FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 美ら海水族館  /2008年10月22日(水)
沖縄に来たら、水族館行きましたか~ と必ず聞かれる。
首里城に次ぐ人気ベストポイントの
美ら海水族館(ちゅらうみすいぞくかん)
美ら海水族館
高さ8.2m 幅22.5m 厚さは世界一を誇る60cmの巨大アクリルパネルから大水槽内で泳ぐ全長7.9mのジンベイザメマンタサメや回遊魚等、多種の魚を一望。
世界最大級の水槽により、世界で初めてジンベイザメの繁殖を目指した複数飼育を実現。
エイの中では最大のマンタ(オニイトマキエイ)が群れをなして泳ぐ姿を見ることが出来る水族館はここだけ。
又、珊瑚が棲息する環境をそのまま再現及び飼育し、繁殖を経て海へ移植する試みを行われている。
このように大規模な珊瑚の飼育展示も世界初
美ら海水族館 入口横ジンベイザメのモニュメント 生き物に直接触れることが出来る
沖縄の海は、1に巨大な暖流・黒潮、2に珊瑚礁、3に南西諸島の東西に位置する深海の3つの要素により、生物の生息環境を形作っている。
そこに、世界有数の多種多様な生物が生息する神秘的な
世界が広がっており、海岸から沖合、黒潮、深海へと旅する
形で、沖縄の海を体感できるよう展示。
大水槽での熱帯魚 大水槽での群れをなす最大のマンタ
周辺には、イルカ・ウミガメ等間近でみれる施設や、大自然に囲まれた花と海と緑の文化施設として海洋文化館沖縄郷土村熱帯ドリームセンター熱帯・亜熱帯都市緑化植物園
その名の通り美しいエメラルド色の海が続くエメラルドビーチがあり南国ならではの色鮮やかな自然風景が楽しめます。
目玉でもある巨大なジンベイザメ その名の通り美しいエメラルド色の海が続くエメラルドビーチ

世界各地の旅行客、国内では修学旅行のコースになるらしく、沢山の方が見学に来られていて、その人気を伺える。

黒潮の海(巨大水槽)の前で他の方が感動している中、冷静にこのアクリルパネルが割れて海水が流れ込んだら、何処の出口に脱出するか・・・・
なんて考えているのは、僕だけかも知れないな~


施設概要
建築面積:約10,000㎡
延床面積:約19,000㎡
構造仕上:鉄筋コンクリート4F建
最大水槽規模:黒潮の海7,500m3
総展示槽数:77槽
海水取水:沖合350m、水深20m
最大取水量:3,000m3
取水方式:導水管取水方式
取水導水管直径:1.8m
電力供給:常用発電2,000kw及び商用電気500kw併用

◎海洋博覧会記念公園管理財団◎
開館時間:8:30~20:00 (時期により変動あり)
休館日:12月第1水曜日とその翌日
館内料:大人 1,800円 高校生 1,200円 小中学生 600円
住所:沖縄県国頭群本部町字石川424番地
電話:0980-48-3748
スポンサーサイト



2008/10/22(Wed)10:40
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
<<今帰仁城跡 │ HOME │ 08沖縄旅行(2日目)>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/301-4c57812e
 │ 日記TOP │