FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 T-REX pirouette  /2007年09月21日(金)
最近、飛行場入口の門が6時30分頃からしか入れなくなったようです。
入口前で、既に待機中(爆睡中)の遠○氏とクラブ副会長と合流、メンバーは、私を含め3人のみ!
やっとグランドも干からびてきました。
今日は、風が多少あり(風速計で3~4m/s)フライトモードST-1(スタント1)でいつもの直線・ストールターン・ループ・ロールと行いましたが、上空では尚、風が強いらしく機体が流され何回か点のようにしか見えないくらい離され、怖い思いをしたので上空練習をやめ、日の当たらない柳の下で、ピルエットpirouette)の練習に徹しました。
高さを目線の位置でホバリングしながら、ゆっくりラダー旋回で360°回転。
本来ならマストを中心に回転しなければいけないのだが、中々軸の通ったピルエットが出来ません!
右回りは出来るようになったが左回りが苦手で、ある位置まで回転すると怖くなる場所がありコントロール出来なくなり恐怖心を憶えます。
こういったときは焦らず地道に練習するしかないだろう・・・・

昨日と違い、日差しは強いが、湿度が低いので木陰に入ると爽やか、蒸し暑さはなくなりました。

仲間がおもしろい電動ヘリを持ってきました。
HIROBOX.R.B-SR lamaで胴体全長約360mm、外観上一般の電動ヘリとの違いはメインローターが上下にある同軸反転方式
HIROBO X.R.B-SR lama
一般的な電動ヘリはテールローター式
テールローターの揚力でトルクを打ち消すため、テールの発生した揚力によって機体の横流れ(ドリフト)が生じるため、空中で静止するためには機体をケツホバから見た状態で僅か右に傾けて姿勢を維持します。

同軸反転方式は上下2段のメインローターを、それぞれ逆回転をさせ反トルクを打消し合う構造。
メリットとして、テールローター必要としないため機体を小さく出来る。完全に水平状態でホバリング出来る左右のラダー旋回がスムーズローター回転をすべて浮力に出来るため、効率が良いらしいです。
実際、飛ばさせてもらうと一応コントロール出来ますが、旋回のためラダーを使うとパワーが食われ、大きく下がります。
テール部分に可動箇所はなく只の飾りで、本機はアクシデントのためもぎれていましたがそれでも安定して飛ぶ所は、ドラえもんタケコプターのようでした。
これは室内専用の電動ヘリですが、屋外でも微風であればそこそこ楽しめそうです。


フライト回数 10回
スポンサーサイト
2007/09/21(Fri)13:18
ラジコントラックバック(0)コメント(2)
<<Flip練習 │ HOME │ T-REX ロール再確認>>
メインシャフト
ゆうじさん こんにちは!

写真拝見しました。
メインシャフトを強化タイプにしたそうですが
かなり曲がるものなのですね。
こちらも参考になります。
純正のドライブベルトは保ちが悪いようで
現在はSPD強化ベルトを使用してます。
(ブログに詳細がありますので参考に・・・)

モーターのピニオンギヤを止めるイモネジは、先端に
ロック剤を少し塗布し、なめない程度に締付けている
だけす。飛行前に、ネジのゆるみがないか他の箇所も
点検しています。

色々なトラブルに遭遇しているみたいですが、その分、
着実に進歩しているのではないでしょうか!
復活2度目
風見鶏さんこんばんは

離陸直後に破裂。。。モーターの出力を上げた状態のまま、ブレードが砕け散り結構迫力ありますよ;;昨日修理後、ようやくまた。。。っと思いきや、又破裂しましたw原因は、ローターグリップに接続してあるリンケージの亀裂でした(苦笑)
推測ですが1回目の破裂時の原因はリンケージが完全にでは無いのですが、ずずっと半分抜けた事により、片側のローターのみ角度が急激に変わり、ばーんっと砕け散り、2度目はリンケージが完全にすっぽ抜けた為、片側のローターが風向きと直角になり、そのまま砕けたんだと思います。別添写真お送りいたします。2度目はマスト、フライバーのみの交換で済みました;;本日練習に行きましたがバランス総崩れ。。。おまけになぜかテールローターのベルトが切れてしまいました。。。なかなか思うように行きませんよ。モーターのピニオンがしょっちゅう緩んでしまいますが、風見鶏さんどーしてますか?では又修理の時間に突入です;;
2007/09/23 21:46 │ ゆうじ URL #-[ 編集]
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/128-a400f82c
 │ 日記TOP │