FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 SOD-310  /2020年01月30日(木)
独自のバーナーヘッド構造とマイクロレギュレータ機構を融合し風にも寒さにも強いSOTOのストーブ
ウインドウマスター(SOD-310)~


SOTOのガスストーブは他にアミカスを持ってますが造りがシッカリして五徳の折り畳みも幾度もの使用に耐える工夫が伝わります

気に入ってるストーブですが同メーカーの最強と謳われるSOD-310も密かに気になってた~

現物を見るとデカッ(^^ゞ


BRS-3000Tと比べてもバーナーヘッドが大きく混合管が長い

3本五徳は取外し式、バーナーヘッド横から差込む小さめサイズ

自宅庭にて、外気 15.1℃ 湿度54.2% 風速0.0m/s(晴)の環境下
・Wind Master(SOD-310)60g
・トライフレックス(SOD-461)7g
・EVERNEW Tiマグポット500REDに400mlの水
・EPI 110パワープラスカートリッジ
(推奨仕様時期 秋~春、通年使用可)


点火して直ぐ火力を全開にし沸騰するまでを計測

結果:2m01sで沸騰!
予想通り沸騰まで早いですね~

因みに、同条件で
アミカス:2m55s
BRS-3000T:3m05s


標準の3本五徳(トライフレックスSOD-461)は小さめですが、今回使用したクッカー、その上の900REDでも十分!


少し大きめのクッカー等で時間の掛かる調理をするのであれば別売オプションの4本五徳(フォーレックスSOD-460)が便利

使ってみてですが、作りは良いし沸騰までの時間は早い

文句の付けようがないのですが、私的に本体が大きい部類で混合管が長く見た目のバランスが一寸~


使用目的が水を沸かすだけに限られると、正直、ここまで必要かな~ と

昔はもっと大きく嵩張っていたのに、今ではそこそこのパワーで小型化が進み、能力より携帯性を考えてしまってますね

実はこSOD-310とBRS-3000Tを同時購入し、メインを前者、遊び半分に後者で使う目的でしたが、BRS-3000Tが予想以上のパフォーマンスに、今の所、こちらがメインとなっている(^^ゞ



iPhone から投稿



スポンサーサイト



2020/01/30(Thu)15:46
雑記トラックバック(0)コメント(0)
<<BRS-3000T(2) │ HOME │ BRS-3000T>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/2427-5cd4cb35
 │ 日記TOP │