FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 タイヤリコール  /2008年04月06日(日)
住友ゴム工業㈱・ダンロップファンケンタイヤ㈱より
スクーター用タイヤのリコールについて重要な
お知らせが届きました。

補修用として、華豊ゴム(タイ)社に生産委託し
2007年4月より販売したビッグスクーター用後輪 3 サイズ
に走行中トレッド部(接地面)が変形する不具合が発生
する可能性があることが判明し、そのまま走行することで
トレッドがはがれ最悪の場合、転倒の可能性があることから
国土交通省へリコールを届出たそうです。

--------リコール対象タイヤ--------
商品名
DUNLOP SCOOTLINE SX01
(ダンロップ スクートライン エスエックスゼロワン)

タイヤサイズ
130/70-12 REINF 62L
130/70-13 M/C REINF 63P
150/70-13 M/C 64S
何れも後輪用の3サイズ。

製造国
タイ製(進行方向右側サイドウォール部に
MADE IN THAILAND の刻印)

不具合対策内容として
上記の内容に該当するタイヤに、後輪タイヤ同一サイズの
日本製タイヤ(製造国名表示がMADE IN JAPAN)と無償交換。

リコール対象本数
22,464本
----------------------------------

  約1ヶ月前、パンクのためタイヤ交換した際、店員から

-- リコール対象外なので大丈夫です! --

と言われたけど特に説明もなくその時は何のことか
分りませんでしたが販売店には、お客様より数ヶ月前
にこの情報が分っていたのです。

そうは言ってもやっぱり確認しました。
アレー!
一寸待てよ・・・・

SCOOTLINE SX01130/70-12 REINF 62L

MADE IN JAPANの刻印があったのでセーフ!

日常の足として、抜群の機動性と利便性を持った
FORESIGHT・EX(フォーサイト)もう生産終了なんだよな~


リコール制度は1969年(昭和44年)に創設され、1994年
(平成6年)に道路運送車両法に規定され、リコール隠し
などについて罰則が適用されることとなり、その後、
制度の拡充・強化が行われています。

リコール届出とは、同一の型式で一定範囲の自動車又は
特定後付装置について、道路運送車両の保安基準(国土
交通省令)に適合していない又は適合しなくなるおそれ
がある状態であって、かつ、その原因が設計又は製作
過程にあると認められるときに、自動車メーカー等が
保安基準に適合させるために必要な改善措置を
行うものをいいます。

自動車メーカー等がリコール届出を行う場合には、道路
 運送車両法(第63条の3)の規定により不適合の状態、
その原因、改善措置の内容等をあらかじめ国土交通大臣に
届出を行うことが義務付けられ、その後ユーザーに対して
通知し、早期に改善措置を行うことが義務づけられている。

特定後付装置とは、自動車の装置のうち主に後付装置
として大量に使用されているものを特定後付装置として定め
リコールの対象。

2006年(平成18年)8月現在、タイヤとチャイルドシート
が該当。


スポンサーサイト
2008/04/06(Sun)15:28
バイクトラックバック(0)コメント(0)
<<ねんきん特別便 │ HOME │ 墜落!>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/220-0d3326b8
 │ 日記TOP │