FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 San Miguel  /2012年01月26日(木)
昔飲んだビールが懐かしくて、久しぶりに飲んでみたくなりました。

そのビールはもう20年以上も前ですが、初の海外旅行一人旅で行ったフィリピン。
そこで、しかたなく飲んだサンミゲルビール

San Miguel Pale Pilsen

マニラからバタンガス港へ、そこから船と何故かカヌーを乗り継ぎプエルトガレラという小さな島へ。

当時はセブ島やシコゴン島が有名で、なぜこの島に決めたのか記憶にないが、たぶん旅行代金が安かったからだと思います。

海が目の前にあるコテージで宿泊ですが、高床で、簀の子状の床から風が吹き抜ける作り。

後でわかったことですが、目の前の綺麗な白い浜辺は、定期的にトラックで運ばれた白い砂をもともと黒い砂の上にまいて白く見せていた。

コテージのバルコニーで気持ちよくビールを飲んでいるとき、その光景を目の当たりにし、ガッカリを通り越して唖然と・・・・・

この綺麗な白い浜辺は作り物なんだ~

トイレは一応水洗だが、便座はなく、一般にあるレバーをヒネって水が流れるのではなく、置いてあるバケツに水を汲み一気に便器に流し込むといったもの。

コテージから伸びる塩ビの配管が海へ、この排水はもしかして、目の前の海へ・・・・・

トイレと同じ所にシャワーのみ設置してあるけどお湯は出ない。

蛇口からの水は飲むことができないので、サンミゲルビールかジュースを水代わりに飲むのだと教えられ、ジュースばかりだと虫歯になると思いビールを毎日飲んでました。

確かそのときにライトビールと聞いていたが、後々調べてみたらアルコール度数5%と~
しかし、飲みやすかったと記憶しています。

注文はコテージの周りで遊んでいる子供達に告げると、独立したレストランから注文してくれ、なぜか栓を抜いて、濡れた紙をよじり栓がわりに突っ込まれているのと、キンキンに冷えてなく、若干温くなっているのがいつも気になった。

栓抜きを使わず、直ぐ飲めるようにとの心遣いだと思いますが、衛生面もあることですし、もしかして使い回しのビールだったりと~

色々と想像したくないことが大きくなってしまう。

そういった環境で、毎日何本も飲んでいたので、二度とこのビールは飲みたくないし、見たくもないと思っていましたが、あの時のビールって日本で手に入るものかと、ふと思ったのでした。

探すと比較的近い場所に、そのビールを取り扱うお店があった。

このお店は、小さな間口ですがフィリピンの食料、化粧品販売、フィリピン料理レストランで、飲み物以外にも色々な食材が揃っており、現地の方には親しまれているようで、何人かお見かけしました。

ビールには何種類かあるようですが、店員さんに、昔からフィリピンにあるビールといったら、San Miguel Pale Pilsenサンミゲル スタイニー瓶(税込350円)を持ってきた。

そして、懐かしのサンミゲルビールが目の前に、この不格好な瓶の形、ラベルは使用せず瓶に直接プリント、ラベルは貼ってあったような記憶がありますが、たぶんこれでしょう。

早速、飲もうと思って栓抜きを探したところ、これまたレトロな栓抜きが・・・・・
最近は缶ビールが多く、瓶ビールは久しぶり。
栓抜きにはリボンシトロンの文字が、昔飲んでたな~

栓抜きが懐かしい

肝心の味ですが、香りが強く感じ、度数の割に軽い感じがします。
味など、昔のことで忘れてしまったが、飲んでも酔わないビールだと、それだけは覚えていたが、その通りだと個人的には思った。

たまに、こういったビールを飲むのも面白いですね!


スポンサーサイト
2012/01/26(Thu)16:38
食事トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │