カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 ARXメンテナンス  /2008年07月07日(月)
前回の初走行では、破損に繋がるトラブルはなかったものの、メンテナンスしなければならない箇所がありました。
フロントフォークのスプリングはノーマル(0.6mm)→
ミディアム(0.7mm)に変更し初走行に臨みましたが、最初は小刻み良くストロークしていたFサスペンションも、後半にはフルボトムした状態から戻らなくなりサスペンションの役割をしなくなってしまいました。
スプリングが弱いということではなく、フロントフォークチューブの内径とフロントフォークブッシュの外径が微妙に干渉し動きが悪くなったようです。
グリスを塗布しても動きが悪いため、樹脂側のフォークブッシュ外径を軽くペーパーで磨くことで伸び縮みが改善。

序でにサスペンションもフラットな路面や芝生での走行が
メインなのでミディアム(0.7mm)→ハード(0.8mm)へ。

受信機の位置は、本来隠れた場所が安全ですが、むき出しのまま、あの悪条件の中濡れたり汚れたりすることはありませんでしたが、安全のため防汚・防水・振動予防に緩衝材(エアキャップ)でカバー、又アンテナ線をボディー内部に這わせたことで、電波状況も不安でしたがノーコンになることは今の所なかったのでこのままに。
安全のため受信機を防汚・防水・振動予防に緩衝材でカバー  FRタイヤとホイールの滑り止めに両面テープを貼って見た。
Fホイールのネジ取付忘れ(リム側6箇所)によるトラブルはありませんでしたが、分解して見ると、Fハブ側の計12個のビスでホイール両側を固定しているので、リム側のビスがなかったことで、直ぐに外れることはないと思われますが、負荷が掛かり破損することも考えられるのでしっかり取付。
FRタイヤとホイールの滑り止めに両面テープを貼って見た。

次回トラブルがなければ良いのだが~!
スポンサーサイト
2008/07/07(Mon)13:39
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
<<井の頭自然文化園 │ HOME │ ESCヒートシンク>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/253-e2335330
 │ 日記TOP │