カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 タイヤ製造日  /2015年05月16日(土)
バイクは日常的に使ってるので、こまめなメンテナンスを心掛けていますが、車となるとボディーやホイールなど綺麗に磨いてピカピカにすれば、そのような雰囲気になり足回りなど気にしないで終わってしまいます。

ですが~ 昨日、山道を走ったことでタイヤのことが気になり、いつ頃交換したっけな~ と ふと思いました。

走行距離がわずかであると交換サインであるスリップサインやタイヤサイドのひび割れ、傷など目安としてハッキリと現れない場合、製造日で経年を知るのもう手でしょうか。

製造日がタイヤに刻印されていることを店員さんから教えていただいて初めて知ったわけですが、通常の場合であれば側面にアルファベットと数字で"製造年週が刻印"され、そこから製造年月を知ることができます。


因みに、交換したタイヤはX1015、アルファベット後半の数字4桁から10は10週目(1ヶ月を4週と見る)を表し2月の2週目、次の15は2015年を表すことで"2015年2月に製造"されたタイヤとなるようです。

見た目は減りも少なく綺麗に見えたけど、前回交換したのが10年3月で製造日は10年2月、5年以上も経ってました~

ゴムや樹脂系は見た目で判断するのは危険で、経年劣化その他により一般道や高速道路の走行中、突然バーストすることもあり、最近この手の事故が増えているそうです。

このようなトラブルに遭わないためにも、初心にかえり走行前のチェックは必要ですね。

ショップによれば推奨2~3年だそうですが、溝の減り具合・製造年週・交換サイン・家庭事情など交換時期は人によってまちまち。

なので、お金があれば車検毎がベストでしょうけど、色々な事情もあるし見た目でハッキリと分かる溝の減りで判断してしまうかな。

今月は、車やバイクの自動車税はくるし お金が飛んでく~


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2015/05/16(Sat)12:03
トラックバック(0)コメント(0)
<<寺坂棚田 │ HOME │ 芦ヶ久保の蕎麦>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/1769-c30163f5
 │ 日記TOP │