FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 復活計画(2)  /2013年12月29日(日)
30年以上前のRCバイク FUJI QUARTER 19のエンジンパーツ取り用に新品のFUJI 19 Ⅲ-M 型を入手。


FUJI 19 Ⅲ型といっても、タイプが幾つかありFUJI QUARTER 19搭載のエンジンは専用設計となり、始動性を考慮してかダブルシャフトでバックプレート側にもフライホイールが付いています。

趣味とあなたとBlog)に出演時の映像を見る限り、クラッチ側のフライホイールでエンジン始動をしているのでノーマルエンジン(バックプレート側にフライホイールがないタイプ)でも始動は可能なようです。

しかし、現物を見る限りクラッチ側のフライホイールはキャブレターやギヤが直ぐそばにあり、ここにスターターのゴムを入れるのは難しく、想像ですが紐かゴムベルトを使っていたのかもしれません。


専用のエンジンは、外側にあるフライホイールにスターターを楽に押し当てることができるので始動が容易ですね。
但し、フライホイールというより、プーリーに近く、紐かベルトを溝に入れてスターターを使うようにも見える。
平面な側面にスターターを押し当てても中心がズレてしまうので、スピンナー型になっていれば逃げないと思いますが、出っ張りがあるとカウルが付かないなど問題が~~

わかりませんが、そんなこともあって最終的にこの形になったのかな・・・・・

入手したエンジンはバイクに付いているエンジンに不具合があったとき、パーツ予備用として使えたらと思いました。

エンジンが回るようにして、本当なら走らせたい気持ちですが、今時、アスファルトで自由に使える広い場所がないこと、万が一転倒してフロント廻りが破損してしまうと、再びこのバイクを入手するには困難なことでエンジンサウンドで精一杯かも・・・


iPod touchから投稿


スポンサーサイト



2013/12/29(Sun)17:10
ラジコントラックバック(0)コメント(2)
 │ 日記TOP │