FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 アクシデント~  /2012年07月25日(水)
待ちに待ったツーリングでしたが、下調べもせず頭に中で地図を描き、この辺を曲がれば行けるな みたいな感じで早朝2時50分頃自宅を出発。

前日まで何処に行こうか悩んでいて、定番の御荷鉾スーパー林道中津川林道と決めていたが、関越自動車道路を走行中、同じ所ばかり行ってもしょうがないと急遽、長野県と群馬県を跨ぐ位置にある毛無峠へ向かうことに~

国内・国道最高地点、標高2,172mの碑

ある程度頭の中に何処のICを降りて、次は左など記憶していたつもりでしたが、年老いた頭の中は整理が行き届かず、本来 上信越自動車道東部湯の丸ICで降りるはずが、行きすぎて次の上田菅平ICで降りたためR144(長野街道)で逆に戻る形となり時間をロス。

途中、タイヤショップのおじさんに毛無峠は何処かと尋ねると 日本ロマンチック街道の方をいけば良いよ~ と教えられ、嬬恋高原や嬬恋牧場を抜ける日本ロマンチック街道、場所によっては万座ハイウェーとも呼ばれる有料道路 三原~万座温泉間(2輪車720円通行片道1回限り)からr466(万座道路)→R292をひた走る。

途中、渋峠付近にある国内・国道最高地点、標高2,172mの碑が設置されており、子連れの若いカップルに写真を撮ってもらった。

国内・国道最高地点、標高2,172mの碑 XRと私

  お返しにこちらも撮ってあげましたね~

ここで、暫く休憩をしていたが、気温が低く寒くなってくると、場所もわからないで走っているのも、時間の無駄だし、何だかんだで、帰りたい方向に気持ちが揺らいでくるものです・・・・・・

午後1番には帰る予定だったので、ここで折り返すことにしました。
林道を走ることなく、普通のツーリングとなってしまったが、後々、アクシデントが発生し、林道を走らなくて良かったと~

帰宅途中、上信越自動車道 甘楽SAで小休止し、何気にチェーンの張りを見てたら、チェーンスライダ(チェーンがスイングアームに当たらないようにするゴムカバー)の上部が千切れて横を向いていた。

何となくメカノイズらしきものが大きくなったとは思っていたが、まさかチェーンスライダが切れて、時にはスイングアームに干渉した異音だったとは思いもしなかったです。
今更、どうしようもないので、チェーンの遊びを調整して弛みを若干無くし、チェーンスライダになるべく当たらないようだましだまし帰ってくるしかなかった。

13時前には自宅に戻ることが出来て、チェーンスライダを確認すると走行中に上部が吹っ飛んでなくなってました~

すっ飛んだ

4月にそんなことを予想して、チェーンに関係する消耗箇所のチェーンスライダー、チェーンスリッパ、チェーンガイドスライダー等の経年劣化や摩耗を考えてパーツを注文blog)していたのに、見た目が綺麗だからと交換をしないでいました。

17年も経てばプラスチック・ゴム類は劣化してますね・・・・・

林道を走っていたら、間違いなくスイングアームは傷だらけになり、チェーンも傷んで下手をすれば走行不能になっていたかもしれない。

  考えさせられるツーリングとなった!


話は変わりますが、CLARKE(クラーク)社のナチュラル色タンクblog)は今回のツーリングで余裕と安心感をもたらしてくれ、遠出のツーリングが楽しかった。
要は、車で言えばガソリン残量インジケーターを見ているのと同じことで、走行中に分かることや燃料が約+5L増えるだけでこんなに違うものなんだと。

夏のツーリングに向けてメッシュパンツを初めて使用したが、早朝の高速道路と標高の高い場所だと快適を通り越し、震えが来てしまうことがあり、その時だけ足に新聞紙かビニール袋を巻くなど、対策が必要かも。
走行距離の割に疲れがないのは、メッシュパンツを履いていたからかも知れません。

今回から履くことになったショートブーツblog)は硬くもなく最初から馴染んでおり、足の疲れは特になし、SAでの買い物や食事も凄く楽、何よりライディング中に窮屈間がないので疲労も少ないと思う。


メモ書き
積算距離 : 10,520km
走行距離 : 569.20km
走行時間 : 10h38m



スポンサーサイト



2012/07/25(Wed)15:22
バイクトラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │