FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 ARX-540  /2008年05月15日(木)
懐かしのRCオートバイblog参照)から数日後、偶然にも
RCオートバイ(FUJI QUARTER 19)の初代 MAC同好会の会長H氏より当時の走る映像を見せて頂く機会を得ました。
音も良いし、走りも中々!
細かいターンは苦手としても、35年前の物にしては堂々たる走り!

ふと自分もRCオートバイを走らせてみたくなりました。
当然フジのバイクは入手困難ですし、かりに入手できたとしてもエンジンの生産は既に終了し会社自体(富士物産)もありません!
そこで、現在ラインナップされているメーカーを捜すと色々とありました。
イタリア新鋭メーカー、AR RACING 1/4サイズの ARX-540。
中でも、ON・OFF-ROAD問わず元気な走りを見せてくれたのがイタリア新鋭メーカー、AR RACING 1/4サイズの ARX-540
日本国内での正規販売代理店が近くにあったこともあり
  - 百聞は一見にしかず - ではないが
どんな物か確認してみることにしました。
現物はサイズも大きくF・Rサスペンションもしっかりしたものが付いており、チェーンやスプロケットも実車に近い作りで中々。
これまた偶然にもモーター・アンプ・サーボ・バッテリー付きの展示品が・・・・

そんなことで、自宅でメンテナンス(早っ!)
一番の関心はステアリングの仕組みがFUJI QUARTER 19 のキャスターの理論と違い左右にずれるようになっています。
又Rタイヤ内にはジャイロが搭載され安定性を出している。
この辺りはTAIYOの室内モトクロスバイクに似ています。

色々と情報を得ると、イタリア製は作りがアバウトで、日本製のような精度はなく手直しする箇所が多いとのこと。
ネジやナットは見ただけでも精度が悪く、ネジ山が崩れていたり、レンチを入れる穴が中心からずれている。
確かにネジやナットは見ただけでも精度が悪く、ネジ山が崩れていたり、レンチを入れる穴が中心からずれていたりで、殆ど日本製に交換。
フロントフォークスプリングをノーマルから0.1mm太い0.7mm径のミディアムへ
フロントフォークスプリングをノーマルから0.1mm太い0.7mm径のミディアムへ
一寸したジャンプ後の着地で破損するステアリングコネクティングロッドを純正のプラスチック製からアルミ製の強化タイプに変更しました。
メンテナンス開始!

後は送受信機の準備のみ!

---- パーツ交換 ----
ネジ・ナット類は純正の物からSUSの国内製に(強度的には鉄ですが、見た目と錆防止にSUS使用)
Hobby Shop Joy
フロントフォークスプリング ミディアム&ハードセット(JX-01)
アルミ ステアリング コネクティングロッド(JX-02)
スポンサーサイト



2008/05/15(Thu)15:53
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
<<泥除け対策 │ HOME │ テール回り部品交換>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/228-014d5108
 │ 日記TOP │