カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 ESCヒートシンク  /2008年07月06日(日)
先月の練習で原因不明のESC不具合V2を落とした
blog参照)原因が Lipo のへたりと言うことで決めつけていましたが、どうもそれだけではなく過熱保護(ソフトカットオフ@80℃)も考えられるようなので、現在使用中のESC(HP-TITAN-50-PSW31)に同メーカーから出ているヒートシンクを、更に冷却効果を求め取り付けることにしました。
HP-TITAN-50-PSW31(50A): 580mm×280mm×75mm 47g HP-TISNK-5080 : 550mmx280mmx80mm 18.38g
取付方法は、使用中 ESC のシュリンクチューブを剥ぎ取り、付属のシールを本体に貼りヒートシンクをその上に載せ透明なシュリンクチューブ(付属品)で被い、フィンの箇所を一部をカッター等で切り風が当たるようにして完了。

ヒートシンク自体の厚さが8mmあるのでそのままキャノピーを付けることは出来ないため大きくカット。
側面から見ると大きなヒートシンクで圧倒されます。
ヒートシンク自体の厚さが8mmあるのでそのままキャノピーを付けることは出来ないため大きくカット。
重量が多少増えることで次回トリム調整とヒートシンクの効果が発揮されるか楽しみです。

------取付部品とサイズ------
HYPERION
ESC
・HP-TITAN-50-PSW31(50A)
58mm×28mm×7.5mm 47g
ヒートシンク
・HP-TISNK-5080
55mmx28mmx8mm 18.38g
スポンサーサイト
2008/07/06(Sun)15:22
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
<<ARXメンテナンス │ HOME │ ARX-540初走行>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/252-948619c6
 │ 日記TOP │