カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 JOHNSON TOWN  /2016年11月02日(水)
埼玉県入間郡のR463沿いにあるJOHNSON TOWNというところに行ってきました


かつてアメリカ軍人が居住していた場所で、未だその面影を残し当時の雰囲気が味わえる

一戸建てで1955年(昭和30年)頃に日本の住宅にも多く見られた瓦屋根、庭があって、壁面は白で統一!

部外者以外の車乗り入れは禁止なので、行き交う車はなく静かな住宅街を散策する感じでテーマパークのようだ

そこはかつて、米軍のグラントハイツ(現在の光が丘公園)で見た街並みが蘇る


日本のように建物の向きがキッチリ揃ってなくて塀もないけど、隣とのプライバシーを保ち、道路は碁盤の目のように整備されてはないが、それぞれがマッチして心地良い空間を残し未だ古さを感じさせない

一寸違うかも知れないが、こんな作りは1955年(昭和30年)代~1975年(昭和50年)頃の都営住宅にも平屋が多く、米軍ほどのセンスはないが、大きな庭付きの平屋が見られました


TOWN内にはオシャレなカフェ・輸入雑貨・写真・スタジオ・古着他扱うお店が多数だが、個人的に居住されている方と混在でもある

折角来たのだから、カフェのオープンテラスでハンバーグでも食べてみたかったが、当日は肌寒くて断念~

一通り廻ってみて、子供の頃の記憶で曖昧だがグラントハイツの方が規模も大きかったので隣との間隔や通りがもっとユッタリしてたように感じた、しかし、階級によって建物の大きさも変わるのだろうと思う


こういった町並みは憧れですが、いざ住んでみると どうなんでしょう?

マナーの悪い人が隣人であったりすると 小さなことでいざこざが起きそう~

国の文化もあるし、軍人が使っていたことで厳格なルールの元に管理され成り立っていたのかも知れません


今や昔と違い、隣同士でもあまり干渉しない世の中、それが良いのか悪いのか~

最初は親切でも、何かの拍子に豹変する場合も希にあるようですし、この辺は難しいと思います・・・・・


懐かしい建物を隈無く見て歩いていたら、いざ自分が住んでみた気分になってしまった


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2016/11/02(Wed)12:36
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
<<安納芋ソフト │ HOME │ ミッキー雲>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/2093-1da5da01
 │ 日記TOP │