FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 北海道・札幌(2日目)  /2008年06月19日(木)
外気24.7℃ 湿度57%
本日の予定
・宿泊先→札幌ラーメン共和国→札幌市時計台→さっぽろテレビ塔→大通公園→北海道庁旧本庁舎→小樽駅→新千歳空港→東京国際空港(羽田空港)。
今日は、15時位より雨との予報なのでなので慌ただしい観光となった。

札幌に来てラーメンを食べないのも何だし!
本来なら雑誌等で取り上げられているラーメンショップで味わいたい所ですが、天気も曇空、今にも雨が降ってきそうな空模様のため、札幌駅ビル内 JR TOWERのESTA(エスタ)10Fにレストラン街があり 札幌ら~めん共和国blog参照)なるものがあり、道内各地から選ばれた地元有名な実力のある8店舗が出店。
各店のメニュー写真からサッパリした感じの 初代
塩ラーメン を昼食に摂る。
初代 で 塩ラーメン

子供の頃からCMで見ていた 札幌市時計台blog参照)。
やっと現物を目の前にして見ることが!
札幌市時計台 正面
TVでは時計塔のアップばかり強調され建物自体がビルの谷間にあり小さく見えましたが、時計塔先端までの高さが約20mもあり、他のビルと引けを取らない存在感がそこにはありました。

札幌市の中心部を東西に横切る大通公園東端にある
さっぽろテレビ塔blog参照)。
大通公園東端にある  さっぽろテレビ塔
地上90.38mの展望台へは3Fよりエレベーターで約60秒。眼下には地上ではよく分からなかった、大通公園を一直線に見渡すことが出来た。

大通公園から数分の所に 赤れんが庁舎 とも呼ばれる
北海道庁旧本庁舎 は、1888年(明治21年)デザインがアメリカ風のネオ・バロック様式で、かつて北海道庁の本庁舎として建築。
赤れんが庁舎 とも呼ばれる 北海道庁旧本庁舎
一般公開(無料)しており、1F正面ホールより2Fに上がる3連アーチが洋風建築の特徴を出し、2Fには歴代の長官や知事が執務した記念室があり、天井からぶら下がるシャンデリアが創建時の面影を残していた。
歴代の長官や知事が執務した記念室1F正面ホールより2Fに上がる3連アーチが洋風建築の特徴
駅周辺を歩いているとタンポポの綿毛付きの種子の様なものが風に乗って空に舞っており、何回か口に入らないよう手で払いのけることがあった。
後で分かったことだが、それは北海道大学にあるポプラ並木から飛来していたものだった!

駅に向かう途中、大粒の雨がパラパラ降ってきたので札幌観光も終わりにして小樽駅より帰路に着いた。
小樽駅→新千歳空港(JR快速エアポート指定席+300円利用)間は平日と言えども混み合うので出勤・帰宅時間を避け早めに空港へ向かう。

今回一泊二日の北海道の旅(小樽・札幌)は強行に見えましたが、スポットが集中しており時間を持て余す程の余裕があり、初めてでも多数ある観光案内所を利用すれば親切に対応してくれ、パンフレットやマップも充実し戸惑うことは特にありませんでした。
広い北海道は1回では見て回ることは難しく時間と暇もありません!
チャンスがあれば違う場所に何回かに分けて行ってみたいものです。
スポンサーサイト



2008/06/19(Thu)10:34
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
<<札幌ら~めん共和国 │ HOME │ 北海道・小樽(1日目)>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/243-a4b95f04
 │ 日記TOP │