カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 鉄剣タロー  /2015年09月24日(木)
最近TV等で昭和の時代に普通に見かけた自販機が今となっては懐かしく、それが現役で稼働してることに脚光を浴びるようになり、当時、利用したであろう多くのファンが懐かしさもあってレトロな自販機の在るお店へ訪れている そんな内容でした

懐かしい自販機にはトーストサンド(blog)、うどん・そば(blog)、ラーメン、ハンバーガー等他にもあるようですが、僕にとって"ハンバーガー自販機"(blog)が特に思い出があります~

10代後半の頃、マクドナルド等のファーストフード店は注文の仕方が分からなくて、店内に入ることができなかった

もっぱら無人自販機の利用が多く、ボタンを押すだけのハンバーガーはよく利用したものです

薄らいだ記憶ですが、当時の自販機にはハンバーガーとチーズバーガーの2種類しかなくて、普段はハンバーガー、数十円の差ですが お金に余裕があったときはチーズバーガー だったと思う

取り出し口に ストン! と落ちた箱を開けると白い紙に包まれた中には熱々でシワシワのハンバーガーが入っている

その紙をゆっくり剥がすと湯気で熱いこともあり、ハンバーガーの匂いより紙ぽい匂いが強かったような~~

バンズの外側は蒸れてシワシワ、中側は水気が飛んで少し固いこともあった、肝心のハンバーガーはペラペラで写真とは似ても似つかないありさま

そんなハンバーガーだったけど、何か特別なものがあって"コカコーラを飲みながら頬張っているときは至福の時"でもありました

今となっては、自宅から数分のコンビニで当時のハンバーガーより何倍も美味しく品質管理のシッカリしたものが食べられるというのに、製造元、賞味期限、衛生面等を考えると危険にも感じる自販機のハンバーガーを無性に食べたくなってしまった!


ネットで探すとレトロ自販機について詳細にまとめられたサイトがあり、参考にさせて頂きました

地方に行けば、まだまだ現役の自販機が残っているようですが、極力近場で短時間で自宅に戻れること、昔の面影がある外観と店内、ハンバーガー自販機があることを条件に入れると埼玉県行田市の R17 沿いにある24H営業オートレストラン"鉄剣タロー"となった

何ともユニークな名称だが行田市には古墳があり鉄剣が出土されているからなのだろうけど、タローの由来は何だか?

思い立ったら ではありませんが、早速行ってきました!

地図で見ると近く感じましたが、高速を使い片道約1時間半・約58kmと結構な道のり

しかし、現地に着くとそんな疲れは何処へやら~


昔、このような建物に来たことのある昭和の懐かしさが込み上げてきます

大きな駐車場と平屋の建物、街道沿いに建てられオートレストランの看板はスピードを出してる車でも遠くから確認できて見過ごすことがなさそうです


駐車場には1台のみ、店内には既に僕より若いカップルが一組、ハンバーガーを仲良く食べてましたね

   その後、誰もいなくなり貸し切り状態~

店内はだだっ広い長方形で、入口が中央にあり左右に延びる 正面より左側にレトロ自販機とゲーム機があり、右側は がらんどう で壁面に奇妙な絵が描かれてる空間があります


店主が書いたであろう張り紙を見ると その空間は2014年8月30日に公開された日活系映画 TOKYO TRIBE(東京トライブ)に撮影された場所で、撮影当日の2013年8月の状態をそのまま残してあるとのこと


そんなことで店内の半分はレトロ自販機群 もう半分は迫力あるポップアート広場といった感じです

トイレはそのアートのある右端で、一部描かれている引き戸を開けた中、ロールペーパーはなく自販機で紙を買うところが、やっぱりオートレストランらしい


両替機もこちら側にあって、1000円札・500円玉のみ→100円玉へ、これでもか というくらいの盗難防止の頑丈な柵と鍵がギッシリ!

ちゃんと機能してるのか不安で お札を恐る恐る入れましたが 問題なくジャラジャラーンと10枚、但し 盗難のおそれがあるため少額しか入っていないと張り紙があって、中止の時は携帯番号が記載されていて呼んで下さいとある、たぶん近くに常駐してるのかも

ま、ザックリと店内の感じでした


レトロ自販機・丸テーブル席・ゲーム機付近の天井照明は、青と赤の蛍光灯のため独特の色調で、ある意味で良いレトロ感を醸し出している

この照明だけでは若干 薄暗さを感じ、室内は不気味に思いがちだが、室内は見通しが良く沢山の窓からは光が入り、田んぼなんかも見えたりして環境は決して悪くなく、防犯カメラも彼方此方に設置され安心して利用できそうです


今の世の中、建物や自販機など一新し今風にするのが当たり前ですが、昔の面影をそのままに古い自販機を整備しながら現役で稼働していることって、お金がないから新しくしないとかそんな問題ではないと思う、逆にこれらを維持するには現在の省エネ自販機よりコストが掛かっているかもしれません

オーナー様には利益の問題とか色々とあると思うけど、いつまでも残しておいて頂きたい"昭和の思い出"がそこにはありました


TDLやUSJ等に行ったとき、現実からかけ離れた世界に入り、夢のような一日を過ごすことができますが、鉄剣タローにも似たような感覚があって、自宅に戻ってから、あの短い時間に見た建物と店内で感じた昭和の温もり、懐かしい自販機の食べ物を味わってきたことが現実ではなく夢のように感じるから不思議です

入場無料でレトロな自販機が実際に稼働し昭和の時代にタイムスリップできるなんて、こんな場所 中々ないでしょ・・・・・・


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2015/09/24(Thu)13:59
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
<<懐かしのハンバーガー │ HOME │ FAZE FRタイヤ交換>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/1855-5d74004b
 │ 日記TOP │