FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 BRS-3000T  /2020年01月30日(木)
買ってしまった~


前々から気になってたチタン製のガスストーブBRS-3000T

中国製、何と重量25g、2700W=2300kcal/h、値段が約1700円


製造元と低価格を考えると日本の安全基準に適合してるかは分かりませんが、今までノートラブルで優等生の国産ガスストーブをズッと使ってきただけに、真逆のワイルドで危険さを少し感じるこのような商品にも魅力を感じ、実際に使ってみたくなるのです


僕の使い方は、バイクやMTBで行ける東屋等でカップラーメンやコーヒーに使うお湯を沸かすだけ

極端な話し、火力は全閉と全開でも良く、とろ火などの調整は必要としない

五徳は多くて600mlの水が入る小さなクッカーがのれば良いだけ

今まで点火装置搭載モデルを使ってきましたが、過去に故障で点火出来ないことがあった為、小型ライターを常備しているので不要

そのことを踏まえるとBRS-3000Tはコンパクトで安く無駄がない、正に求めていた物ではないか~


とは言うものの、やっぱ怖いので本番前に庭でテスト~

他の国産ガスストーブと比べても、群を抜いて小さいのが一目瞭然!

組立時に五徳(3本)の各1本の根元に点の盛り上がりがあり、開くとそれが抵抗になり固定される感じですね

ここは双方擦れる箇所なので、何れは削れて柔くなりそうだ


点火前に可動部イジってたら何処からともかく鉄だかチタンの極小の屑が2個落ちてきた……

だいじょぶか~(^^ゞ


自宅庭にて、外気 15.1℃ 湿度54.2% 風速0.0m/s(晴)の環境下
・BRS-3000T
・EVERNEW Tiマグポット500REDに400mlの水
・EPI 110パワープラスカートリッジ
(推奨仕様時期 秋~春、通年使用可)


点火して直ぐ火力を全開にし沸騰するまでを計測

結果:3m05sで沸騰!
気温が高く無風状態だったこともあり沸騰は意外に早かったです


火力調節ツマミを全開にすると燃焼音は確かにデカいが、気になるレベルではないと思う

本体をOD缶ガスカートリッジに取り付ける際、縁ギリギリまでねじ込むことで接近しますが、EPIでは接触はなく、それによるガス漏れや不具合は一切なし

他の国産メーカーと比べてですが、細かい所を見ていくと全体に簡素化され精度は劣るかも知れないが、それを差し引いてもコスパ高い

軽さとコンパクトを考え、最近アルコールストーブを使ってますが、EVERNEW Tiマグポット500REDの中に110のOD缶を逆にすれば収納袋に入れたBRS-3000Tと小型のライターが収まり、無理なく蓋を閉める事ができるのでアルストの出番がなくなりそうです


小さな本体、ゴトクの大きさやスポットに近い炎を見ても、大きな鍋で時間を掛けグツグツ煮込む料理は適さず、数gの軽量化を求めるソロ向きで、水を素早く沸かすことに特化したモデルに感じます

そう考えれば、何もかもが納得できる作りです



iPhone から投稿



スポンサーサイト



2020/01/30(Thu)15:17
日記トラックバック(0)コメント(0)
<<SOD-310 │ HOME │ 20 大雪?>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/2422-b77da98a
 │ 日記TOP │