カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 ゲゲゲの鬼太郎  /2008年01月19日(土)
07年4月、調布駅北口より、布多天神社へ向かう天神通りにあるゲゲゲの鬼太郎キャラクター像が、何者かによる盗難と破損に遭ったが、全国のファンから寄付金が届き、キャラクター像2体が再建され、11月3日にお披露目となりました。
天神通りにあるゲゲゲの鬼太郎キャラクター像
もう去年の出来事で、会社が近いのでいつでも見に行ける状態でしたが、思っているうちに月日が経ってしまいました。
お昼休みを利用してどんなものか見てきました。
天神通り近くにゲゲゲの鬼太郎の著者、水木しげる氏の水木プロダクション事務所があり、約200mの通りに鬼太郎やネズミ男等の像が確認した限りでは7体置かれていました。
甲州街道と旧甲州街道の入口には天神通り商店街の看板(上部)と通り横に鬼太郎が各2体。
甲州街道と旧甲州街道の入口には天神通り商店街の通り横に鬼太郎途中に 塗り壁
途中、塗り壁ねこ姫ねずみ男の像がありました。
こんな普通の通りに、有名な著者のキャラクター像が置いてあること自体ユニークだと思う。
途中に ねこ姫途中に ねずみ男
水木しげるで思い出すのは、ゲゲゲの鬼太郎だけではなく、実写版の 悪魔くん である。

悪魔を呼び出す時は、コウモリが飛び交う洞窟の中にある魔法円を前に「エロイムエッサイム、エロイムエッサイム、我は求め訴えたり・・・・」と呪文を唱える。
あらためて見てみると、特撮にしても当時としては、しっかり作られてるように思います。
この特撮ドラマはモノクロで1966年(昭和41年)10月6日から1967年(昭和42年)3月30日までNET系で毎週木曜日19:00~19:30に全26話が放送され、東映特撮作品の原点とも言われている。
スポンサーサイト
2008/01/19(Sat)15:36
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
<<NEPTUNE SB-1 │ HOME │ タイマー>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/183-4b18b5a9
 │ 日記TOP │