カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 六義園(Rikugien Gardens)  /2007年12月12日(水)
江戸の名園を今に残す和歌の庭
六義園は五代将軍・徳川綱吉の信任が厚かった、川越藩主、柳沢吉保が元禄15年(1702年)に築園した和歌の趣味を基調とする回遊式築山泉水大名庭園だそうです。
江戸の名園を今に残す和歌の庭
江戸時代の大名庭園の中でも代表的なもので、明治時代に入って、三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸となり、昭和13年(1938年)東京市(都)に寄付され、昭和28年(1953年)に国の特別名勝に指定された貴重な文化財となりました。

当園は、池を巡る園路を歩きながら季節の移り変わる景色を楽しむことが出来ます。
そのせいか、紅葉の時期にあり写真撮影する方が多く見受けられました。
六義園 見事な紅葉 まだ間に合いました。六義園 紅葉で美しい山陰橋
内定大門の広場には、戦後、植栽されてから、50年以上経過している高さ約13m、幅約17mのエドヒガンという品種が変化した枝垂桜(シダレザクラ)が満開時期に、枝いっぱいに見事な花を咲かせることでしょう。
07年11月23日(金)~12月16日(日)の9:00~21:00迄、紅葉と大名庭園と題してライトアップされている。
日曜・祝祭日の11時と14時の2回、ボランティアガイドが一緒に園内を散策しながら六義園の見所、日本庭園の話、歴史の話、和歌の話を説明してくれます。所要時間約60分(無料)

入園料 一般300円 65歳以上150円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
入園料の支払いでは、SuicaPASMOが使用出来ます。
休園日 年末年始
開園時間 9:00~17:00
所在地 東京都文京区本駒込6-16-3
駐車場 なし(付近にコインP有り)
スポンサーサイト
2007/12/12(Wed)14:58
探訪記トラックバック(1)コメント(0)
<<進歩してる? │ HOME │ 見やすいボディーの色は!>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/164-3110ba56
TRACKBACK
徳川綱吉徳川 綱吉(とくがわ つなよし、正保3年1月8日 (旧暦)|1月8日(1646年2月23日) - 宝永6年1月10日 (旧暦)|1月10日(1709年2月19日)、在職:1680年-1709年)は江戸幕府の第5代征夷大将軍|将軍である。3代将軍徳川家光|家光の4男、幼名は徳松。母は京堀川の八百屋お...
みどりのblog │ 2007/12/28 05:37
 │ 日記TOP │