カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 去年の激痛!  /2015年06月05日(金)
去年、夏の深夜のこと。

就寝中に突然の激痛に襲われ 目が覚めた。

それは今までに経験したことのない 激痛・圧迫感・息苦しい・ 発汗 それが合わさった感じだ。

最初は腹下りかと思いトイレに行くも、全然催す事はなくて右側の背中がやけに痛苦しく、不思議なことに右半身だけものすごく汗が滴る。

この時点で鈍感な僕でも、流石にこれはただ事ではないと感じ、大げさかも知れないが、もしかしたらトイレで孤独死してしまうかも知れない、そんなことまで考えてしまうほど思考力をなくし切羽詰まった状態になった。


ケガをしたときでも我慢強い方だけど2時間位で限界に達し、人生3度目の救急車を!

大学病院に到着し、何やかんや尿検査、点滴、CT検査だのおこない"尿管結石"と判明~

体の激痛の中では3番めとも言われる尿結石、初めての経験。

この痛みは、小さな結石が狭い尿管に詰まることで、常に腎臓から排出される尿の行き場がなくなり腎臓がパンパンになり障害を起こし激痛となります。

尿検査のカップに採った尿は初めて見るドス黒い色、腎臓を圧迫したことと尿管を傷つけたことにもよるらしいのだ。

尿路結石は、腎臓、尿管、膀胱、尿道などの種類があり、腎臓と尿管に結石がある"上部尿路結石"が殆どを占めるとか・・・・

幸いにも結石が移動したことで数時間後、痛みは完全になくなったが、1度なった人は再発を繰り返すことが多いのだそうです。

思えば、夏のツーリングではトイレの回数を減らすため、又汗をかかないよう水を控えたり、健康にと野菜ジュースを飲み過ぎていたかも知れない。
その他に、反省しなければならないことが沢山ありました。

例えは悪いけど、小便器など洗浄や清掃を怠ると数日で尿石が付着するといわれます、人間の体の中でも同じようなことが起きていたかもしれません。


その出来事以来、意識的に飲水量を増やし、何時起こるか分からない激痛予防に痛み止めボルタレンサポ(座薬)を自宅と会社の冷蔵庫に常備。

このボルタレンサポは要冷蔵なので、常温で持ち歩くことができないんだよね・・・・

肝心の尿管にあった結石は徐々に移動し、約1ヶ月後 尿道に暫く留まり(尿の出が若干悪く違和感がありました)沖縄滞在中、自室のトイレで小さな黒い固まりが出てスッキリしました。

因みに、もし尿管結石などの背中に激痛があったときは、濡らしたタオルをかるく絞りビニール袋などに入れて電子レンジで温め、激痛のある箇所をそれで温めると和らぐことがあります。

順番としては:痛みのある箇所を温める ダメなら→痛み止め ダメなら→救急車で病院 と担当医は言っておられましたね。


毎日平凡に繰り返される生活ですが、"普通に過ごせる" ことが どれだけ素晴らしいことか 実感しますね。


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2015/06/05(Fri)10:49
健康トラックバック(0)コメント(0)
<<昔の日記 │ HOME │ 豚マリネぶっかけ>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/1781-9de23f72
 │ 日記TOP │