カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 腹の調子が~  /2017年12月07日(木)
気温10.2℃ 湿度52% 風速1.3m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)6:37:51/16:27:46

積算距離:1514.89Km 走行距離:50.73Km
走行時間:02h52m 平均速度:17.6Km/h
所用時間:04h20m ケイデンス:60~90rpm
09:20~13:40

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→埼玉・都道r55→野山北公園自転車道(横田トンネル→赤堀トンネル→御岳トンネル→番太池→武蔵野の路→大多羅法師の井戸→都立中藤公園→武蔵野の路→多摩湖周遊道路(時計回り)→コンビニ→都立狭山公園(昼食)→西武遊園地駅→多摩湖町住宅街→夢の遊歩道→廻田緑道→廻田の丘→金山通り→空堀川(狭山堀橋)→いつものコース→自宅

気温10℃前後の日が続き、外に出るのが億劫になる季節ですが、部屋に閉じこもってないですよ~

それには暖かな服装をしないとダメですね

いい年して震えながらのポタリングは情けないし、端から見てもみすぼらしい

年相応の服装をしなくてはと去年から着々と準備だけはしてきました

前回は
ウィンドブレーカー、15℃対応ジャージ+アンダー
下が夏用のコールドパンツにレッグウォーマ、それに7分丈パンツ

走っている分には風があっても問題なかったが、屋外での休憩では深々と冷え、レッグウォーマからも冷たい冷気が入り込んでる感じがあって次回からはもう少し暖かめで行こうと

それで今回は
10℃対応のジャージ+5℃対応のアンダー、5℃対応のタイツに7分丈パンツで出発!


野山北公園自転車道のトンネルを抜け、中藤公園へ入る


この公園は広範囲で何処から何処までか、どの道を進めばよいのかが全く分からず~

武蔵野の路と大多羅法師の井戸の標識がある先に急な上りが前から気になっていた


押し歩きで登り切ると、下からは想像できないほど整備され、ベンチもあって遠くを見渡せるポイントであった

いつかはここでお昼にしたいな・・・

この辺は昔、トライアルバイクで遊んでた場所なので、だいたいの方向は何となく

尾根のようなところを進み、急な下りではあったが枯れ葉が堆積してなだらかに見えたので下りてみた

所がその下は霜が溶け出し泥濘んでグリップしなく、ほぼスリックの細いタイヤは簡単に横滑りを起こし

   頭からでんぐり返し~

幸いフカフカの枯れ葉がマッド代わりになり怪我は無し、MTBも無傷ではあったがチェーンリングからチェーンが外れたのみ

一番ショックなのは新調したばかりのジャージ背中部分が泥だらけ・・・・

いかにも転んだのバレバレで、これでコンビニに行くのが恥ずかしすぎる~

意気消沈で前方を見ると例の場所に出た


もう30年ぶりかも~

懐かしい~

この先を真っ直ぐ進むと給食センターか、ふむふむ と納得

だんだんと昔の忘れていた映像が次々と繋ぎ合わさって現実と重なり完成される

いったいこれは何のポタなのだ~


昼食をいつもの公園で食べてたところどうも腹の調子がよくない

実は折り返し前の途中から調子が悪かったが大丈夫だろうと、ここまで来てしまった

お腹が下っているわけではなく、ただ腹が痛いだけ

早く帰ろッ!


往き帰りともシートポストの固定の件でチェックしましたがFIBER GRIPblog)を使ってから左右下とも微動だにせず完璧、やっぱこれが一番かもです

しかし、シートポストが固定状態でのサドルのヨレみたいなのはありました

それで、その原因はインナーパンツだと分かったのです

サイクリングレーサーパンツ・タイツは直履き(下着なし)が基本ですが、どうもそれが出来なくて安価な薄いパンツを履いているのが原因でした

生地がツルツルで、リズミカルなダンシング時にのみレーサーパンツ・タイツ内のパッドとこのパンツが微妙に滑って、あたかもサドルがヨレるような現象だったようです

これは原因がハッキリしたことで気にならなくなりました

過去に、いかにもUnderCover Stratumblog)が悪いかのような表現があって、仮に参考にされていた方がこれを見てたら不安になりますね

当然のことですが全く問題ありません!

このサドルをMTBで使ってるけど、座骨の痛みや痺れはなく今の所お気に入りです


iPhone から投稿


スポンサーサイト
2017/12/07(Thu)15:53
自転車トラックバック(0)コメント(0)
<<クイックビブタイツ │ HOME │ FIBER GRIP >>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/2221-b090987c
 │ 日記TOP │