カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 シートポスト変更  /2017年10月02日(月)
今乗ってる17 MERIDA BIG.SEVENは僕にとって初のカーボンフレームで、タイヤをブロックタイヤ→スリックタイヤに変更しポタを楽しんでおります

ただ、ダート走行では聞き取れなかった異音が気になっていた

特に荒れたアスファルト路面で何処からともなく

 パキッ! カキッ! と鳴る

当初、フレームにヒビでも入ったか・・・・

      それとも外れ品か・・・・

色々なことを考え出すと、精神衛生上よろしくないのだ

毎回鳴るわけでもなく、何処から鳴るのか自分なりに探しましたが特定出来ず (^^ゞ

クランクシャフトが入るBB辺りも疑いましたが、ペダルに体重を掛けずサドルに腰掛けている時が多かったように感じたのでサドル付近かな~と


本来ならその状態から問題を解決しなければなりませんが、簡単に交換できるパーツでもあるのでシートポストの変更を考えた

同じアルミでは面白くないのでカーボン製でサドルもカーボンレールにしたらどうなるだろうと~

しかし、そんな財力はないのでシートポストからチビチビと!

カーボンにするメリットとして衝撃吸収性があげられますがシートポストに関してはサドルの衝撃が緩和されるという体感は得られにくく、むしろ重心上部を軽くすることでダンシングが軽く感じるらしい

デメリットは取付ネジをオーバートルクの締めつけによる破損があるようです


カーボンパーツずり下がり防止の粒状グリースの入るケミカル(ファイバーグリップ等)を使うと適正トルクで楽に固定できるそうですが、その材質状こまかなキズが双方に付いてしまうそうな~

トルクレンチは持ってないし、出先で変更する際は手トルクしかないので、滑り止めとして双方の表面を脱脂し透明なバスコークを薄く塗り手トルクで程々に締めて固定、これでずり下がるようであれば専用ケミカルを使おうと思う

因みに、変更したことで重量差し引き89gの軽量~~

変更後のMTB車体重量(スリックタイヤ)は体重計での測定で10.1kg!


     10kgは切ってると思ったが・・・・・・



メモ書き
・カーボンシートポスト
TIOGA Scepter Carbon SeatPost 30.9φ(セプターカーボンシートポスト)
重量:197g(自宅計量器測定値)
ポスト長:350mm

・アルミシートポスト(ノーマル)
17 MERIDA BIG.SEVEN付属のシートポスト 30.9φ
重量:286g(自宅計量器測定値)
ポスト長:400mm


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2017/10/02(Mon)11:40
自転車トラックバック(0)コメント(0)
<<17 夏休み │ HOME │ レバー遊び調整>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/2203-3efbf5f9
 │ 日記TOP │