FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 T-REX S9257へ変更  /2007年07月12日(木)
T-REX450ラダーサーボとして支持されているFutabaの1/12 EPカー用デジタルサーボS9650からジャイロ専用ハイスピードサーボS9257に変更し、ホバリング状態から少しスロットルをあおった時に、ラダーが少し持って行かれ遅れて直ぐに戻る状態が改善するかと思いましたが、劇的な変化は見られませんでした
ジャイロ専用ハイスピードサーボ S9257

ジャイロ専用と言うことで気分的に安心した位でしょうか!
それよりピッチやプロポを先輩方に見て頂くと、見直しの必要箇所が沢山発見されました。
取説どおりにピッチ調整をしたつもりが
ホバリング+5°が+2°・ハイ+9°が+7°でした。
(だいたいピッチゲージの見方も把握していませんでした~)
先輩曰く、台に乗せて目線の位置で見ないといけません!
マイクロピッチゲージ

確かにホバリングするまでモタモタしており浮くのに時間が掛かりパワーも非力に感じた位です。
プロポのTHRO CURVとPIT CURVも併せて再度見直しすると今迄のT-REXは何だったのかと思う位、もの凄くパワフルになりました。
又前回指摘されたラダーの効きをEXP(エクスポネンシャル)で調整したつもりがD/R(デュアルレート)とEXPを間違えて設定してたりして瞑想状態。
ついでにラダー・エルロンもEXPを+50%にし多少マイルドにしました。
今日は、殆ど調整で終了してしまいました!
仲間が新しく購入したThunder Tigerのmini Titan E325 EPはT-REX同等に安定しパワフルな飛びをしてました。
初飛行なのにループまでするなんて・・・・・

サーボスペック
寸法・重量はどちらも同じ35.5×15×28.6 26g
スピード・トルク @4.8Vで
S9650 0.11sec/60°4.5kg-cm
S9257 0.08sec/60°2.0kg-cm
スポンサーサイト



2007/07/12(Thu)13:25
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
<<T-REX テール振られ解決 │ HOME │ T-REX GYRO位置戻し>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/104-e9b6d4b5
 │ 日記TOP │