FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 PODIUM ICE  /2017年08月05日(土)
サイクリング専用ボトルのPODIUM CHILLPODIUM ICEを持っていて、取り敢えずPODIUM CHILLblog)から使ってみました

ボトルを握るだけで自動で開閉するJet Valveは勢いよく飲料が出てくるので、疲れて息苦しいときなど楽に飲めますね~


逆に簡単に出てくるので空っぽになるのが早いかも・・・・

ボトルケージはダウンチューブ取付で、通常のペットボトルより全長があり直径も若干ありますが前後に揺さぶられケージから脱落したり、出し入れしにくいなどは特になかったです

この辺はケージ形状やサイズによって違いがあると思われます、又激しいダートなどを走ったら定かではありませんがフラットな路面での使用では今の所トラブルなし


Jet Valveは飲料が不用意に漏れないようロック機構があって、鞄などに入れて持ち歩く際、本体を押しつぶす可能性があればロックしないと吹き出してしまいますね

因みに、サイクリング中は終始ロックはしてませんが漏れは一度もなかったです

PODIUM CHILLの保冷能力はどうだったかというと外気温、中に入れる氷の量、出発直前までの保冷状態によって大きく左右されると思います

僕の場合、色々と試しましたが目安としてだいたい1時間一寸かな~


それで、PODIUM ICEは同容量(620ml)にもかかわらず値段はCHILLの約2倍、保冷能力は保冷機能を持たないボトルに対して約4倍、一般的な保冷機能があるボトルに対して約2倍との謳い文句

そのスペックを信じるなら、この猛暑の中、使う順番がPODIUM CHILLPODIUM ICEではなく

 いきなり PODIUM ICE でしょ~

で、本日デビュー~~

CHILL と同容量ながら高さはICE の方が約25mm大きい デカッ!

素人目に大きさ以外、外観や中身は同じように見えるが何処が違うのか分からん~


ICE(高さ約270mm)はCHILL(高さ約245mm)より全長が長いことで、フレームサイズによってはボトルケージに収まっても取りづらくなることがあるようですが、こちらのダウンチューブに付けた10年以上前のケージですが問題ありませんでした


ダウンチューブのケージに付けたときの大きさ比較


前日、容器に1/4を氷、残りにアクエリアスを入れて冷蔵庫へ

だいたい同じ給水ポイントとなりますが、冷たさを維持しており、氷が溶けずに残っているのが分かりました

1・2時間くらいは冷たさをキープ、3時間後では氷が全て溶け、冷えているけど限りなく常温に近い微妙な温度かな?

Jet Valveはロックしなくても漏れはなかったですが、気温との温度差でボトル表面に結露が発生しポタポタと垂れることはありました

後、思ったのはJet Valveをロックすれば、少しは外気温から遮断され保冷時間がもう少し延びるかも と思いました

どっちが良いかと聞かれると、どちらも甲乙付けがたい

CHILLはICE程の保冷能力はないが大きさはICEより小さめ、小まめにコンビニや自販機の冷えた飲料を補充することで役割は果たせる

ICEはCHILLより保冷能力が長いとはいえ驚くほどではないと思う、それにボトルが大きくなり圧迫感が気になる
それぞれ、氷の量を増やすとか飲料を冷凍させるとか工夫すれば保冷能力がUPすると思いました


取り敢えず2種類あるので、気温や気分?に応じて使い分けてみたいと思います


17/08/09追記
前日にPODIUM ICE容器にCCDドリンク、3/4程の氷を入れて冷蔵、当日は気温27.2℃ 湿度81%、時間帯が03:40~06:55、3時間15分の走行時間で氷は全て溶けてしまいましたが冷たさはキープ!


iPhone から投稿


スポンサーサイト



2017/08/05(Sat)17:20
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 4gの軽量~  /2017年08月05日(土)
前々から17 MERIDA BIG.SEVENのR側ブレーキの効きが

    カキッ!

ではなく ヌメーッ キイー!

   といった感じ

効きが悪いわけではなく支障もないのだが僅かなブレーキタッチが気になる

たぶんエアー抜きをおこなった際、ミンクオイルがブレーキパッドに付着したと考えられます

パーツクリーナー等で脱脂してみましたが、やっぱりダメで、このような時は新品と交換するのが手っ取り早い


その他、XTR用Fキャリパーボルト上下に交換

元々、この車両にはXTのキャリパーが付いていたのでボルトもXT用、上側(長い方)10g、下側(短い方)9g

交換後、XTR用キャリパーボルト上側(長い方)8g、下側(短い方)7g

XT用と比べ、ヘッド部が小さくなって上下の合計が19g→15gへ 4gの軽量~~

ほんと僅かながら軽量です


メモ書き
・ディスクブレーキパッド
G02A RESIN(XTR XT SLX ALFINE)

・BR-M987 Caliper Fixing Bolt Unit
上側(ロング):Y8LF98040
下側(ショート):Y8LF98050


iPhone から投稿


2017/08/05(Sat)17:03
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 思い込み~  /2017年08月05日(土)
気温26.7℃ 湿度93% 風速1.0m/s(曇)
日の出/日の入り(新宿)4:52:16/18:42:07

積算距離:669.89Km 走行距離:49.43Km
走行時間:02h44m 平均速度:18.0Km/h
所用時間:03h30m ケイデンス:60~90rpm
03:40~07:10


自宅~狭山湖林道入口の私立第一学校給食センター往復
(往復50kmコース)

時間を有効に使うため3時に起床、前回と同様にライト点灯、リア点滅で3:40には自宅を出発!

暗闇の中の誰もいない夜道は走りづらく流石にこの時間帯は誰も見かけませんでした

川沿いはポツポツと外灯はあるものの、お化けとか幽霊なんかより、いかれた人間が身を潜めてないか、追っかけてきたりしないか、そちらの方が恐いな~

そんなことで、いい年した中年が何回か後方確認をしつつ鳥肌が立ちましたよ~

お気に入りの自撮りポイントもまだ暗闇だったのでスルー

周りの景色が暗いと距離感がつかめないし、楽しさも半減です


一向に晴れる気配が感じられず薄暗い空の下、立野橋を過ぎた頃に霧雨がポツポツと~

折角のポタリングもここまでか~

もう諦める体制でしたが、これから向かう空は何となく明るかったので、もう少し強めに降ってきた時点で引き返すことにしました


コースをミスることなく武蔵村山市立学校給食センター(05:16着)に到着!

道を覚えてしまうと早いものですね


今更ながら走っていて気がついたんですが、疲れを半減する意味でフロントショックのロックアウト機能を逆に操作していたことが分かった

ハンドルバー左側にCTD ADJUST用リモートレバーというのがあって3段階をコントロールする手前の銀色押しボタンを上からカチッ! カチッ!と2段階押し込めるレバー


奥側の黒色ボタンを押すと、全て解除され一番上に戻る仕組み

その一番上にある状態が→フル・トラベル
1段階押し込む→ミドルレンジ
2段階押し込み→ロックアウト

となっているのを、勘違いして逆の操作で走ってたことが判明~

何を根拠にしてたかは不明で、一番奥に押し込んだ状態がフル・ストロークだと勝手に思い込んでた模様

最初の頃、ダートを走っていてフルストロークの割に腕が痺れ100mmトラベルはこんなものかと我慢していたが、実はロックアウトで走っていた~~

アスファルト路面では逆にフルストローク状態で常に走っていて、何となくフニャフニャするとは思ってたけど、最近のサスは進化したんだと思い込んでいた!

そんなことで、修理出したばかりなのに、また調子悪くなったか~ と

走りながら、3段階のリモートレバーをそれぞれ押して確認したら、一番奥(3段目)に押し込んだ状態でシッカリとロックアウトしてることに初めて気がついた・・・・・

これって~~

そういうことだったの~


アスファルト路面で激変し、もの凄く走りやすくなったので驚いた!

FOXに油漏れとロックアウトしない件で修理出したけどロックアウトに関しては問題なかったのかも・・・・・

  ヤバッ!

中年になると思い込みが強くなる~ (^^ゞ


iPhone から投稿


2017/08/05(Sat)08:08
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │