FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 首里城  /2008年10月21日(火)
首里城は、14世紀末に創建された中国や日本文化も混合する
琉球独特の城。
首里城 全景
沖縄戦で焼失したが、1992年(平成4年)11月3日に復元。

2000年(平成12年)北殿にて、九州・沖縄サミット
社交夕食会を開催。

首里城跡園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)
      玉陵(たまうどぅん)が世界遺産に登録される。
沖縄に来たら必ず見ておきたいのが首里城、これをだけでも
見れば沖縄に行ったと豪語出来るのでは・・・・
世界遺産の 園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん) 守礼門
首里城へ向かう最初にくぐる門が守礼門

赤札が美しく首里を代表する門は2,000円札の絵柄に!

 瑞泉門は急な石階段が続きますが沖縄特有のスコールが
あると滑りやすく、通常平行の所が斜めに下がっているので
尚滑りやすく下りは転倒する方も多いので注意!
観会門 広福門
何といっても圧巻は、その先ある正殿

外観の見所として正面階段両脇に、龍をを柱に見立てた大龍中
正面の龍頭棟飾り、国王の象徴である龍が色々な形で33体棲む。
首里城 正殿前階段の左右に立つ 大龍柱
 正殿の内部は撮影禁止の筈ですが、前を歩く中国からの
団体さんはバシバシ写真を撮りまくってるではないですか!

あまりの迫力に係員も注意出来ないオーラを発しているようだ。

僕もこの団体に入り込み写真を撮ることが出来た~
首里城 正殿内部 正殿内
見学コースは、首里城で終わりのように感じますが公園内には
朝鮮から送られた経を納めるために造られた弁財天堂、そこに
架かる天女橋国の重要文化財

他に円覚寺総門龍潭(りゅうたん)、金城町の石畳道
 見所は沢山ありそれらを細かく見て行くには 1 時間以上
掛かりそうです。
弁財天堂に架かる天女橋は国の重要文化財
首里杜館(すいむいかん)(首里城公園レストハウス)には
情報展示室・レストラン・スナック・代表的な伝統土産品や
オリジナル商品のショップ(紅型)が充実。


◎首里城公園管理センター◎
入館料金:大人 800円 中人 600円 小人 300円
(正殿、南殿、番所、書院、鎖之間、北殿、奉神門以外の
場所は入園無料)
開館時間:8:30~20:30(季節により変動あり)
駐車場:(首里杜館すいむいかん)大型車 940円小型車 310円
住所:沖縄県那覇市首里金城町1丁目2番地
電話:098-886-2020


スポンサーサイト



2008/10/21(Tue)12:01
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
<<玉陵 │ HOME │ 08沖縄旅行(1日目)>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/297-4f94dc3c
 │ 日記TOP │