FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 Tiフーボー  /2019年12月18日(水)
先日、アルコールストーブを初めて使ったのですが、今までのガスストーブと比べると燃焼の力強さはなく、一寸した風で炎が流されてしまうことが分かり風防は必須と感じました

で、早速 EVERNEWTiフーボーをポチった!


この製品はチタン製で紙のように薄っぺら(0.1mm厚)なため、もの凄く軽い

収納には高さ50mm以上のカップであれば側面に巻いてスタッグできるのでスペースをとりません

しかし、囲った状態で上に物を乗せる強度はなく、踏んでしまうと簡単に折れ目が付く華奢な風防なのです

あくまでも風を防ぐためだけに特化した商品なので無駄な強度は排除され軽量コンパクトを目的としてると思う


前回同様に必要最小限の以下のものを選んで試してみました

◎EVERNEW
・チタンアルコールストーブ
・チタンゴトク TriveTi
・Tiフーボー
・燃料用アルコール


自宅庭にて外気12.3℃ 湿度78% 風速2.2m/s(晴)の環境下、水を入れ蓋をし、風防有の同条件で、火を付けた時点から(本燃焼に入る前から)沸騰するのにどのくらい時間が掛かるか計測してみました


その結果
Tiマグポット500 RED 400mlの水
・アルコール60ml:5m52s(沸騰)

Tiマグポット900 RED 600mlの水
・アルコール60ml:9m02s(沸騰)

本燃焼に入ると炎の勢いはグッと増し、ポットと風防のわずかな隙間から時折炎が噴き出し、力強さがうかがえる

これをみると、屋外で無風というのはありえないので、最初から風防セットで燃焼させるのが良いかも(^^ゞ

Tiフーボーを使った感想ですが、405mm×50mm×厚さ0.1mmの薄い板が2枚入り、1枚の高さ50mm、2枚重ねて約95mmの範囲に、又直径は2段階の差込を変えることで108mmと124mmの調整ができます


これが、Tiマグポット500REDと900REDを使ったとき丁度良い径で、グリップの逃げもあるのでビッタリと収まるところが良い


チタン全般に言えることですが、このTiフーボーは極薄なので炎に当たって真っ赤に焼けても、冷めるのが早いので片付けが楽ですね

因みにEVERNEW Tiマグポット500 REDの中に


・チタンアルコールストーブ
・チタンゴトク TriveTi
・Tiフーボー
・50ml携帯燃料用アルコール入れ
・小型ライター
・折りたたみフォーク


全て収納し、蓋を閉めた重量が246g


これならバイクツーリングだけでなく、MTBやアシスト自転車のツーリングにも楽勝で使える~


メモ書き

・Tiフーボー
品番:EBY246
サイズ:405x50mm
組立時:H86mm×径124mm・径108mm(厚0.1mm)
質量:17g
材質:チタン



iPhoneから投稿



スポンサーサイト



2019/12/18(Wed)16:34
バイクトラックバック(0)コメント(0)
<<19 Christmas Eve │ HOME │ アルスト>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/2407-6deaa409
 │ 日記TOP │