FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 復活計画(5)  /2014年01月31日(金)
FUJI QUARTER 19の再メッキが完了し、序でに使用しているネジやボルトを新品にしようと、いつも頼りにしているネジ屋さんにいくと一般に広まっているISO規格ではなく全てユニファイねじが使われているようで、全部揃えることができませんでした~


ユニファイねじはサイズ基本寸法がインチのためインチねじとも呼ばれ、ユニファイの中に並目のUNCや細目のUNFというのがあり、ねじ山数やピッチに微妙な違いがある。

昔に製作されたものとはいえ日本製のラジコンオートバイなのに、ネジやボルトはアメリカやイギリスで使われるというインチねじ仕様とはちょっと予想外~~

同じ物を揃えるには時間が掛かりそうなので、双方バカ穴が空いている箇所に関しては、ISO規格に直し、インチねじのタップが立ててある箇所はそのままオリジナルねじを使うことしました。


iPod touchから投稿


スポンサーサイト



2014/01/31(Fri)16:23
ラジコントラックバック(0)コメント(2)
<<復活計画(6) │ HOME │ 木々の中を~>>
Re: 40年後に知りました。
オーナー オブ フジバイク様

コメントありがとうございます。

こちらも新しいものと交換するだけと簡単に考えていましたが、ネジ屋さんでインチねじのことを知り、そこで暫く停滞です。

普通のお店では取扱がなく、専門のお店で入手するしかありませんね。

FUJI QUARTER 19は販売台数が少なく安定感も悪く操縦者を選び一部の方にしか受け入れられなかったかも知れませんが、実際に走らせて操縦された方には思い入れもひとしおではなかったでしょうか。

現在のハイテクRCバイクとはディテールや安定感など比べものになりませんが、当時は確かに輝いていたと思います。

40年後に知りました。
仕事が建築関係だったので、インチネジ、の 存在は知つていましたが、まさか、こんな手近で使用されていたとは、、、、、、、

40年前、、、、、
メンテ中、フレームとダミーのガタに気着きました。部番S-15蝶ナツトの脱落、紛失です。手持ちの同径ナツトで締めようにもピッチが合いません。

一方、
フジバイクの出荷の荷状態はマニヤ向けと言いましょうか、表装、梱包、等、手作り感、満載です。
部品は、小単位で手書きの明細書と共に
ビニールで包まれ、セロテープでとめられていました。
その為でもないでしょうが、
シャフト、ナット、共1本。1ヶ。余分に入った、梱包も有り、
これで、しのぎました。

推測ですが製造元の富士物産がインチ、基準の仕事をしていたか、将来を見越し欧米諸国への流通も念頭にあったかもしれません。

補助輪、無しで本格的に”二輪で走る” このことは当時、センセーショナルな事だつただけに、、、、世界を見据えて、、、、、、あながち、そうだつたかもしれません。
2015/05/02 11:42 │ オーナ オブ フジバイク URL #-[ 編集]
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/1446-2f1e76d3
 │ 日記TOP │