カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 ECU書き換え  /2016年01月06日(水)
最近、フィールダーの運転中、Dレンジでブレーキを掛けた状態での信号待ちの時、アイドリングが通常750rpm近辺から徐々に500rpmまで下がり、低回転によるハンドル廻りの振動とメーター内の液晶(オレンジ色)が若干ちらつく様な現象に悩まされてました

実は1度完全にエンジンが停止したこともあり、その時は たまたま起きた のだろうと気にも留めてなかったのですが、最近やたら信号待ちでアイドリング低下とそれによる振動が顕著に現れ、リーコルblog)で修理したばかりでもあり何か大事になる前触れではないかとディーラーへ

どういう分けかディーラーに持ち込むとその現象が再現されなくて、整備士さん同乗で周辺をグルグル回り、ようやく確認できた

今の車は-ドライバーやツマミ等でアイドリング回転数を調整することができないらしく、O2センサー(エアーフローセンサー)というので空気とガソリンの比率を最適になるよう又その車に合った適切なアイドリングを決めているのだそうです

原因として、エアークリーナーの目詰まり、O2センサー汚れ及び故障など考えられるが、内部を調べた結果、機械的に問題なし

ECU(エンジンコントロールユニット)の最新Verに"アイドリング低下の改善"といった項目があるとのことで書き換えして頂きました(Ver.31232000→31232600)


バッテリー交換時にも、上記の内容がリセットされてしまうので一時的に安定しないこともあるからバックアップをとった交換が望ましいとか、常に最新Verにすれば良いということではなく現象があるとき書き換える そんなことをいっておりました

今や車やバイクのエンジン内部はコンピューター制御、デジタル信号で色々な情報をやりとりし常に最適なコントロールをしている訳ですが、その反面怖い部分もある~

書き換え時間は5分位で終了し、作業代金は無料~

帰り道、Dレンジでブレーキを掛けた状態での信号待ちではアイドリングが750rpmをビッタリキープ!

Pレンジでサイドブレーキを掛けた状態では800rpm位をキープし安定しました

 まっ これが普通なんだけど・・・

最初にはなかった現象ですが、年数が経つとともにこれ以外に色々な現象が出てくるのかな?


ECUの書き換えたからといって、安心はできないので暫く様子を見たいと思います


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2016/01/06(Wed)10:57
トラックバック(0)コメント(0)
<<大物に挑む野良猫 │ HOME │ 2016>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/1920-7e927eaa
 │ 日記TOP │