カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 EB 2 ベアリング化構想  /2016年06月17日(金)
EGG BEATER 1・2 オーナーが手を出すベアリング化に興味を持ちました

今迄シマノSPD を使ってきたわけですがペダルを手で回すと反動で軽く廻り回転がスムーズ!

EGG BEATER 2 (以下EB・EB 2と表記)は少し硬い感じで手で回しても直ぐに止まります

構造上、ペダルのアウター側にミニチュアベアリングを使って滑らかでも、インナー側にはベアリングではないigus LLグライドブッシュという筒状のものを使っているので抵抗になっていると考察

全てのモデルを内部チェックしたわけではありませんがカタログ上で2010~2015年モデルの上位機種 EB 3・11 のみインナー側にシールドベアリング仕様だったのが、2016以降の全モデルにigus LLグライドブッシュに統一されたような~

ベアリング→igus LLグライドブッシュ(筒状)へ、回転の良さを考えれば逆の進化なら分かるけど 謎!

このメーカーはどうもレースの環境下で絶えずフィードバックし、仕様の変更が多いみたいですね

その辺は逆にマニアックで良いんですけど (^^ゞ

日本の製品に見られる精度の良さと余程のことがない限りメンテナンスフリーに近く、長い期間使用に耐える品質とは逆に、EB はその時だけ最高のパフォーマンスを発揮すれば良い、いわばレース仕様で小まめなメンテナンスは必須なのかと考える

その観点からするとペダルの回転の良さより、丈夫な軽いパーツで壊れにくい!

 そんな方向性かなと勝手な想像を・・・・


そう考えるとメンテナンスすれば良いのだからアウター側のミニチュアベアリングは純正のシールベアリングではなく抵抗がより少ないシールドベアリングを、インナー側はニードルローラーベアリングと入れ替えてみようblog

値段も安いし、定期的に交換しても良いし!


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2016/06/17(Fri)14:50
自転車トラックバック(0)コメント(0)
<<EB 2使用レポート │ HOME │ いつの間に卵が>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/2030-0484f7ae
 │ 日記TOP │