カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 UnderCover Stratumは  /2017年10月24日(火)
気温16.3℃ 湿度65% 風速1.8m/s(曇)
日の出/日の入り(東京)5:55:55/16:55:16

積算距離:1316.27Km 走行距離:22.19Km
走行時間:01h00m 平均速度:20.1Km/h
所用時間:01h25m ケイデンス:60~90rpm
13:45~15:10


昨日の8時頃、台風21号は関東を抜け強風は残ってましたが気温も上がり晴れ間が見えましたね~

ズッと雨続きで自転車に乗れなかったですが酷い腰痛を患っていたので、その間休むことが出来て丁度良いタイミングでした

整骨院に通い少し楽になったのでサイクリングの話しをすると

先生からは

無理しないで下さい!


でも、楽になるとジッとしてられない性格なのである

ようやくUnderCover Stratumを前のサドルと同じ位置に付け換えて感触を確かめるべく近場(往復 約20km)を走ってきました

乗って直ぐ感じたのが

   華奢だな~ 

 が第一印象!

グラグラするとか尻が弾むとかではなく、なんか落ち着かない


しかし、座り心地が悪いとか座骨に響いて痛いということではなく、適度にベースがしなって強い衝撃は逃がしてる~

簡単に言うと

通常のサドルはアッパーが柔らかくベースは固い、今回はアッパーはほんの少し柔らかでベースはしなる

今まで使ってきたサドルのアッパーはパッドの厚みがあって座った瞬間わずかながら沈み込みを感じて柔らかいとお尻が判断していたと思うが、こちらはパッドの厚みが薄く路面からの細かい情報を感じつつ、少し固いと思わせるも突き上げる衝撃は感じない

軽量なことから衝撃を本体で受け止めるドッシリ感はないので、最初に頼りなさを感じたのはこのことかもしれない、又カーボンレールが衝撃を吸収する実感は正直全くわかりませ~ん

言葉にすると何とも訳の分からない内容で表現するのが難しい(^^ゞ

フラットのアッパー生地はツルツルでないけどスベスベで適度にお尻位置をキープ、かといって移動はスムーズですね

サドルバッグを付けての走行でしたが、ダンシングしたときの横に振った軽さは素人ながら確かに感じられました

腰痛がまだ完治してない状態で、わずかながら凸凹道も走行しましたが総じて悪くない印象です

前のサドルの時もそうでしたが、交換直後は非常に褒めてズッとこのまま使い続けるようなことを語ったりしますが、月日が経つと何かしら他の商品が気になってしまったりとエンドレスの世界に感じます

クッション材などヘタったりしますし永久に使い続けられるものではないと思う、その時に良いなと思ったサドルを使えば良いのかと・・・・

   サドルは永遠のテーマです


シートポストはバスコークを10mm幅で薄く塗布しポストクランプを手トルクの固定(トルクレンチを使わず手の感触での締め)、アスファルト路面では今の所ズリ下がることなく同位置をキープ、しかし、激しいダートでは定かでありません

今後、サドルの高さや前後位置は微調整がでてくると思われますが、メッシュ部分の耐久性やヘタり等も合わせて注意深く観察したいと思います

この軽量サドルを最大限に生かすにはサドルバッグを付けない走行で恩恵を感じることと思われます


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2017/10/24(Tue)14:46
自転車トラックバック(0)コメント(0)
<<iPhone Xの? │ HOME │ 初めての接骨院>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/2211-d5f44288
 │ 日記TOP │