FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 ぎっくり腰に注意!  /2011年10月24日(月)
 2日前の早朝、何の前触れもなく起き上がった瞬間、腰に激痛が走った

  やっちゃったかなー・・・・

腰痛に注意

腰椎椎間板ヘルニアとも呼ばれますが、15年以上前にチョコチョコこれに遭って治療していたことがありますが、ムリな姿勢が原因
だったことで何回か経験。
例えば、下にあるものを膝を曲げずに腰を曲げて重たいものを持ち上げた際、ゴキッ!見たいな感じで頭から崩れ落ち、立ち上がることさえ困難になります。

クセになると、大きなクシャミや椅子に腰掛けたりしただけで再発することもあり、その切っ掛けが日常の仕草に潜んでおり、経験者であればその怖さがどんなものか~

予防として整形外科の先生の言われたムリな姿勢をしない、重たいものは腰を曲げず足で踏ん張りながら立ち上がる、又腹筋と背筋を強化し背骨を保護しズレにくくすることで、自分ではぎっくり腰は克服したように思っていました。

  しかし、今回は思い当たる節が見当たらない・・・・・

過去を辿るとUG(ウクレレギター)が届いた日から嬉しくて、何時間も弾き続けたことくらい。

そこから思い出したのが、小さくて軽いが故、椅子にちゃんと座らず、お尻を前の方にずらし、椅子の上で寝転んだ感じで、数日何時間も慣れないギターを緊張しながら弾き続けたことが原因ではないかと自分なりの結論です。

エレキギターであれば重たいので椅子に深く腰掛け背筋を伸ばして弾いていますが、それでも緊張からか肩が凝ったり頭が痛くなったりするくらいなので、小さくて軽いUGとはいえ椅子の上でほぼ上を向いた状態で斜め横にギターを傾け、その姿勢も分からず延々と弾き続けていたら腰も音を上げますね。

昨日には治りかけて安心したのもつかの間、またも起床と同時に立ち上がることさえ出来ず 前より酷くなりました。
寝ていても激痛が走り、寝返りも出来ない。

ズボンや靴下を穿く、顔を洗う、トイレに行く、歩く、座る、日常的なことができなくなる不便さ、健康で当たり前のことが出来る体がどれだけ凄いことかと痛感した次第です。

朝1番で整形外科に行き、痛み止めの注射に薬と湿布など諸々を処方してもらい、家でおとなしくUGを眺めて我慢しています。

UGを弾いて ぎっくり腰 なんて かっこわり~


  教訓

 ギターは正しい姿勢で弾きましょう。


スポンサーサイト



2011/10/24(Mon)15:04
音楽トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │