カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 復活計画(14)  /2015年08月30日(日)
FUJI QUARTER 19 に乗る女性ライダー内のオリジナルギヤ構成図

モーター側の上段から
①プラスティック製 8T ピニオンギヤ
    ↓
②プラスティック製 50・12T ダブル平ギヤ(3mm軸固定)
    ↓
③プラスティック製 50・12Tのダブル平ギヤ(4mm軸フリー)
    ↓
④プラスティック製 50T平ギヤ(3mm軸固定)

下段が
⑤真鍮製 30T(4mm軸イモネジ固定)
    ↓
⑥真鍮製 10T(3mm軸固定)

上記②③⑤⑥を専門業者に依頼しオリジナルで製作

所が②③ダブル平ギヤの50Tを52Tと間違えて製作blog)され、再度作り直しになり やっと全部揃ったところです

全く同じように製作してもギヤの厚さ、本来では圧入箇所をイモネジ固定式とした為、ボスありとなり厚さが微妙に違うので、ユニットにセットした際、ギヤの位置が上下オリジナルと変わることで、本来の真鍮製のスペーサーでは合わなくなり、ギヤが干渉しないようアルミ製のスペーサーをカットして長さを調整


このスペーサーはピッタリだとギヤの回転に影響が出るし、短すぎるとギヤが上下するなど最適な箇所を探るのに時間が掛かりました

というのもその都度、ユニットをバラさなければならないので、少し削っては確認、そんなことの繰り返しです

ギヤ廻りを新しくしたことで小型直流モーター(マブチモーター)も序でに交換することにしました

それで、オリジナルモーターの品番は"RE-26"とあるので、現在市販されている中から"RE-260RA"(玩具・模型用)が型・サイズとも同等なので、取り敢えずこれと交換

モーター側の8Tピニオンギヤも軸に沿って立て割れがあり、トルクが掛かると空回りする状態なので新品交換、半田箇所も剥がれそうだったので、半田付けのやり直しと配線も交換


取り敢えず仮設で単三電池2本(直流の3V)を繋ぎ動作確認を~

動きも早いし問題なさそうです

レバーを動かしたとき右と左の動きが一緒でないので、配線を逆転させるなど細かい修正は後日、今日動かして気が付いたんだけど動作用レバーは少し動かしたら直ぐにニュートラル(モーターが止まる位置)に戻さないと本体が振り切ってしまうようですね

その辺の調整をサーボ側でシッカリしないとプラスチックギヤなど簡単に亀裂が入り、モータには負荷が掛かり 最悪 焼けてしまうかも

パーツも集まり、あいにくの雨模様 こんな時は出掛けられないので自宅での作業が捗ります


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2015/08/30(Sun)16:56
ラジコントラックバック(0)コメント(4)
<<真空タンブラーレポ 2 │ HOME │ 中野 大勝軒>>
Re: 振り切るの件
オーナー オブ フジバイクさん
フォローありがとうございます

ご指摘の通り人形メカの"動作を誤解していた"ようです


以下の内容、分かりズラいと思いますが、お許し下さい

メカをフレームに固定せず、メカを動かすためのサーボとメカのサーボホーンを兼ねた回転式SWにフレキシブルリンケージを繋がない状態で、回転式SWをどちらかON側に倒すと、メカ固定の基盤の接点と回転式SWの接点が一緒に動くため常にON状態となり振り切りの原因になったことがわかりました。

当然と言えば当然ですが、メカ単体で回転式SWを上下すれば、ちょうどいい角度で止まる物と思い込みです

メカ動作用サーボから回転式SW兼サーボホーンに適切なフレキシブルリンケージがつながっていることが重要ですね

シンプルな基盤パターンですが、このアイデアに脱帽です

しかし、それを理解した上でSWを動かすと、今度は止まる位置でハンチング(停止位置で行ったり来たりで止まらない)に悩まされました

音は静かでトルクがあり回転が速いことから停止してからも、ギヤの回転に余力が付いて進んでしまいOFF接点を越え逆のON接点に~

電極の位置の調整など細かいことをしましたが、最終的にノーマルのモーターに戻すことで何もなかったかのように治まりました

新しい部品にするのも良いかもしれませんが、当時に使われた部材が最適なのかと思ったりしています


>"今、私は、この記事を読むに当たりマイ、フジバイクの同サーボを見ながら読ませて頂いています。"

今となっては、大変貴重な FUJI QUARTER 19 の動作確認までして頂き非常に助かります、ただ年代物なのでプラスチックパーツ等劣化が進んでいると思われます、通常に動かすだけでも亀裂や破損に繋がるかもしれませんので大事になさって下さい


振り切るの件
>回転式S.Wを作動さすと人形の倒角度が90°に到する。
>その間もモーターはONのまま

人形メカニツクに少し誤解されてる感じです。
(そうでなかつたらごめんなさい)
サーボが壊れる恐れがあります

この件コメ、でも説明させてもらいましたが再度コメします

マイバイクの場合
>送信器のレバーを右ヘ倒す(送レバーは倒したまま)

>人形は右へ動き出すーーー35°で人形は停止(送レバーはそのまま)
この時モターは停止する
(送レバーそのまま)なれば人形も35°の姿勢キープ

>送信レバーを中立にするーーーー35°傾斜の人形に電源ON
になり中立に向かつて動き出す

尚、この時送レバーの角度と人形の角度は比例しない 

この人形SWは銅エツチングでパターン加工、され、
銅片との接蝕の可否で
入り切りを繰り返す構造です。

これを車体に搭載されたとします。
*右へ倒したい。送信レバー右ヘ
*ステアリングサーボからのワイヤーは人形S.Wレバーを下へ移動して止まります
*この時人形は電源ONになり右へ動きだす
*35°傾いた所で人形SWのパターン切れと銅片が出会い電源OFFになります

人形の動きは送レバーと比例こそしないが あたかもデジタルサーボが
組み込まれているようなかんじです。

したがって組立正常なら動作範囲内(左右70°)で稼働しニュウトラルにすれば直立します
操縦は思うほど難しくないとおもいます。

説明がいまいちで申し訳ありません。
フレームに取り付けたと仮定して”切替レバーの動き”
”人形の動き”の関係を見ていただければ
御理解いただけると思います。

この”振り切る”の件
もし小生の誤解によるコメでしたらお許しのほどを。

2015/09/04 01:12 │ オーナ オブ フジバイク URL #-[ 編集]
Re: ダミー サーボ
オーナー オブ フジバイクさん
コメントありがとうございます。

こんにちは

何とかダミー用サーボか完成致しました

動作確認して動きはスムーズで問題ありませんが、ご指摘の"振り切る"の件は 仮にダミー側にある基板でできた回転式SWを倒したままにするとメカが限界の所まで廻り(90°以上)、その間モーターは動いたままの状態です

基盤をニュートラルにすればその時点で停止しますが、通常のサーボであれば動作範囲を決められ、ハンドルをニュートラルにすればボディーも直立になると思います、しかし、ダミーサーボはライダーの傾きを目視しで確認しながら45°又は0°付近で戻すなどしてコントロールするものなのでしょうか、だとしたら操縦以前に神経を使いますね


"③の4mm軸ストツパーイモネジにエポキシ"の件は想像ですが丁度ボディーの支点となる軸なので頭部に重りを付けた場合や転倒した時に負荷が掛かり、グローエンジンの振動と油の飛散もあって弛んだりズレたりするのかなと思いました

"背中蓋と頭が2mmビスで固定"されている件、こちらも想像ですが頭部に重りを入れたりしてたので、振動と重みで顔の角度が変わったり脱落もあったのではないかと・・・・・

"④のプラスティック製平ギヤは市販の物を流用"の件
ホビー用平ギヤ(モジュール0.5) 50歯×3mm軸 圧入タイプ 4個入で確か200円、因みにモーター側ピニオンギヤは(モジュール0.5)8/10/12T入りで76円でした(8Tだけはなし)
※販売店により値段が違う

RCバイクにはパワーとスピードを求めることから2ストしか見たことがありませんが、走らなくても良いので取り敢えずコンパクトなベンチテストにて4ストエンジンにオリジナル製作のキャプトンマフラーを付け、音を楽しむというのもアリかなと思ったりします

そこからフレーム製作 考えるときりがありませんね


2015/09/03 15:16 │ 風見鶏 URL #-[ 編集]
ダミー サーボ
猛暑も去り、飛行に、製作に、最適の環境が整いましたね。
シーズンインに先駆け、ダミー用サーボの完成御苦労さまでした。
今、私は、この記事を読むに当たりマイ、フジバイクの同サーボを見ながら,読まして頂いています。

その際ダミー背中固定用ナベビス頭が゙ー(マイナス)なのが,時を感じさせます。

さて、拝見してる内、感じたのは、手間、コスト等
大変だったと思います。

ボス付にした為、手間は増したけど先々の事を考えると良かったのではないでしょうか。
写真の如く、綺麗に組上がっていますし、動作OKとの事でしたらダミーサーボの件は一応クリア したんではないでしょうか。        
        
上記の様に久振りにダミー上蓋を外した時に
気付いたこと

>③の4mm軸ストツパーイモネジにエポキシ
塗布跡あり (ユルミに悩んだ痕跡)

>背中蓋と頭が2mmビスで固定されている
     (走行中頭の脱落で悩んだ痕跡)


*④のプラ平ギヤーは市販の物を流用されたのでしょうか。

*記事中 ”今日動かして気が付い。。。。。の件”で 本体が振り切ってしまう とはどの
様な事象でしょうか。
  
(上記での参考)マイバイクの場合、
送信レバーを右へ倒す、人形は右倒ヘ
送信レバーを中立に戻さない限り
人形は右倒のまま
レバー中立ヘ、、、、人形も中立ヘ
左操作も同じ
風見鶏様も同じ趣旨のことを述られているのでしょうか。


ベーグライト製S、Wはワイヤーによるアナログ的リンケージですから、動作の度に誤差生じます
常時人形定位置停止は難しいのでは。。。。

冒頭、R/Cシーズン到来と言いましたが私は
この様なバイク構想をもつています

*ダミー燃料タンクーーーーー本物タンクヘ
(上部キャプより注入)
*小型4サイクルGP搭載
(マフラーも工夫して本格エキゾスト ノートを楽しみたい)

風見鶏さまは実車バイクは経験豊富ですから
こんなのR/C化したら面白いというアイデア
が有りましたらおしえてください。
2015/09/03 01:06 │ オーナ オブ フジバイク URL #-[ 編集]
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/1844-c3fb7d0f
 │ 日記TOP │