カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 スロットルアシスト  /2014年08月01日(金)
高速道路など一定のアクセル開度を保つために用意した新兵器がこちら~

ROUGH&ROADの"TRスロットルアシスト"!


最近、高速道路で1時間以上アクセルを開けっ放し運転することで意外と手首の疲れが・・・・・

大型バイクなら少ない開度ですむと思いますが250ccだとアクセルをフルとまではいきませんが、かなりひねって、そこをキープすることで全閉に戻ろうとするキャブ側のスプリングが最も強い状態になり非常にくたびれる~

昔からこのような商品はあって、主に外国の信号のない何処までも道が続くハイウェイをハーレーなどで使うイメージが強かった!

だいたい、細かな動きはできないので危険だし、こんな物を使うようではバイクに乗る資格がないんじゃないの~ などとも思ったが・・・

高速道路の走行で、いつも夜明け前で夏は涼しく行きはワクワクする気持ちの方が強く余裕があって疲れなどはないのだが、昼過ぎの帰る時間だと気温が30度を軽く超え、いくらメッシュの上下を着ていても暑く、同じ格好を維持しているので高速道路に入り、これで家に帰れると緊張の糸が切れた瞬間に体中の痛みが一気に襲ってくるし、手の力もヘロヘロ~

毎回、この瞬間がいつも辛いのだが、数日経つとまた行きたいな~ と!

少しでもこのようなことが軽減できるのであればと、高速道路限定で使うことを前提にFAZE(スクーター)で使ってみました。

取付はアクセルグリップに付属の薄い幅広ゴム輪を付け、そのゴムの上にプラスチック製の切れている箇所を少し広げスロットル横から差し込んで取付完了。

早速、高速道路に入る前に 手のひらを添える出っ張りを適当な位置で決めて出発。

この時点でブレーキのしにくさや角度が合ってないことに気が付くが、そのまま走行しているとしだいに手首が痛くなってきた~

というのも手のひらで押さえる出っ張りが若干上過ぎて極端に言えば手首がくの字になった状態になり、路面の衝撃を受けると手首が柔軟に吸収できなくて快適どころか苦痛に~

走行中の微調整はできなかったのでPAまで我慢し、そこでスピード範囲(僕の場合80~100km)を決める時、スロットルアシストを回して手首が平行になるようにすれば良いことが分かった。

何回か微調整を必要としたが、この角度が決まると快適なクルージングになり非常に楽~

これは中々の便利グッズ、常にフロントBOXに入れて高速道路に入るときは使うことにしました。

クラッチ車と違いスクーターなどはエンジンが掛かった状態で不用意にアシストなどに触れたりすると飛び出したりするので注意、また町乗りでの使用はフロントブレーキ操作がしにくくなるので危険です。


iPod touchから投稿


スポンサーサイト
2014/08/01(Fri)13:51
バイクトラックバック(0)コメント(0)
<<伸びてきた~ │ HOME │ 側枝来たー>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/1577-6a57e69c
 │ 日記TOP │