(Sat)16:11
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 榛葉昌寛 リサイタル  /2011年06月16日(木)
仕事関係の表彰式のため、仕事を早く終わらせ有楽町にある東京国際フォーラムまで行って来ました。

電車に乗るのも久々ですが、この辺に来るのも久しぶり。

昔はこの近くに勤めていたことがあり、やはり電車通勤が嫌で雨の日も風の日も、バイク通勤をしていました。

渋滞した車の横をすり抜けるのは、ものすごく神経を使い、常に危険と隣り合わせ!

自宅に戻ると仕事以上にどっと疲れがやってきます。

これが嫌で渋滞する都内方面とは逆の空いている方面の会社を選びました。

殆どバイク通勤なので、たまに乗る電車の路線方向や改札口を探すのは僕にとって難解。

幸いモバイルSuicaなので、切符を買うことがないので多少は楽になりました。

話しはそれてしまいましたが、会場である国際フォーラム、ホールCでは早々に会長のご挨拶が始まり、誰しも眠くなるお話しで、彼方此方でコックリコックリ!

榛葉昌寛 リサイタル

驚いたことに、その後には駒澤大学吹奏楽部の迫力ある演奏で眠気が吹っ飛び、後半はオペラ歌手である榛葉昌寛さんの澄み渡る歌声で完全に目が覚めました。

初めて見るオペラでしたが体全体での熱唱はこちらまで伝わり感動します。

ピアノ(飯田俊明)と2人だけの演奏でしたが、歌声の合間に入る
邪魔にならない音色がとても合っておりました。

記念品

記念品を頂きましたが、表彰状は分かりますが、何故か虎屋の和菓子、災害が起きた時、役に立つダイナモハンドル付きの非常用ライト。

非常用ライトは色々な機能(ラジオ・ライト・ソーラー・充電)が付いているけど緊急時、役に立つかな~



2011/06/16(Thu)17:22
音楽トラックバック(0)コメント(0)
 KOBY 55 LV  /2011年06月15日(水)
3軸ジャイロ3GXの設定がまだ出来ていないのに、次はガバナーモードで定評のあるKONTRONIKのESC に交換してみました。

KOBY 55 LV

最初は、アライン純正を使用していましたが数回で異常な発熱とパワーダウンが発生し、HyperionHP-TITAN-35-PSW3に変更し、現在のHP-TITAN-50-PSW31blog)と容量だけアップしガスモードで同メーカーを使い続けてきました。

現状のESCでもガバナーモードはありますが、TITANシリーズがなくなったこともあり、ドイツメーカーのKONTRONIKはどんなものなのか興味もあって心機一転。

販売店によれば450クラスなら KOBY 40 LV で十分とのことでしたが、大きさと重量が同じで値段もあまり変わりないのであれば大は小を兼ねるではありませんが、大きい方が良いだろうと単純な考えで KOBY 55 LV を選択。

大きさは、HP-TITAN-50-PSW31と殆ど同じサイズ。


  早くセットアップしなければ~


  KONTRONIK ESC

・KOBY 40 LV

対応セル数:2-6 Lipo、6-18 NiCd/MiMH
動作電圧:6-25V
定格電流:40A
最大電流:50A
BEC電流:定格3A/最大10A
BEC電圧:5V-8V(電圧調整はPRGディスクが必要)
モードプログラミング可能
RPMコントロール(ガバナーモード)
ドライブ周波数:8-32kHz
サイズ:60×30×7mm
重量:20/52g(ケーブル含む)



・KOBY 55 LV

対応セル数:2-6 Lipo、6-18 NiCd/MiMH
動作電圧:6-25V
定格電流:55A
最大電流:65A
BEC電流:定格3A/最大10A
BEC電圧:5V-8V(電圧調整はPRGディスクが必要)
モードプログラミング可能
RPMコントロール(ガバナーモード)
ドライブ周波数:8-32kHz
サイズ:60×30×7mm
重量:20/52g(ケーブル含む)



2011/06/15(Wed)10:33
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 3GX  /2011年06月13日(月)
RCヘリの3軸ジャイロをどれにするか迷っていましたが、ALIGNより3GXジャイロシステム(AL-HEG3GX01)が発売になったので、とりあえずこれを選んでみました。

3GXと比較

小型であることはもちろんですが、3軸ジャイロ・2.4GHzの受信機・アンテナ2箇所の接続が(プロポがJRの場合)これ一つで済むのです。

450PROの狭いスペースに受信機を積むのは一苦労でしたが、ジャイロ搭載位置にこの3GXを搭載すれば良いのですからシンプル。

写真では大きく見えた3GX(11g)ですが、現物は非常に小さく軽量。

KDE Direct アンチローテーションブラケット ロングをこのために用意し、早速取り付けてみるとフレーム側の小さな出っ張りが干渉しボルトオンでは付かないことが分かりました。

アンチローテーションブラケット加工

どちらかを多少削らなければなりませんが、小さな加工なのでアンチローテーションブラケット(アルミ)側を2箇所削り水平に付くようにしました。

ハッキリ言ってヘリの機構や設定など熟知しているわけではないのでフライバーレス化するに至ってはパーツの取付だけで丸一日かかり疲れました。

3GX取付け後

ヘッド周りの機構もこれでよいのか・・・・

3GXもとりあえず付けただけで設定もこれから、何から何まで振り出しに戻ったようでサッパリ分からない状態です。

始めてしまったのだから、もうやるしかない。



今迄のまま飛ばしていれば良かったのにと後悔が・・・・



2011/06/13(Mon)17:31
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 カーナビデータ更新  /2011年06月10日(金)
かれこれカーナビが約5年経ち、アナログ放送は7月で終了ということで地上デジタル放送対応のカーナビを検討していたのですが、純正カーナビとなると値段が高いので直ぐに却下!

カーナビ自体、たまに、とんでもないルート検索の道案内をするので地図データ更新をしていないからとも思い、金額も安いし、少しまともなルート案内をしてくれればと思いました。

地図データ更新

地図の更新は春(5月頃)と秋(10月頃)の年2回程、機種によって秋(10月頃)の年1回のみの更新されているようですが、年数が経てば、施設や道路もかなり変わってくるので変更や追加箇所は多数あることと思います。

更新の待ち時間は約1時間、何気に地デジコーナーへ~

低価格のワンセグですが、価格は倍以上のフルセグ(12セグ+ワンセグ)は4アンテナ&4チューナーで鮮明な映像、番組表の確認、欲しい情報が見れる、災害時に緊急警報の表示、電波の弱いエリアでも映像が途切れにくいなどその差は歴然。

トヨタ純正 フルセグとワンセグ

応援セールキャンペーンが工賃サービスで行なわれていた。

7月になればアナログ放送が終了するし、見れなくなる前に地上デジタル放送に移行したい所です。

純正カーナビだと後付け地上デジタルTVチューナーであっても別のリモコンを必要とせず画面タッチパネルから通常通りチャンネル切替がおこなえる(カーナビ機種による)ので、後付けのゴテゴテ感がないので違和感がありません。



   あまりテレビを見ることはないけど、ないと寂しい~


          キャンペーン価格とはいえ高い!


            もう少し待っていれば安くなるかな・・・・・・




2011/06/10(Fri)14:28
トラックバック(0)コメント(2)
 CAGLIARI  /2011年06月08日(水)
カリアーリ家の魔法のコーヒーなるものを頂いた!

   このマークがレトロ調で親しみあるでしょ・・・・

CAGLIARI

カフェ・カリアーリ社の創業者はアムブロジオ・カリアーリ。

コーヒーは、厳選した高級アラビカ豆を100%使用、繊細な香りとマイルドな甘みが伝統ブレンドで、雑味がなく、まろやか、上品な味わい と三拍子、多くの女性の方からコーヒーの苦手な方と多くの方に支持され、冷めても変わらぬ美味しさで、イタリアのバール(イタリアのカフェ)やレストランで高い評価。

クオリティの高さを伺え、コーヒー通の方にも満足いただける本格イタリアンコーヒー。

コーヒー通の方ならご存知かもしれないが、今までKEY COFFEEUCCの豆がほとんどだったのでその名を初めて聞きました。

1998年(平成10年)の長野オリンピック、イタリアチーム・オフィシャルコーヒーに選ばれたり、国連のイベントで提供されるなど、
国際舞台では知名度が高く広く親しまれています。

東京であれば、青山や渋谷などに店を構えれば一気にブレイクし知名度も上がると思いきや、大々的に宣伝をすることはなく、島根県の世界遺産に登録された石見銀山の武家や商家社寺仏閣と様々な建物が混在する小さな町並みに、日本で唯一直輸入を許され、ここでしか味わえないお店がそこにある。

しかし、そのお店は今風のイタリア調で洒落たカフェを想像しがちですが、拍子抜けしてしまうほど昔懐かしの古い木造家屋。

しかもイタリアとかけ離れた畳の座敷で、伝統あるカリアーリコーヒーを頂いたとのことです。

頂いたコーヒーはスーパーでも売っている真空パック入りと同じものなので、ある程度保存できるし、簡単に飲むことができます。

味わいとして、独特の香りが強く漂うことはなく、苦味はまったくありません。

カリアーリ家の魔法のコーヒー 銀のぶどう シュガーバターの木と

味の薄いシリアルスイーツ、銀のぶどう シュガーバターの木と
頂きましたが、シュガーバターの味を消すことなく、ほのかにカリアーリコーヒーの香りが漂う。

つまり、今回はコーヒーが主役なんだけれども、コーヒーの風味や香りだけで相手の風味をかき消すことなく、味の薄いスイーツなど確り引き立たせ、違う意味で魔法のコーヒーと感じました。

    正に絶妙なハーモニー。

--------------------------------------------------------

グランカフェ(コーヒー粉)

内容量:1パック 125g(粉、真空パック袋入)
原材料:コーヒー豆(生豆生産国名ブラジル、コスタリカ、
グアテマラ他)
原産国名:イタリア
保存方法:高温多湿を避けて保存。


カフェ・カリアーリ社のコーヒーは添加物・保存料を一切使用しない自然食品であり焙煎から包装にいたる全工程を通じ、微生物検査をふくめた厳しい品質管理を徹底。

豆は、最高級アラビカ豆を100%使用、世界中の優良農園から集められた豆をカフェ・カリアーリ社独自の厳しい審査基準にクリアしたものだけ使用。





2011/06/08(Wed)10:55
食事トラックバック(0)コメント(0)
 ローター回転数は  /2011年06月07日(火)
外気19.9℃ 湿度76.1% 風速1.2m/s(曇)

日に日に起床時間が早くなり早朝3時30分に~

手漕ぎ井戸とT-REX450PRO

これでも30分も過ぎれば辺りはうっすらと明るくなり、あっという間に日が昇り気温が上がるので涼しいうちに・・・・・

昨日変更したモーターの違いは素人に変化が感じ取れませんでした。

連続フライトでもモーターがほのかに温かくなる程度。

あまり変化がありすぎても戸惑うし、元々ノーマルのモーターをそのままに放熱性が上がれば良いと思ってたので丁度良い!

但し、今日の気温は曇り空で涼しかったため、あまり参考にならないと思うので、しばらく様子見です。

モーターを変更したばかりで、挙動が気になったのと多少フレームのバラシがあったりピニオンギアの変更と上空で不具合が起きるか終始不安でしたが、特に問題はありませんでした。

仲間のヘリと

ガバナーモードであればローターが高回転していてもスティックを上げない限り上昇しないので、仲間が持ってきた450クラス電動ヘリのメインローター回転を計測。

   2,100rpmと思いの外、低い。

T-REXなどネットでは3,000~4,000rpmとかで飛ばされている方がいらっしゃいますが、ブッ飛ぶ感じになるのでしょうね。


僕の電動ヘリも何れはガバナーにして、回転数を調整したいです。

ラジコンを始めた頃は、早朝から夕方まで練習に明け暮れていたものですが、最近では諸事情により1・2時間の練習で8時前には終了。



フライト回数 PRO 7回



2011/06/07(Tue)09:26
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 HK2221-8V2  /2011年06月06日(月)
外気--.-℃ 湿度--.-% 風速-.-m/s(晴)

夏場のフライトではモーターが熱くなり、それを冷すため暫く時間をおかなければならないとの過去記事(blog)を思い出し、これからの季節に備えモーターの変更をしました。

取付後

気温が低ければ純正モーターで何ら問題ないですが、今時期ともなると1フライトで触れない位の熱を帯びるので、それが原因となりベアリングの焼き付けも考えられます。

放熱とパワーUPを考え、過去にT-REX450V2のモーターをScorpion HK2221-6V2 blog)のモーターに変えたところ、トラブルがなかった実績があるので、同メーカーのモーターを使うことにしました。

今回はHK2221-8V2(KV:3595rpm/V)
ピニオンギアはノーマルの13T→14Tへ

モーター取り付けに関してはV2同様、モーターマウントのバカ穴が狭いので少し拡げる加工が必要。

ノーマルのモーターと配線の取り回しが違うことやPROのフレーム幅が狭いため、それを収めるのに一苦労。

加工中

あっという間に、2・3時間は掛かってしまった!

新たに分かったのは受信機から出る複数のハーネスと回転するモーターのアウターケースに数mmで干渉しそうなこと。

断線の恐れもあるので何か対策を考えなければ~


------------------交換部品------------------
Scorpion
HK2221-8V2 High-RPM Outrunner(KV:3595rpm/V)
シャフト径:3.17mm
外 寸:27.9mmx33.6mm
最大連続電流:45A
最大連続電力:475W
重 量:79g


HYPERION
HP-PIN0532-14
JP Steel Pinion, Mod 0.5, ID 3.2mm, 14T


2011/06/06(Mon)10:23
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 住宅用火災報知器  /2011年06月04日(土)
2011年(平成23年)6月1日より既存住宅は市町村条例の規定により順次義務化となり我が家にも~

住宅用火災報知器

既に火災報知器は揃えていましたが、パッケージのまま放置状態だったので取付けました。

新築住宅は全国一律で2006年(平成18)年6月1日より義務化となっていますが新築も既存も罰則はないようです。

高いお金を出して購入後、罰則のないことが分かったことですが
あって悪い物でもないので納得。

逃げ遅れが最も多いらしく、年齢別では6割が高齢者で就寝時間帯が多いそうです。

自分だけは大丈夫と思っても、就寝中に煙を吸い込み、健康である体の自由を奪われ犠牲になるケースがあるらしく、如何に早く気がつき消火する又は逃げ出すかが重要であることを考えると事前に警報や音声で知らせてくれる火災報知器も悪くないかと。

住宅用火災報知器を選ぶ際、単独型連動型があり、複数火災報知器を設置し、1箇所で発報した時に他の場所に設置してある火災報知器全部が発報する連動型で配線不要の無線式にしました。

火災報知器の種類

煙式(光電式)は寝室・階段室・台所などですが、台所など大量の煙や湯気が対流する場所に熱式(定温式)が適しています。

この商品は親器(SH4410)1台で子器(SH4420:光電式、SH4620:定温式)が最大登録数7台迄。

専用リチウムバッテリー(品番:SH284552520 )3V、通常使用で電池寿命は10年ですが、本体センサーの寿命で交換もありえるので
10年を目安に本体ごと交換が良さそうです。

6ヶ月に1回以上は煙検知・熱検知部の埃除去や動作機能及び連動機能の確認など定期点検を行うこととあります。

最近は、点検を行うとテスト結果が以下のメッセージで知らせてくれるので便利ですね。

etc

 ピッ、 正常です。
 ピッ、 電池切れです。
 ピッピッ、電波が届きません。
 ピッピッ、電波が受信できません。
 ピッピッピッ、 故障です。

これに便乗した悪質訪問販売で消防署からの依頼だとか、義務化されたのだから設置しなければいけないなどの強制をあおる売込みで、高齢者などに高額な請求被害に遭うケースが多発しているそうなので注意!


2011/06/04(Sat)14:36
雑記トラックバック(0)コメント(0)
 ラジコン日和  /2011年06月03日(金)
外気17.0℃ 湿度76.5% 風速0.0m/s(晴)

 ラジコン再開で早起きが始まりました。

早朝4時起床、何だかんだの準備で5時頃には仲間と現場に到着!

河川敷内の車乗り入れは勿論ですが、最近ではバイクも入れないよう厳重に柵が設けられたようです。

   この場所は約1年半ぶり!

T-REX450PRO

やはり平日のこの場所は誰も居ないし広くて気持ちが良いです。

子供の頃からこの辺はよく来ていたし、高校時代にはバイクでも来ていたので、忘れることが出来ません。

今迄、雨続きでしたが今日は無風で天気も良く、見事なラジコン日和となりました。

ラジコン日和

前回は狭いエリアだったのでケツホバのみでしたが、今回は左右の旋回、8の字をしつこいくらい練習。

  少し間があくとホバリングだけでも怖く感じますね~

蛍光色オレンジ色に替えたスキッドは白色より断然見やすく上空では方向が良く分かりました。

アルミ製に替えたバッテリーマウントは、キャノピーを挟む下側の隙間が狭いのか傷が付きやすい、隙間がありすぎてもキャノピーがぐら付くので、このくらいがいいのかもしれませんが、外し方によっては割れてしまいそうです。

この位の気温でも1フライト毎のモーター(純正)温度はかなり熱を持つので、近々放熱性の良いものと交換予定。

ESCの熱はまったく問題ないが、1度だけバッテリーを繋いだ瞬間にスワッシュ周りのサーボがハンチングを起こし、再度繋ぎ直したら
この症状は2度と現れることはありませんでした。

原因不明ですが、この手の物って日進月歩でもあるので違うメーカーのものを検討中。

T-REX450PROとグライダー

今回は、上空を流したのも久しぶりなので無理せず少し高く上げたりして感触をつかむ感じで終了。



フライト回数 PRO 6回


2011/06/03(Fri)08:22
ラジコントラックバック(0)コメント(2)
 11 花が咲きました  /2011年06月02日(木)
 34日目

摘心し、子蔓が徐々に伸びてきたのでこれからスクスクと

大きくなる気配が感じられます。


驚いたことに高さ20cmにも満たないのに、花が咲き始めました。


ゴーヤに花が咲きました

過去、こんなに早く咲いたことがないので違う意味で一寸心配~


今まではある程度、親蔓がしっかり太く伸びてきてから花が咲き

始めたので納得しますが、まだ細くヒョロヒョロなので摘心が

早過ぎたかと思ってしまいます。


対する白ゴーヤの丈は、伸びが悪く子蔓は伸びているものの

下の方で停滞気味かな・・・・


2011/06/02(Thu)15:50
日記トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │