FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 フンの正体  /2011年08月13日(土)
毎朝、庭で栽培しているゴーヤの観察が楽しみ、ふと地面に小さくて黒い粒々が沢山落ちているのを見付けました。

幼虫のふん

何か幼虫がいるなとピンときましたが、昨日は確かになかったのに、今日はかなりの量で、ばらまいたように落ちています。

最初はゴーヤに虫が付いたかと、その周辺を捜しましたが1匹も見当たらず、その後にある山椒の木の葉に3匹の幼虫が食らいついているのを見付けました。

近くで見ると頭部にはイラストのような目玉模様が面白いけど気持ち悪い~

除去しようと枝を揺すったら頭からオレンジ色の角が2本飛び出てきて柑橘系ではあるが不快で強烈な臭いを放ち、約2m離れても所にも臭いが漂ってきます。

ナミアゲハチョウの5か6齢の幼虫

調べてみるとこの角は、肉角(にくかく)又は臭角(しゅうかく)といい、攻撃してくるものをこの強烈な臭いを放ち威嚇するそうです。臭いも凄いですが、あの毒々しい黄色い角がピロピロとして不気味です。

幼虫時期に厳密な定義というのはないそうですがも段階があるらしく、たとえば若齢(1・2)、中齢(3・4)、老齢(5・6)とあり、この幼虫(下の写真)はナミアゲハチョウの1か2齢の幼虫。

ナミアゲハチョウの1か2齢の幼虫

5か6齢の幼虫となると食欲旺盛な時期でもあり枝から枝へ移動し体長約4~5cmに成長。


もう少しで、蛹になり羽化したのかもしれない・・・・

今回は駆除しましたが、今度はそのままにしておいてあげるか~


スポンサーサイト



2011/08/13(Sat)15:45
日記トラックバック(0)コメント(0)
 PRO V2初ホバ!  /2011年08月13日(土)
外気27.5℃ 湿度78.7% 風速0.0m/s(曇のち晴)

昨日は現場から戻り半日かけて損傷部品の交換と3GXの再調整を念入りに行いました。

T-REX450PRO T-REX450PRO V2

3GXの設定は決まってしまえばあまりいじる箇所ではないと思いますが、僕のような初心者にはスキッド裏面に搭載した3GXの場合、SETボタンを押しながら電源を投入し、尚かつ5連のLEDが、左側のDIRから右側のA REVへ順に移動する間にSETボタンから指を離して設定モードに入るため、LEDの確認もあって裏返したりするので少し面倒です。

Aileron・Elevatorで機体を傾けた時にスワッシュが水平を保つ方向に自動で動くのを確認し逆に動くようであればリバースさせる箇所ですが、このモードでは動きが小さくて正直分かりづらい。

T-REX450PRO V2 T-REX450PRO

取りあえずやるだけやって設定を終了し、通常の電源が入った状態でAileron・Elevatorの補正の動きを見るとゆっくりと大きく傾くので良く分かりやすい、違う方向に傾いていたら設定モードで再度修正、その方が楽に感じました。

※あくまでも初心者が行っているものなので、この設定方法が正解ではありません!


やはり昨日から何か引きずるものを持っていると何事にも集中できなくなるタイプなので、今日も根性の早朝3時起きで現場に来てしまいました。

5時を過ぎた頃から辺りは明るくなってきたのでホバリング開始。

アメンボウを付けた状態ですが、今度は難なく初ホバ成功

ハッキリした原因が掴めませんが何か設定ミスがあったと思います。

T-REX450PRO 右側面 T-REX450PRO 左側面

3GXのAileron・Elevator感度調整は40%で細かいハンチングがないのでしばらく様子見、他の設定は特に変更せずケツホバのみで機体に慣れることにしました。

細かい設定は次回、広い場所で行いたいと思います。



フライト回数 PROV2 6回


2011/08/13(Sat)11:09
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │