カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 R プレッシャーSW化  /2015年12月15日(火)
ME06のR側ブレーキSWを機械式プレッシャーSWへ変更

F側ブレーキは既にプレッシャーSW化して約5年経過blog)した

このプレッシャースイッチは当たり外れがあって、値段に関係なくいずれは壊れると言われてますが、使用頻度が少ないこともあって、今のところ特に異常なし


よく言われる不具合としてブレーキレバー引いていないのにストップランプが点灯、又はレバー引いているのに点灯しなくなる、本体から出るケーブルの断線、劣化して汚れたブレーキフルードが原因で内部接点に不具合が起こる等々

本来のブレーキタッチが変わるのを嫌い機械式を使う方が多いですが、それが分かる技量ではないのでタッチの感触より、見た目重視でスッキリすれば良いかな~ そんなノリです

こちらはボルトタイプですが、配線の突き出しが少なくL型防水キャップ付きなのでRタイヤの跳ね上げる埃・泥・雨の浸入を防いでくれるのではないかと思いました


本体は最初からカプラー仕様になってますがコードの長さが約25㎝と短く、そのまま使用すると接続部のカプラーが途中で剥き出しになるため、シート下で接続できるよう70㎝迄ケーブルを延長、継ぎ足した箇所は半田をして収縮チューブで処理

収縮チューブはRC用の余り物を使ったため、途中に赤色が入ったりして斑に~

その後、ブレーキフルードを入れ替えてエアー抜き!

エンジン始動後、Rブレーキを掛けてみると反応はFブレーキと同様に機械式と全く変わりないですね


RブレーキプレッシャーSWの動作確認のため自宅周辺を走ってきましたが絶好調

因みにエンジンは楽に掛かるようになりました、やはり小まめにエンジン始動させたり走らせなければいけないな・・・・・


※ME06はバッテリーレスの為、エンジンが掛かっていないと電気系統が作動しません


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2015/12/15(Tue)15:27
バイクトラックバック(0)コメント(0)
<<ME06で奥武蔵GLへ │ HOME │ 15絹さや 種まき>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/1905-dec1d3a9
 │ 日記TOP │