FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 零戦エンジン全開  /2013年08月30日(金)
所沢の航空発祥記念館で、待ちに待った日本の航空技術100年展 零戦エンジン始動&タキシング見学会に行ってきました。

このフレーズ使いたくないけど・・・・


いつ行くの 今でしょ~

  本当に今しかなさそうです。

こんな機会が今後あるのか分かりませんからね~~

イベントの特設会場となった場所は普段 駐車場として使われている屋外スペース、残念ながら外から見えないよう白のシートで隠されて中を見ることはできませんが、エンジン音だけ聞ければ良いというのであれば、特設会場外でも無料で聞けますね。

周辺には抽選もれの方であろう方達が沢山いらっしゃいました。

航空機の格納庫を模して作られ、大きな扉が開くとゼロ戦が後ろ向きに姿を現し、何人かのスタッフに押され後ろ向きで登場!

見た感じでは機体が軽いのか、移動は容易に感じます。

早く並んだとはいえ座席は自由席で早い者順、最後部に座れたものの前の方が立てば見えなくなり、立ち見の方が逆に良く見えたかも~

他のお客さんの会話から聞き慣れない地方の方言が飛び交い、近県ばかりでなく、この見学のためにわざわざ遠方からいらしたようです。

この零戦には通常にはないセル(始動を容易にする電動スターターの追加装備)が装備されているが、そのためのバッテリーは積んでいないようで、地上に置かれたバッテリーよりケーブルが零戦に繫がれ、始動しているように思われました。

客席に向かい正面位置より、ゆっくりとプロペラが回り出し黒煙を上げエンジンが掛かかり安定すると その迫力あるサウンドが響き渡りました。

零戦エンジン始動&タキシング見学会

推力式単排気管はほぼオリジナルそのまま再利用されているという排気口からは、アイドリング、タキシングのため回転を少し上げた状態、前輪にストッパーを付け最大出力を出す場面を含め、思ったほどの爆音でなく耳障りでもないのが意外、かえってレース用の車から出る排気音の方が甲高く、喧しく感じました。

これが零戦のエンジン音か~ 感動!!

古い映像で見るのと実際に目の前で見るのとではやはり違い、タキシングしながらエルロン、ラダー、エレベーターも動かしてましたね!

眺めていて 日本の戦闘機なのに、外人が零戦のコクピットに入り日本人の客席の前でタキシングしている姿も不思議でしたが、保管・メンテナンスにお金を掛け、現在まで飛行できる完璧な状態に保っている方が日本人でないというのが少々悲しい現実かな・・・・・・

一機ぐらい、飛行可能な零戦が日本にあっても良いのだが?


この日は気温が上がり、暑く会場内も蒸しましたが零戦が客席より後ろ向きになった時、プロペラの風が勢いよく流れ込み排気ガス臭さはありましたが扇風機代わりになり気持ちよかった~


あっという間に、エンジン始動&タキシングが終わり、最後にイベントで操縦士をつとめたPLANES OF FAME(米国航空博物館)の館長、ジョン・マロニー氏より事前に得た零戦の質問を回答、その際、何回もマイクの調子が悪くなり話しが中断し、双方調子狂いますね!


終了した頃には雲行きが怪しくなり、最寄りの駅(航空公園)に向かう途中で、ポツポツと雨粒が、、、

この零戦を再び目の前で見ることはないだろうな・・・・・・


iPod touchから投稿


スポンサーサイト



2013/08/30(Fri)17:38
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
<<今日も朝練 │ HOME │ 綺麗な朝焼け>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/1363-e2c8d46a
 │ 日記TOP │