カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 GT-001  /2014年08月09日(土)
さんざん悩んだ挙げ句、やっぱりGT-001を~

それではGT-100blog)が無駄なってしまうと思ったが、BOSS TONE STUDIO for GT にて双方向のデーター互換があるとのことで自宅ではGT-001、たぶん練習教室(スタジオ)には行くことがないと思うけど、その時はGT-100と使い分けを考えた。

但しメーカーよりGT-100の方が細かいパラメーターが可能でGT-001にそっくり引き継がれないこともあるとか~

僕の場合はそこまでシビアな要求はなく、小スペースにてマルチエフェクターを椅子に座り、疲れない姿勢で操作できれば良しということで導入。

GT-001

GT-100では最近、足元の液晶画面が見ずらくて胡座をかいて弾いてることが多くなり窮屈に感じてたのだ。

しかし、GT-001付属の薄っぺらい取説では詳細がよく分からずメーカーに電話しながら少しずつ理解中~

あいにくメーカーもお盆休みに入り暫くは質問できないか・・・・

GT-100などバンクの中に音源の違うパッチをたとえば4種類とか作って管理してましたが、GT-001ではバンクというのがなく、パッチのみということなので1曲目はパッチNo.001~004、2曲目のパッチNo.005~008をそれぞれA・B・C・Dボタンに割り当てる使い方でバンク管理はできないようです。

パッチ切替などA・B・C・Dボタンを手元だけではなくフットSWでも切り替えられるようFS-6を用意した。

FS-6の外部設定は、取り敢えずB SWでA→B→C→D、A SWでD→C→B→Aとなり順繰りに次に送るか戻るだけ。

椅子に座った真横にGT-001、その上に廃番のmicro BR、床にはコンパクトなフットSWがあるだけ、小スペースで理想の環境になってきた。

卓上もしくはギターを弾きながら真横でパラメーター操作できるのってホント楽です~

これで形は整った!

後はお決まりの練習あるのみだが、どうなることやら~~


iPod touchから投稿


スポンサーサイト
2014/08/09(Sat)17:18
音楽トラックバック(0)コメント(0)
<<点滴針 │ HOME │ 伸びてきた~>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/1583-0ad42f2c
 │ 日記TOP │